ベジスイーツ人気

さつまいもの簡単べジスイーツで、お腹からきれいになるポイント!

投稿日:2016年10月20日 更新日:

さつまいもは、べジスイーツにぴったり

べジスイーツと聞いてどんなことを思い浮かべますか?「カロリーが少なくてヘルシー」「野菜不足解消にも良さそう」「野菜嫌いの子どもも食べてくれる」など、色んな声が挙がってきそうですね。もちろんそうしたこともありますが、「野菜が美味しく食べられる」というのも大きな魅力のひとつです。

お決まりの食べ方に飽きてきたら、べジスイーツを作って野菜を変身させてみませんか?きっと新しい食べ方の発見があると思います。

数あるべジスイーツのなかでも、特におすすめの野菜のひとつは「さつまいも」。さつまいもの甘味は、スイーツにとても合います!さつまいもそのものが十分に甘さを持っているので、お砂糖は少な目でも美味しくいただけるのが良いところです。今回は、そんなさつまいもを使ったべジスイーツについてご紹介します。

さつまいもには食物繊維がたっぷり含まれていています。便秘解消の効果も期待でき、お腹もすっきり。三時のおやつや、小腹が空いたときの間食にも。美味しく食べて、お腹からきれいを目指しましょう!

スイーツに向く、さつまいもの種類

さつまいもと一口に言っても、ねっとりしたものや、さっぱりしたものなど、いろいろな種類があります。また色も「黄色系」「白色系」「紫色系」「オレンジ色系」などがあります。全体にふっくらとしているものが美味しいさつまいもを選ぶ時のポイントです。ヒゲ根が多いものなどは、筋張っている場合も多いので避けたほうが無難です。また、本来温かい場所で育つ野菜なので、保管するときは常温で。冷蔵庫に入れると、低温障害を引き起こし傷みが早くなります。

例えば「焼き芋」によく使われているのは、紅さつま、紅あずま、鳴門金時などのなかが黄色くほっくりしたタイプ。ねっとり甘いタイプで言えば、安納芋。焼き芋にすると甘い蜜のようなものが出てきます。色を楽しみたいのであれば、紫芋もおすすめです。甘さが控えめのタイプなので、甘すぎするのは苦手、と言う方にもぴったりです。

さつまいもを使った簡単べジスイーツ

「焼き芋」「スイートポテト」「さつまいも蒸しパン」なども、さつまいもを使ったべジスイーツです。その他にも「さつまいものチーズケーキ」「さつまいものプリン」など、和洋問わず本当に色々な種類があります。

今回は簡単に作れるレシピ「さつまいものトリュフ」をご紹介します。さつまいもの甘さとカカオパウダーの苦みが良く合います。さつまいもの種類によって、砂糖の量は加減してください。素材の味を活かしたべジスイーツを楽しみましょう!

<材料(作りやすい分量)>
・さつまいも200g
・きび砂糖大さじ1
・塩ひとつまみ
・シナモン少々(無くてもOK)
・カカオパウダー適量

<作り方>
1.さつまいもは良く洗い、皮を剥く。1センチの厚さにスライスして、少量の水で柔らかくなるまで蒸し茹でにする。
2.1のさつまいもの水気を切り、マッシャーなどでつぶす。熱いうちにきび砂糖・塩・シナモンと一緒になめらかになるまで全体を混ぜる。
3.2のペースト状になったものを、ボール状にまるめる。
4.バットなどにカカオパウダーを入れ、3のボールを転がせる。まんべんなくカカオパウダーが付けばできあがり。

まとめ

「べジスイーツ」という言葉を聞く前から、私たちにとってはお馴染みのさつまいものスイーツ。さつまいもの種類をお好みに合わせて選ぶと、ワンランクアップのスイーツが楽しめそうですね。ぜひ作ってみたいです。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.