ベジスイーツ人気

はたして野菜のお菓子はまずいのか?検証してみよう!

投稿日:

先に答えを「まずくはない!」
これが答えです。
美味しい、美味しくないの判断てその人の好みなですよね。
野菜のお菓子に限らず、どんな食べ物でも美味しいという人もいれば、美味しくないという人もいる。それと同じです。
いくら私がこのお料理美味しいですよ!お菓子美味しいですよ!とご紹介してもその人の口や好みに合わなければ美味しくないので・・・ただ私の答えとしては「まずくはない」です。

なぜ野菜のお菓子はまずいと思うのか?

それは、固定概念だと私は思います。
お野菜=苦い、お野菜=まずい、お野菜=えぐみがある・・・などではないでしょうか?
でもお野菜にも甘いお野菜もあれば苦味の強いお野菜もあり、それはお料理にしても同じではないでしょうか?お料理なら少し癖のある小松菜のお浸しも食べれるけどケーキに入っていたらまずくて食べれない。それってよく考えるとおかしな話です。だって小松菜は元々少し苦味のある癖のあるお野菜ですから・・・。
でもお浸しとしては食べれるのにケーキとしては食べれないのは、小松菜は癖のあるお野菜だからお浸しはこんなもんだ、ケーキは甘いものなのになぜ苦味があるのか・・・。
これって固定概念ですよね。
だからお野菜のお菓子がまずい=お菓子は甘くておいしいものだという固定概念だと私個人は思います。

お野菜は苦くてまずいものですか?

その答えは「NO」です。
本来、畑から採ってきたばかりのお野菜をその場で食べてみてください。すごくみずみずしくておいしいです。例えば、ほうれん草ってみなさん生で食べたことありますか?
私はありますよ!小さいころ祖父が作っていた畑で食べる直前に抜いて井戸水で洗ってそのまま食べました。答え「甘い!」キュウリもトマトも畑でもぎたてを食べてみてください本当に甘くておいしいですから・・・。
あんなに甘くておいしいほうれん草は祖父の畑でしか食べたことがありません。
祖父曰く、土が違うそうです。
淡路島特産の玉ねぎもそうです。「甘い」これはみなさんよくご存じだと思います。
ではなぜ甘いのか・・・それは品種もありますが土だそうです。
淡路島で有名なフルーツタマネギと呼ばれているものは本当に甘いです。それは土を改良し続けて甘いタマネギを作っているからです。
でも同じ淡路島の玉ねぎ農家でも、畑が変われば全く味が違います。
土のいい淡路島の玉ねぎは生で食べても甘いんです。
こんな生で美味しいお野菜をみなさんしらないだけだと私は思います。

ではなぜお野菜をお菓子にするのか?

それは少しでもお野菜を食べる機会を増やしてほしいからだと思います。
健康を考えているからだと思います。成人一人当たりに必要な1日の野菜摂取量は350g以上です。しかしそれだけの野菜を食べている方はどれだけいるでしょうか?
またその土地ならではの地元野菜。皆さんは自分の地元の野菜は何かご存じですか?
野菜は苦いもの美味しくないものと小さい頃からインプットされていて年頃になるとお野菜の摂取量はどんどん減っているのが現状です。
でも、お野菜は甘いものもあれば苦いものもある。例えば甘いお野菜でいうと、かぼちゃやさつまいも、ニンジン(金時)、じゃがいも、れんこん、サトイモ、東京ネギ、白菜等(まだまだありますが)これ全部本当は甘みが強いお野菜です(特に旬に食べるとたまらんくらいに甘みがましています)。逆に苦味が強いなと思うお野菜はピーマンや春菊、小松菜などはエグミが少しきついですかね。
実際私もお野菜は嫌いでした。でも旬のお野菜や土にこだわった農家さんのお野菜を食べていると、本来のこのお野菜はこんな味なんだと知る事ができお野菜が好きになりました。
また年齢が上がるとともに健康も気になりますから自然とお野菜を摂取するようになりました。
でもお菓子は今まで通り甘い生クリームやチョコクリームいっぱいのケーキ!これだと油脂と炭水化物しか摂れない。一食分に相当するくらいのエネルギーを摂取するのにですよ。
それではダメだと、なんとか大好きなケーキでもビタミンやミネラルを摂れないものかと色々考えてお野菜のお菓子を作るようになりました。
確かに、生クリーム×いちごのショートケーキに比べて、豆乳クリーム×ミニトマトのケーキは甘さも控えめですしトマト本来の味もします。
でもトマトもいろんな品種があって本当に甘くてこれは野菜か!とおもうものもあるんです。
あえて野菜をお菓子にしなくても・・・わからなくはありませんが
それだけ現代社会が野菜を食べない生活が根付いているからこそ野菜のお菓子が誕生したんだと思います。

野菜のお菓子は本当にまずい?そうでしょうか?だってみなさん小さい頃からたべてますよね

では、野菜のお菓子をまずいとおっしゃるかたへお聞きします。
カルビーのポテトチップスって食べたことありますか?
たぶんほとんどの方が食べたことあるんではないでしょうか?
でもよく考えてみてください。ポテトチップスってその名の通りじゃがいものフライですよ。これもりっぱな野菜のお菓子なんです。
ではなぜこれはまずいとならないのかそれはポテトチップス=お菓子だと小さい頃から思っているからです。

まとめ

このように野菜はまずいんだという固定概念が野菜のお菓子=まずいを生み出しているんだと思います。
確かに野菜スイーツ専門店で販売している野菜スイーツと呼ばれるものは、お野菜の味を活かしているので苦味のある野菜は苦味があり、辛味のあるお野菜は少し辛味があります。
でもキャロットケーキやかぼちゃのケーキを食べてみてください。ほんのりと優しいお野菜本来の甘さとしっとりとした食感があります。さつまいもを使ったスイートポテト、ホクホクしていて粘り気があってしっとりしていて美味しいです。
お野菜のお菓子はまずいではなく、まだ慣れていないだけなんだと思います。
まだお野菜のお菓子がフューチャーされて10年位です。これからどんどんお野菜も進化し、調理方法も進化し、いつかお野菜のお菓子が当たり前にスーパーのスイーツコーナーに並ぶ日が来ると私は思っています。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.