ベジスイーツ人気

豆腐でべジスイーツ~ババロア、プリンもできちゃう~

投稿日:2016年12月12日 更新日:

栄養たっぷりのお豆腐でベジスイーツを作ろう!

日本人に馴染の深い豆腐は、大豆そのままの栄養素を受け継いでいるため、良質の植物性たんぱく質、カルシウム、脂質、鉄分が多く含まれています。お手頃価格で、スーパーやコンビニなどどこででも、手軽に手に入り、簡単に調理できることから、食卓によく登場する食材です。味は淡泊で癖がないため、和洋折衷どのような料理とも、相性がよく、各家庭の冷蔵庫にも常備されているのではないでしょうか?この日本人に馴染みの深い豆腐は、やっこや湯豆腐など食事で使われるイメージが強いと思いますが、スイーツ作りにも適しています。絹ごし豆腐や木綿豆腐の特徴を生かし、アイスクリームやババロア、プリンなど、いろいろなスイーツを作ることができます。豆腐を使うことで、卵や乳製品の代わりになるため、カロリーを抑えることもでき、今、人気が出てきているベジスイーツ作りでも使用でき、健康を考えたスイーツ作りの強い味方になっています。

豆腐に含まれる注目の成分!

豆腐は身体によいと昔からよく言われ、子供から大人までよく食べられる食材ですが、具体的にどのような栄養素が含まれ、身体の中でどのような作用をするのかご存知でしょうか?

カルシウム・・・カルシウムは骨や歯を作っている、重要な物質(ミネラル)ですが、不足するとイライラしたり、神経過敏になると言われています。豆腐には良質なタンパク質も含まれているので、カルシウムの吸収が格段と促進されると言われています

イソフラボン・・・体内で女性ホルモンの一種エストロゲンと同じような働きをすると言われています。そのため、更年期障害の症状を軽減する効果があると期待されています。また、イソフラボンには、カルシウムが溶け出すのを抑える効果もあり、骨粗鬆症を予防する成分としても注目されています

オリゴ糖・・・豆腐の甘みを構成している大豆の糖質は、オリゴ糖で構成されていて、腸内の悪玉菌の増殖を抑え、腸の運動を活発にし、免疫力を向上させる、発がん物質を分解するなど、多くの有用な働きをすると言われています。オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌の栄養源となるので、ビフィズス菌が増え、腸内の働きが活発になります

この様に、豆腐には私達の健康維持に不可欠な要素がたくさん含まれています。日頃のおやつ作りにもどんどん活用しましょう!

豆腐入りベジスイーツ作りのポイント

豆腐を使ったベジスイーツを作るには、まず、豆腐を加熱して水気を切っておくことがポイントです。豆腐を電子レンジで3分位加熱して、キッチンペーパーに包み、重石して水分を飛ばし、フードプロセッサーやミキサーでペースト状になるまで、混ぜて豆腐クリームを作っておくと、ケーキに入れたり、その中に小松菜のペーストや果物やその他の材料を入れてババロアやプリンも作れます。お菓子以外にも豆腐ソースに味を加えるだけで、グラタンのソースやパスタソースとしても使えカロリー控えめで健康的なクリームとしていろいろな料理に使えますよ。

まとめ

豆腐は大豆からの栄養素をそのまま受け継いだ、とても栄養豊富で日本人に馴染み深い食材です。淡泊で癖のない味であり、口当たりが滑らかなので、日頃のおやつ作りにも適しています。加熱して水気を切って、ミキサーにかけるだけで、豆腐クリームが出来上がります。ケーキやプリンを作る際、牛乳や卵の代わりにもなりますよ!

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.