お菓子作りの基本!まず必要な揃えるべき道具7選

お菓子作りを始める前に揃えておくべき道具をご紹介します。

粉ふるい

ベジスイーツ

ベーキングパウダーや薄力粉などをふるうときに使用する道具です。

レバーを動かすものや電動式のものなどがあります。

粉ふるいを選ぶときのポイント

片手で使用できるサイズを選ぶとよいでしょう。

高さ15センチくらいのものがベスト。

ボウル

ボウル

生地や生クリームを混ぜる・冷やす・湯煎にかける・材料を量るなど、使い道が多いです。

大・中・小とサイズがあります。

ボウルを選ぶときのポイント

ステンレス製のものを選ぶとよいでしょう。熱に強い・冷えやすいことを重視して選びます。

サイズ違いで揃えておくと便利です。15センチから24センチがベスト。

泡立て器

パウンドケーキ

生地を混ぜるや生クリームを泡立てるときなどに使います。

ワイヤーの本数によって使い道を分けます。

ワイヤーの本数が多いものは、泡立てるときに使用し、少ないものは固めの生地を混ぜるときに使用します。

泡立て器を選ぶときのポイント

手にフィットする持ちやすいものを選びましょう。

また、ワイヤー部分がしっかりしていて、丸みを帯びているものを選ぶとよいです。

ハンドミキサー

ハンドミキサー

時間をかけずに泡立てをするときに使用します。

高速・低速が選択できるため、最初は高速で、ある程度泡立ったら低速にしましょう。

ハンドミキサーを選ぶときのポイント

ホイッパーの先が丸くなっているものを選びましょう。

角ばっているものは金属臭が出やすいため、NGです。

ゴムベラ

ゴムベラ

生地を混ぜるときに使用します。

また、取りづらいボウルや鍋についてクリームなどをとる際にも便利です。

ゴムベラを選ぶときのポイント

耐熱性のものを選びましょう。

ヘラと柄の部分が一体になっているものが衛生的なため、よいでしょう。

木ベラ

木ベラ

裏ごしするときや加熱しながら混ぜるとき、練るときなどに使用します。

木ベラを選ぶときのポイント

先端が広いものを選ぶとよいでしょう。

実際に持ってみて持ちやすいものを選びましょう。

裏ごし器・万能こし器・シノワ

裏ごし器

こすための道具は、裏ごし器、万能こし器、シノワがあります。

・芋や栗などの裏ごし→裏ごし器

・粒子が大きい粉類をふるう→万能こし器

・液体をこすとき→シノワ

※必要に応じて、網目を交換できるタイプもあります。

裏ごし器・万能こし器・シノワを選ぶときのポイント

裏ごし器・・・つくりが丈夫なものを選びましょう。

万能こし器・・・フック付きのものを選ぶと鍋やボウルの縁にかけられるため便利です。

シノワ・・・目が細かいものを選びましょう。

道具

 

 

投稿日:

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.