ベジスイーツ人気

ジャムの作り方と野菜ジュースの栄養効果

投稿日:

製法や効能を知って、日常生活に野菜ジュースを賢く取り入れよう!

スーパーやコンビニで、気軽に購入でき、私たちの日常生活に深く結び付いている野菜ジュース。購入する人の目的は様々ですが、日頃の野菜不足を解消してくれるかも・・・、パッケージの裏に書いてあるように、一日に必要なビタミンCが摂取できて便利だわ・・・このごろ便秘気味だから、今日は、他のジュースをやめて野菜ジュースにしてみようか・・・などなど、野菜ジュースを飲むことで得られるであろう、様々な効果を期待して購入する人がほとんどではないでしょうか?健康志向の代表格のような野菜ジュースですが、識者の間で、その効果に賛否両論があることをご存知ですか?

濃縮還元とストレートの違いって?

野菜ジュースのパッケージをよく読むと、野菜ジュースの製法が記載されていると思います。濃縮還元又はストレートなどがそうです。見慣れた言葉かもしれませんが、具体的にどのような製法か詳しく知っている人はそんなに多くないかもしれません。野菜ジュースにはビタミンCや食物繊維が多く含まれているというイメージを持たれている人が多いと思いますが、製法の違いやジュースそのものの作り方の過程により、ビタミンCや食物繊維の量が違ってきます。

・濃縮還元・・・果物から取り出した果汁を、一旦、加熱して水分を少なくして濃縮したペースト状にしてから、冷凍保存して、容器に詰める前に水分を加えて元の果汁の状態に戻す。保管や輸入にかかるコストを安く抑えることができるため、コンビニやスーパーに多く陳列されている。

・ストレート・・・果物から搾り出した果汁を、殺菌処理してそのまま低温保存しておき、容器に詰めたジュース。濃縮還元で作られたものより高めです。

ビタミンCは熱によって失われ、野菜ジュースには※不溶性食物繊維が含まれていないため、野菜ジュースを飲んでもあまり効果を期待できないという意見があるのも頷けます。

※食物繊維は2種類あって、水溶性食物繊維(海藻類や果物など)と不溶性食物繊維(野菜類・豆類・きのこ類・いも類)に分けられます。野菜ジュースにはほとんど水溶性食物繊維が含まています。

野菜ジュースを賢く利用するポイント!

しかし、野菜ジュースの中には、加熱処理で失われたビタミンCを補っているものや、パッケージの裏に記載してあるように、数多くの種類の野菜や果物が入っています。いろいろな種類の野菜をすべて購入して食べることは不可能ですし、調理するのも大変です。また、野菜の値段は不安定で、不作の時期などは値段が高騰し、入手が困難な時期もあります。年中、決まった値段で入手可能な野菜ジュースは、未開封であれば、長期間保存が可能で便利です。野菜ジュースには不溶性食物繊維が含まれてないものが主流ですが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1:2の割合で摂取することが、好ましいと言われており、野菜ジュースと野菜そのものをバランスよく摂ることにより、健康維持に役立ちます。

まとめ

野菜ジュースには様々な種類があります。内容物や製法、食物繊維の含有量をよく見て、自分に必要なジュースを選ぶようにしましょう。残念ながら、野菜ジュースだけでは、野菜不足解消にはなりません。日頃の食事に野菜ジュースと野菜を取り入れた食事をバランスよく摂り入れるのがお勧めです。食物繊維には2種類あると書きましたが、その働きは異なります。

水溶性食物繊維・・・水に溶けやすく、食欲を押さえたり、コレステロールの排泄、血糖値の上昇を防ぎ、便秘解消という働きをしてくれます

不溶性食物繊維・・・水に溶けにくく、食欲を押さえる、大腸がんの予防、便秘解消という働きをしてくれます

この知識を、お菓子作りや食事作りに是非、役立てて下さいね。

ルバーブはタデ科ダイオウ属に分類される多年草の野菜です。属名のダイオウは薬用植物の一つで漢方薬では生薬として処方されています。ダイオウの薬効は、便秘を解消したり、血液の流れをよくしてむくみを改善したりすることです。ルバーブは「食用ダイオウ」とも呼ばれ、薬用のダイオウとは区別して利用しています。
特に西洋では肉料理と合わせて食することが多い野菜です。
それは、ルバーブの独特の香りが肉料理の油と相性が良く、ルバーブの強い酸味は、肉料理と一緒に食すと口の中がさっぱりとするためと言われています。
日本ではあまり献立に取り入れられることがない野菜のルバーブですが、色が鮮やかで酸味にキレがあり、ジャムやスイーツにするとおいしい野菜として知られています。今回はルバーブのジャムの作り方を紹介します。

