ベジスイーツ人気

ダイエットにも役立つジャガイモのスイーツレシピ

投稿日:2017年6月8日 更新日:

ジャガイモはカロリーが100gで76kcalです。小麦粉は100gで368kcalなので、ダイエット中に摂取カロリーを低くしたい場合には献立に加えたい食材と考えられます。
また、ジャガイモはビタミンやミネラル、炭水化物、ストレスを軽減するアミノ酸のギャバなどの栄養素を含んだ優秀な野菜として知られています。ジャガイモのでんぷんは消化されにくく胃や小腸で吸収されず大腸まで届くので、ジャガイモのでんぷんと食物繊維によって腸内環境が改善される効果があると言われています。腸内環境が改善されると便秘解消や免疫力の向上、コレステロール生成の抑制などによる生活習慣病の予防効果などの研究結果が報告されています。

ジャガイモは世界各地で食されているので食べ方やレシピも多々あります。その中で、今回はジャガイモを使ったべジスイーツのレシピを紹介します。

世界中で食されているジャガイモ

ジャガイモは昔から世界中で食されている人類になじみの深い食品で、米、麦、トウモロコシ、と共にジャガイモは世界4大作物と言われています。ジャガイモは栄養価が高く、栽培期間が短いことなどからアジアやアフリカなどの食料危機地域で栽培が推奨されています。また、昔から主食や保存食に利用されてきたジャガイモは、痩せた土地でも育ちやすい性質も加わって、飢饉の時にも重宝にされてきました。

ジャガイモって

ジャガイモの原産地はペルー南部で紀元前8000年ころから古代ぺルーの人々に食され紀元500年ころより栽培も始まっていたと言われています。南米のインカ帝国を征服したスペインによってジャガイモはヨーロッパ大陸へ伝わり、日本へはジャワ島からきたオランダ船によって長崎の出島に伝来したのが始まりと言われています。ジャガイモの名前の由来もジャワ島から来た芋が訛ってついたそうです。
日本のジャガイモの旬は春から初夏にかけてですが、一番収穫量が多い北海道のジャガイモは初秋に収穫されます。また、長崎や鹿児島などでは年に2回収穫されています。3~4か月で収穫できるジャガイモは一年中、美味しい状態で出回っている野菜の一つです。

ジャガイモの栄養と効果

ジャガイモには熱によって壊れにくいビタミンCやエネルギーの消費に役立つビタミンB1や塩分排出効果のあるカリウムなどビタミンやミネラルが豊富です。特にジャガイモのビタミンCの含有量が多く、緑黄色野菜のホウレンソウや柑橘類の温州ミカンと同じくらい含有していると言われています。
また、ジャガイモに含まれるカリウムは体外に塩分を排出し高血圧を予防する働きをしたり、筋肉疲労による筋肉の痙攣の予防などをしたりします。カリウムは野菜に多く含まれる栄養素で毎日摂りたい栄養ですが、必要量を摂取しにくい側面もあります。ジャガイモは様々な料理に利用でき、必要量を簡単に食べることができます。カリウムが不足すると塩分の排出が促されず高血圧になったり、代謝が悪くなったり、筋肉が弱くなるなどの障害がでると言われている栄養素です。
そしてジャガイモには、アミノ酸の一種のギャバという栄養素が含まれています。ギャバには抗ストレス作用や認知症予防、精神安定作用などの効果があるという研究結果が出ています。
注意点として、ジャガイモの芽や緑色の部分にはポテトグリコアルカロイドという有毒な成分が含まれています。頭痛や腹痛の原因になるほか、幼児ですと死に至ることもある成分なので、忘れずに取り除いてから調理するようにしましょう。

ジャガイモを使ったべジスイーツレシピ

ジャガイモはカロリーが低いので、小麦粉を使ったケーキやクッキー、パンなどに、ジャガイモをすりおろして加え、その分小麦粉を減らすようにするとカロリーを抑えた焼き菓子などを作ることが出来ます。ジャガイモ自体には強い香りや食感が少ないので、比較的いろいろなお菓子に混ぜることが出来ます。
ジャガイモパンケーキやポテトクッキー、ジャガイモのスイートポテトやジャガイモパン、ジャガイモを千切りにしたお焼きなど、簡単に作れるスイーツが多々あります。
世界で一番ジャガイモの消費量が多い国ベラルーシの国民食には、ドラニキというジャガイモのパンケーキがあります。ジャガイモに卵、小麦粉、ベーキングパウダー、玉ねぎ、コショウを加え、フライパンにバターを溶かして焼いたパンケーキにサワークリームを添えた食べ物です。
ホットケーキミックスを使ったジャガイモのパンケーキ

〇材料
全粒粉のホットケーキミックス150g
卵 1個
牛乳120g
ジャガイモすりおろし 50g~90g
バター 適量

〇作り方
1.バター以外の材料を全て混ぜます。
2.フライパンを熱して、濡れ布巾で粗熱をとってから、バターを溶かし、1の生地をお玉1杯分フライパンに流しいれます。そのまま、弱火で3分ほど焼き、フライ返しで上下を返して2~3分色よく焼けば出来上がりです。

ダイエットにも役立つジャガイモのスイーツレシピのまとめ

ジャガイモはドイツでは大地のリンゴと呼ばれ、健康になるための食材として重宝に利用されています。炭水化物が多い割にはカロリーが低くダイエットにも役立ちます。ビタミンやミネラルが豊富に含まれている優れた野菜で、ポテトサラダやコロッケ、煮物など食べ方も様々ですが、デザートやおやつにも使える野菜です。べジスイーツの材料としてぜひお菓子作りに役立ててください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.