野菜を使ったヘルシースイーツ

ベジスイーツ.com

ベジスイーツ人気

低カロリー野菜を使ったお菓子5選とお砂糖不使用のお野菜

投稿日:2017年3月17日 更新日:

女性ならダイエットの経験が一度はあるのではないでしょうか。ダイエットは我慢がつきものです。でも女性は甘いものに目がなく誘惑に負けてしまいそうになります。しかも、ダイエットといえば栄養も不足しがちです。あきらめてリバウンドや貧血になっては大変です。スタイル維持、健康維持のためのダイエットが台無しになってしまします。

現代社会において不足しがちな野菜。その野菜が上手に摂取できる選択肢の一つとしてお菓子があります。しかし、野菜が含まれたお菓子でカロリーも低い夢のようなお菓子などあるのでしょうか。そこで、手軽に購入できるカロリーが低いお菓子をご紹介します。

ソイカラ(大塚製薬)

一袋123Kal

一袋に中粒の大豆が50粒分ふくまれています。サクサクとした食感がやみつきになります。ついついビールのおつまみにしたいところではありますが、それではダイエットが水の泡になってしまうので注意です。

黒ゴマとチアシードの一口クリスプ(ナチュラルローソン)

一袋171Kal

ザクザクっと香ばしいおいしさが口いっぱいに広がります。たっぷりの黒ごまがうれしいです。コンビニで手軽に購入できるのもありがたいです。ちなみにこちらのお菓子、糖質も抑えられています。

ベジップス 玉ねぎ・かぼちゃ・じゃがいも(カルビー)

一袋155Kal

このお菓子は玉ねぎ・かぼちゃ・じゃがいものほかにも、さつまいも・にんじん・ごぼう、さつまいも・かぼちゃがあります。素揚げして、素材の甘みが非常に生かされてます。他にはないサクサクとした食感です。ついつい手が伸びるおいしさで、お子さんでも好んで食べられるお菓子です。

野菜のマクロビオティッククッキー(株式会社ビオクラ)

一袋14個入り236Kal

こちらも、ベジップス同様に種類がいくらかあります。南京の他に、紫芋、よもぎ、ごぼう、人参があります。国内産の小麦粉を使用し、自然の甘みを生かしたクッキーになっています。また、マクロビオティックとは穀物や野菜、海藻などの日本の伝統食と基本とした摂ることにより、健康的な暮らしを送り、長寿につなげようというものです。

がんばれ!野菜家族(岩塚製菓)

一袋191Kal

これは、ベビーせんべいです。だからこそ安心して食べられるます。このお菓子の中には人参、キャベツ、ホウレン草が入っています。ベビー用のお菓子には野菜が豊富に含まれているものが数多くあります。口どけがよく、お米の甘さが際立つお菓子です。

カロリーだけに注目するのは難しい

以上5品ご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?手軽に購入出来るお菓子がほとんどでした。

野菜を使っているお菓子はまだまだ数多く販売しています。しかし、多くの商品がカロリーが高いというのが問題です。スナック菓子等になるとカロリーが高くなりがちです。

その反面よく目にするのが“低糖質”の野菜が入ったお菓子でした。ネット販売等ですが、小麦粉の代わりにおからを使用したクッキーやケーキをよく目にします。糖質制限の方の為に作られているそれらのお菓子は、健康的にも注目を集めています。

つまり、カロリーだけに着目するのならば、自分でカロリーの低いお菓子を作ってみるのもよいかもしれません。素材の甘み、うまみを生かしたお菓子もおいしいのではないでしょうか。人参やさつまいも、かぼちゃ等は甘みがたっぷりあります。ホウレン草や小松菜といった苦みやあくの強い野菜はどうしても甘みでカバーしたりとカロリーが高くなってしまいます。それらの点に気をつければおいしいお菓子が作れるかもしれません。

おいしい、うれしい、そんなお菓子をみなさん見つけてみてください。

お菓子には基本お砂糖が必ずと言っていいほど入っていますよね。お菓子は甘いというのがあるんだと思います。またお砂糖を使わないお菓子も中にはレシピとしてあるんですが、やはりダイエット用や糖尿病など用なので少し物足りなかったり、または自然のお砂糖ではなく人工甘味料を使って作るので少し味が落ちてしまします。

でもそんな時に便利なのがお野菜です。お野菜には加熱すると甘みが増すもの、元々甘みの強いお野菜などがたくさんあります。そんな自然のお野菜の甘さを活かした身体に良い野菜のお菓子を作ってみませんか?

野菜のお菓子を作るときに便利なお野菜

お野菜自体が甘くて市販の野菜スイーツ店でもよく使用されているのが「かぼちゃ」「にんじん」「金時にんじん」「さつまいも」「とうもろこし」「トマト」などです。その他にも食感を楽しむために「れんこん」や「ごぼう」もオススメなお野菜です。

素材そのものを活かした野菜のお菓子

私がオススメするのは野菜そのものを使った簡単お菓子です。
食べたくなったらすぐできるのでよかったら真似してみてください。味付けによってはおやつではなくお酒のアテやおかずにもなりますので・・・。
それは「レンコン」です。レンコンをすりおろすととても粘りが出ます。私はこの粘りを小麦粉の代わりにつなぎとしても使用するのですが、今回はこの粘りを活かしたお菓子です。
材料はレンコンと少しの油のみです。
まずレンコンをキレイに洗います。私は基本野菜は皮を剥きません。なぜなら皮と実の間が一番栄養があるからです。また皮にも栄養があるのできれいに洗って汚れを落としそのまま使用します。
レンコンをおろし金ですりおろします。一部レンコンをスライスしておいてくださいね。
フライパンに油を引いてスライスしたレンコンを並べます。
そのうえにすりおろしたレンコンをスプーンなどでのせていき、スライスしたレンコンでサンドイッチします。両面をカリッと焼けば簡単レンコンのおやきの完成です。
これに少し塩を軽く振りかけて食べると、外はカリカリ中はトロトロの美味しいおやつの完成です。またこの塩をとんかつソースにするとお酒のアテになるのでよかったら試してみてくださいね。

素材そのものを活かすなら、一番はチップスがオススメ。好きなお野菜をスライスして油で揚げるだけ、これなら甘みがあるなし関係なく好きなお野菜を揚げるだけで簡単手作り野菜チップスになります。私がよくするのは、ゴボウ、レンコン、カボチャ、ジャガイモ、タマネギです。
但しエネルギー量がものすごく多くなるので食べる量には気を付けてくださいね。油が気になる方は、電子レンジでチンしても野菜チップスは作れますよ。
その際は、スライスした野菜を耐熱皿に重ならないように並べて電子レンジでチンするだけです。専用の調理具も販売されているのですが、普通の電子レンジ対応の耐熱皿があれば大丈夫ですよ。

まとめ

お菓子にはお砂糖を使うというイメージがありますが、野菜やフルーツを使えば自然の甘味だけで美味しいお菓子が作る事が出来ます。また同じお野菜でも品種によって甘みが強い弱いもあるので色々試してみると楽しいですよ。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.