ベジスイーツ人気

老舗のさつまいも専門店をご紹介♪

投稿日:2017年5月18日 更新日:

ほっくりした甘みで、大人も子どもも大好きなさつまいも。そんなさつまいもを知り尽くしたお店を集めてみました。

長い歴史をもつ老舗和菓子店のさつまいもスイーツをお楽しみください♪

芋といえば、やっぱり舟和!

浅草舟和は、芋ようかんをはじめとした伝統の和スイーツを扱う老舗の和菓子屋さんです。

創業明治35年、100年以上の歴史をもつ舟和はあんこ玉、元祖みつ豆など昔からかわらない味を守るいっぽう、和スイーツのお店「ふなわかふぇ」をオープンさせるなど新しい試みにも意欲的です。

本店でいただく純和風の伝統和菓子もおいしいのですが、おすすめはやはり、ふなわかふぇで販売されているオリジナルお芋スイーツ。芋ようかんソフトパフェ、おいものプリンなど、本店とはまったくイメージの違う和スイーツの数々が楽しめます。一押しはここでしか味わえないオリジナルドリンク「お芋ラテ」。スイーツもドリンクもお芋尽くしで、お芋好きにはたまりません♪

テイクアウトにはバターを加えて焼き上げたスイートポテト風「浅草ぽてと」、お芋のあんがたっぷり詰まった「おいもパイ」がおすすめです。和洋どちらのテイストでも、お芋の味を堪能できます。

メニューは3品だけ!昔の味を守る大学芋の千葉屋

同じ浅草で、やはり昔ながらの味を頑固に守り続けているお店があります。それが、言問通り沿いにある大学芋のお店「千葉屋」です。

メニューは3種類。看板メニューの大学芋のほか、シンプルなふかし芋、芋けんぴに近い味わいの「切揚」も人気があります。

マンションの一階にあるのでいかにも新しいお店のように見えますが、お店の奥を覗くと使い込んだ風合いの調理器具がずらり。建物は新しくても、老舗であることがうかがえます。

昔の味を伝える名物・大学芋は、なつかしい味わいの甘~い蜜が中までしみこんだ逸品。パリパリの皮部分とほっくりした身の部分との相性が抜群と、口コミでも絶賛を集めています。

誰もが魅了される安定のおいしさに加え、千葉屋のもう一つの魅力は、お店の奥の工房です。ふだんあまり見ることのない、大学芋ができあがる過程を外から眺められるとあって、熱心にお店の中を覗き込むお客さんが絶えません。ウィンドーの中に積み上げられた揚げたてのお芋、無造作にビニール袋に入れられた大学芋など、千葉屋はいかにも浅草らしく飾らない楽しさに満ちています。

なお、小さなお店なので、時間帯によっては行列ができることもあります。午前中などすいている時間を狙って訪ねるのがおすすめです。

お芋の本場・小江戸川越の老舗♪道灌

川越といえば、新旧いろいろなお芋スイーツで有名です。

おしゃれなスイーツから伝統の和菓子まで、数あるお芋スイーツ店の中でおすすめしたいのは、大正10年創業の老舗「道灌」です。和菓子全般を取り扱い、「道灌まんじゅう」を看板にしている同店ですが、そこはやはり川越のお店。もちろんお芋スイーツもあります!

「芋クリームどら焼き」はネットでも話題沸騰の和スイーツ。しっかり芋感を残したさつまいもクリームと、しっとりしたどら焼きの皮がベストマッチと大評判です。

ほかおすすめはオリジナル商品の「丁稚芋」。お芋のペーストに砂糖と小麦粉を加えて練り上げ、竹の皮に包んで蒸した昔風のお菓子です。見た目のインパクト絶大で、お土産にもおすすめです。

道灌は史跡川越城のすぐ近くです。観光の途中に、お芋スイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

熱々の焼きいも、スイートポテト、プリンやタルトのフィリングといろいろな形で楽しめるのがさつまいもの魅力です。そんなさつまいもだからこそ、昔から変わらず愛されているのでしょう。

変わらない味も新しい味も、どちらも魅力的なさつまいものスイーツ。老舗の味で、秋の味覚を満喫しましょう♪

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.