ルバーブのジャムの栄養と効果

ルバーブは食物繊維やビタミンC、カルシウムなどが豊富に膨れた野菜です。食物繊維には整腸作用があり、便秘や便秘にともなう腹部膨満感に効果があると言われています。
また、ビタミンCには美肌効果があり、肌のシミの回復を早めたり、免疫力を強くしたりする効果があると言われます。
そしてカルシウムはビタミンCと共に筋肉の収縮に関わって心臓の鼓動を保ったり、神経の興奮や緊張を抑制したりする働きをします。カルシウムは体内で一番多いミネラルで、血液中のカルシウムは常に一定の濃度に保たれるようになっています。消化吸収によってカルシウムが不足すると骨や歯からカルシウムが溶け出し、濃度を一定に保ちます。ですから、食事からカルシウムの摂取量が少なくなると骨が弱くなり、ひどくなると骨粗しょう症などの症状が現れたり、神経過敏症になったりすると言われています。カルシウムは魚や海藻、乳製品などから摂取できますが、ルバーブなどの野菜からも摂取できるミネラルです。
ルバーブは酸味が強く、その酸味はお肉料理や乳製品と相性が良いと言われています。ですから、肉料理のソースにルバーブジャムを加えたり、クリームチーズやヨーグルトと一緒にルバーブジャムを食したりすると美味しく頂けます。

ルバーブジャムの色

ルバーブは茎の部分を食す野菜です。温帯地帯の涼しいところでよく栽培されていて、日本では北海道や長野、高原地帯で栽培され、ジャムやシロップ、アイス菓子などに加工されています。ルバームの茎には種類があり、赤い茎、緑の茎、緑から赤へのグラデーションで色が変わる茎があります。赤い茎のルバーブで作られたジャムやコンフィチュールは宝石のルビーのような色に仕上がることがあり、ケーキやタルトなどのスイーツのトッピングの材料として利用すると色がとてもきれいで効果的です。
また、緑色のルバームは酸味が一番強いと言われています。朝食やお昼の後のおやつに食すと、目が覚めるような酸味ともいわれています。

ルバーブの注意点

ルバーブは気候が涼しい土地なら、多年草として一度植えると毎年生えてくる元気な野菜と言われています。フキのように大きくなり80cm~1mくらい大きくなります。茎が伸びて大きな葉を広げますが、その葉には毒性があるので、食べられません。
シュウ酸が多く結石の原因になるともいわれています。また、ハーブの一種ですので、妊婦さんは控えなければならない野菜の一つでもあります。注意しましょう。

ルバーブのジャムの作り方

ルバーブは熱を加えると形がなくなり溶けてしまうので、ジャムやシロップに加工して保存します。
〇材料
ルバーブの茎
ルバーブの半量の砂糖

〇作り方
1.ルバーブの葉を取り除き茎の部分を良く洗い、2~3cmに切ります。
2.鍋に1と砂糖を入れ、1時間くらい置く、ルバーブから水分が出てくるので、そのまま弱火にかけ、40分~60分(量によって)にます。途中、アクがでるので、取り除きましょう。
3.熱いうちに煮沸消毒した瓶に入れ冷蔵庫で保存します。

ルバーブのジャムのまとめ

いかがでしたでしょうか?ルバーブは味覚的にも栄養的にも西洋料理によく合います。お肉料理のあとに食すと口がさっぱりとする効果があるそうです。ルバームの酸味は梅の酸味とも似ているそうなので、日本人の口には食べやすい酸味なのかもしれませんね。
色がきれいで栄養もあるべジスイーツのルバーブジャムをぜひお家でも作ってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.