ベジスイーツ人気

キドニービーンズブラウニー・芋けんぴの作り方

投稿日:

キドニービーンズとは紅い色をしたインゲン豆で、皮がしっかりとして炊き崩れが少ないのが特徴です。クセがなくさっぱりと召し上がれることもサラダなどによく使われます。このキドニービーンズは実はとても豊富な栄養を含んだ素晴らしい野菜なのです。

キドニービーンズに含まれる栄養素と健康効果

主要成分は炭水化物とタンパク質です。炭水化物は消化されると糖に代わる物質で、この糖質は、身体にとって、三大栄養素の中でも重要なエネルギー源となっています。 特にブドウ糖は血糖となり、脳や中枢神経、筋肉などの重要なエネルギー源となります。また身体を作る細胞の構成成分にもなります。炭水化物(糖質)が不足すると、エネルギー不足になり体力が弱まり、疲れやすくなり、また、思考力の低下も引き起こすため、人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養です。タンパク質もまた同様にエネルギー源となったり筋肉の生成に必要な栄養素です。
この2つの主要成分以外にも多くの栄養がバランスよく含まれています。特に豊富なのはビタミン類です。ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要な働きをしています。また、細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない栄養素になります。ナイアシンと呼ばれるビタミンB 3も見逃せません。ナイアシンは、水溶性ビタミンの一種で、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。その他の栄養素もエネルギー代謝や脂質代謝などにおいて重要な役割を担っています。
また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

キドニービーンズを使ったベジスイーツ

このように非常に多くの栄養と健康効果のあるキドニービーンズですが、やはりレシピが少ないのが残念なところ。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目しキドニービーンズをよりストレートに味わい、栄養をもれなく摂取できる素敵なレシピをご紹介いたします。

ヴィーガン*キドニービーンズブラウニー

[材料]
キドニービーンズ…1缶
お好きなオイル…30g
ピーナツバター…20g
レーズン …60g
メープルシロップ…60g
ココア(無糖)…30g
薄力粉…20g
ベーキングパウダー …小さじ1
バニラエッセンス…適量
塩…少々

[作り方]
1.キドニービーンズをざるにあける。水で洗い水気をきっておく。
2.フードプロセッサーに1を入れペースト状に拡販する。
3.ボウルに2とオイル、ピーナツバター、メープルシロップを入れ、つやがでるまでしっかりとハンドミキサーで混ぜる。
4.ココア、ベーキングパウダー、薄力粉を合わせてふるったものを、3に少しずつ加えながら、へらでさっくりと混ぜていく。全体が混ざったら塩とバニラエッセンス、レーズンを加え、さらに混ぜる。
5.4を型に流しいれ、あらかじめ170℃に予熱しておいたオーブンで25分焼成する。様子を見て焼成時間を調節する。
6.5をオーブンから取り出し、粗熱をとって完成。

工程も非常に簡単なレシピですので忙しい主婦の方でも簡単に作っていただけます。この機会にぜひお試しください。

芋けんぴは高知県の郷土菓子「けんぴ」が派生して作られたお菓子と言われています。サツマイモを短冊に切って、油で揚げて蜜を絡めたお菓子です。「かりんとう」と同じ作り方をするので、芋かりんとうとも呼ばれています。
芋けんぴは子供のころのおやつに食した思い出があるような、懐かしいお菓子ではないでしょうか。サツマイモの香りと優しい甘さが癖になり、つい食べ過ぎてしまうスナックのようなベジスイーツです。今回は、サツマイモを使ったスナック菓子「芋けんぴ」の作り方を紹介します。

サツマイモって

サツマイモには甘藷(カンショ)、蕃藷(バン藷)、琉球芋(リュウキュウイモ)、唐芋(カライモ)など呼び名が多々あります。原産地はメキシコからガテマラ辺りで、紀元前3000年にはすでに栽培されていました。15世紀末にコロンブスによりヨーロッパに伝えられました。日本へは16世紀に中国から伝わり、江戸時代に南九州から徐々に広まったと言われています。薩摩の国の芋ということでサツマイモと呼ばれています。
種類は肉質が、白、黄色、紫色などがあります。肉質が紅色系のものは紫芋と呼ばれ、鹿児島や沖縄の名物となっています。

サツマイモの栄養成分

サツマイモの主成分は炭水化物です。エネルギー源として摂取するのに適した野菜で、カロリーはジャガイモの2倍といわれています。サツマイモは飢饉の時の救済作物として世界的に知られていますが、それはやせた土地でも栽培でき、収穫までの期間が短く、収穫できた芋はエネルギー源として優れているためです。
また、サツマイモにはビタミンやミネラルも豊富で、過剰な塩分の取り過ぎを体外に排出し高血圧を予防するカリウムや、骨や歯や筋肉に役立つカルシウムとマンガン、鉄分の吸収を助ける銅などのミネラル類と、抗酸化作用があるビタミンE、皮膚の老化を防いで細胞を元気にするビタミンCなどのビタミン類を含んでいます。サツマイモのビタミンCは熱に強いので、焼芋などにしてもビタミンCが残っていることが多いと言われています。
そして、サツマイモには食物繊維が多く、不溶性のセルロースなどの食物繊維が腸を刺激して便秘を防ぐ効果があると言われています。
そして紫芋や紅芋などの紅色の色素はポリフェノールの一種のアントシアニンで肝機能向上などの効果があると言われています。

懐かしいお菓子芋けんぴの作り方

〇材料
サツマイモ 1本
揚げ油 適量

きび糖 大さじ4
水 小さじ2
醤油 小さじ1

〇作り方
1.さつま芋は1cm角の角切りにします。
2.揚げ油を160℃くらいに熱して、1のサツマイモを揚げます。芋から泡が出なくなるまでじわじわと上げてください。
3.別の鍋に蜜の材料をすべて入れ、熱を加え砂糖が溶けてとろみがついたら、火からおろします。
4.2の揚げた芋を3の蜜に絡め、手早くステンバットなどに広げて冷まします。
5.蜜が渇き周りがパリッとなってスナック菓子のようになれば出来上がりです。

懐かしいお菓子芋けんぴの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか。芋けんぴは懐かしい味で、食べ始めると止められなくなるお菓子でもあります。栄養豊富でカロリーもありますから、美味しくても食べ過ぎには注意しましょう。
お茶うけやおやつに食べるとお腹が膨らんでほっとできます。小腹が空いた時にも、芋けんぴは役立ちます。サツマイモがあれば作れますから、ぜひ作ってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.