ベジスイーツ人気

ソラマメを使った緑のお菓子

投稿日:2017年6月3日 更新日:

春から夏にかけて新緑の季節に出回るソラマメは、豆の色と香りから、とても季節感が強い野菜の一つです。ソラマメにはビタミンB1やビタミンC、鉄分や葉酸などのミネラルが豊富で、疲労回復や鉄分補給に役立つ食材の一つとして知られています。塩ゆでなどにして、お酒のおつまみにしたり、遠足やピクニックのお弁当に添えたり、バーベキューで焼き空豆にしたりすると美味しく食せる野菜です。今回はそのソラマメの目に鮮やかな薄緑色とソラマメ独特の香りを楽しめるべジスイーツを紹介します。

ソラマメの名前の由来

ソラマメの名前の由来はソラマメのさやが空に向かって育つために「空豆」と呼ばれるようになったと言われています。地域によっては、「天豆」とか、新緑の季節に収穫するので「夏豆」と呼ぶところもあるそうです。

ソラマメの栄養と効果

ソラマメは他の豆類と同じように植物性たんぱく質を豊富に含んでいます。タンパク質は筋肉や内臓の臓器などを構成する主成分で、とても大切な三大栄養素の一つです。
また、ソラマメは野菜に多いカリウムも多く含まれます。カリウムには塩分を排出して高血圧を整える働きがあります。
そして、ソラマメには疲労回復のビタミンと言われるビタミンB1やB2が豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わる時に必要な栄養素の一つです。ご飯やパンなどの炭水化物をエネルギーに変える重要なビタミンと言われています。ビタミンB1が不足すると糖質の代謝がうまくいかなくなり、乳酸やビルビン酸などの疲労物質がたまるようになってしまうので、疲労の蓄積や筋肉痛の原因となっていまいます。
また、ソラマメにはビタミンCも多くすくまれています。ビタミンCには抗酸化力があり、皮膚や血管の老化を防いだり、がんやストレスをブロックしたりする作用があります。また、子供の場合には、ビタミンCが不足すると骨の発育不良がみられることもあるので、積極的に摂取したい栄養素の一つです。

ソラマメの効果としては、弱った胃腸の働きを整え、疲労を回復すると言われています。ですから、疲れやすく食欲のない時にむいているそうです。また、むくみを防ぐ働きがあるので、水分代謝がわるくだるさが感じられる時などに食すのにむいています。ただし、消化しにくい側面もあり、アレルギー源にもなりやすいので、食べ過ぎには注意が必要です。

ソラマメの効果としては、弱った胃腸の働きを整え、疲労を回復すると言われています。ですから、疲れやすく食欲のない時にむいているそうです。また、むくみを防ぐ働きがあるので、水分代謝がわるくだるさが感じられる時などに食すのにむいています。ただし、消化しにくい側面もあり、アレルギー源にもなりやすいので、食べ過ぎには注意が必要です。

ソラマメを使ったべジスイーツスイーツ

ソラマメのマフィン
〇材料
ソラマメ 10本
ホットケーキミックス100g
卵 1個
牛乳 30g
クリームチーズ 50g

〇作り方
1.ソラマメはさやから出して、茹で、牛乳と一緒にミキサーかフードプロセッサーで混ぜておきます。
2.クリームチーズはレンジで30秒ほど温めて柔らかくします。
3.ボールか、フードプロセッサーに1と2とその他の材料をすべて入れよく混ぜます。
4.ペーパーカップなどの型に3の生地を流し入れ、170℃に予熱したオーブンで20~30分焼成します。竹串をさして、生地がついてこなければ焼き上がりです。

ソラマメを使った緑のお菓子のまとめ

ソラマメは新緑の季節に出回ります。初夏の食べ物と感じる方も多いのではないでしょか。塩で茹でるけで、お惣菜として食卓に出せるので、便利な食材ですね。塩ゆでや焼きソラマメとして食べているソラマメをスイーツにしてはいかがでしょうか。緑色がキレイなマフィンが出来上がります。ぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.