ベジスイーツ人気

ダイエット中にヘルシーなカフェ・玉ねぎを使ったベジスイーツ

投稿日:

横浜と並ぶスイーツの街、神戸。

神戸といえば街というイメージがありますが、実は野菜の栽培も盛んでトマトやキャベツ、ほうれん草などを中心に有機栽培が行われています。そんな地元でとれた野菜を主役に作るベジスイーツは、洗練された洋菓子文化をもつ神戸にとっては得意分野といっていいでしょう。

異国情緒あふれる港町・神戸から、おいしいベジスイーツをご紹介します!

カフェ シオン

三宮駅の高架下に、地元の人に愛される「カフェ・シオン」があります。

ナチュラルで優しい雰囲気の店内では、野菜をふんだんに使ったヘルシーランチや体に優しいドリンクがいただけます。月替わりのスイーツにも季節の野菜を使ったベジスイーツが登場。とくにかぼちゃ、さつまいもなどスイーツ向きの野菜の時期は要チェックです。

通年で出ているものでは、定番のケーキ「ほうじ茶と黒豆のロール」がおすすめです。ほうじ茶スイーツという個性的な味に、黒豆の甘さがぴったり合った新しい味のスイーツです。

スイーツの種類は季節で変わりますが、いずれも独創性あふれるヘルシーなものばかり。「そば茶とグレープフルーツのムース」「オレンジショコラのお米入りパンナコッタ」「よもぎ豆富のムース」などなど、ここでしか出会えない味が楽しめます。

カフェ・シオンは三宮駅から線路沿いに歩いて約3分。わかりやすい場所にありますので、地元の方だけでなく旅行中の方もぜひ立ち寄ってみてください。

アグリコール

アグリコールは、フランス菓子を中心にさまざまなお菓子を販売する洋菓子店です。地元産の野菜を使ったスイーツも販売しています。

中でも淡路島の玉ねぎを使った「玉ねぎサブレ」は、あめ色になるまでじっくり炒めた玉ねぎのうまみが後を引く逸品。素材の甘さを活かした「とうもろこしサブレ」、有機栽培のごぼうを使った「ゴボウと十穀のサブレ」も人気です。

ケーキなどの生菓子にも、プチトマトや根菜類などの野菜を使ったヘルシーなものがあります。おすすめは、根菜とチョコレートのマッチが楽しい「ゴボウのガトーショコラ」。ブラック&ホワイトのユニークなルックスも魅力です。

バラエティ豊かなスイーツが楽しめるアグリコールは、JR垂水駅から徒歩15分。バス利用の場合はバス停「霞ヶ丘5丁目」で下車して徒歩1分です。

やくみ野菜バル 百味

三宮駅北西口から徒歩3分。ビルの地下1階に入るワインバル「やくみ野菜バル百味」は、その名の通り野菜をたくさんいただけるヘルシー志向のお店です。

一押しメニューのバーニャカウダをはじめ、野菜をメインにしたフードメニューが充実しています。全国各地から取り寄せた厳選野菜と地元ブランドの神戸ポーク、それにおいしいワインで盛り上がれる居酒屋です。

お酒とおつまみがメインですが、デザートメニューとして「トマトのゼリー」や「にんじんのパウンドケーキ」など、季節のベジスイーツも取り揃えています。またベジスイーツだけでなく、果物と野菜を使った健康カクテル「ミクソロジーカクテル」などビタミン補給に有効なヘルシーメニューも。女子会にもおすすめです。

たまにはこんなヘルシーな居酒屋で、健康的にお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

昔から優れたスイーツ文化をもつ神戸の街。今回はその中でも、比較的話題にのぼることが少ないお店を選んでみました。

高架下のカフェ、住宅街の中洋菓子屋さん、健康志向の居酒屋……。個性的なお店には、個性的なおいしいベジスイーツがあります。

ぜひチェックしてみてください!

玉ねぎに含まれるアリシンで血液をサラサラに

玉ねぎはネギと同じユリ科の野菜で、血液をサラサラにする効果は有名です。

玉ねぎには独特の辛みと匂いの成分、硫化アリルの一種「アリシン」が含まれています。
アリシンは血液をサラサラにし、血流をよくする働きがあります。

血液がドロドロになったり流れにくくなると、免疫力の低下や体の疲れ、様々な病気に繋がります。

アリシンは、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らします。
そのため血小板などが固まってできる血栓をつくりにくくします。
血栓を防ぎ、血液が凝固しないよう血流を改善することで、動脈硬化の予防が期待できます。

またアリシンには強い抗酸化作用があるため、病気の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。
玉ねぎを食べることは、動脈硬化や脳梗塞だけでなく、様々な生活習慣病予防に役立ちます。

アリシンはニンニクにも多く含まれていて、疲労回復成分としても有名です。

玉ねぎの正しい栄養の摂取方法

玉ねぎは、腰高で硬く、ずっしりと重みがあるものを選びます。

生で摂取する場合、辛さを抑えるために水にさらしますが
玉ねぎに含まれる成分は水に弱いため、さらす時間は数分程度にします。

加熱調理した場合は、糖分が凝縮され甘味が強くなり、また旨味成分も発生します。

またアリシンは熱に弱い成分ですが、空気に触れることで加熱に強くなるといわれています。
調理前に、玉ねぎをカットした状態で20分程放置することをおすすめします。

玉ねぎを使ったベジスイーツレシピ

【たまねぎベーコンのマフィン】
朝食や昼食にもおすすめお食事マフィンの作り方です。

[材料]
タマネギ・・・1/4個
ベーコン・・・3枚
卵・・・Mサイズ1個
オリーブオイル・・・30g
豆乳・・・30ml
小麦粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・4g
塩・・・小さじ1/3
ブラックペッパー・・・適量

[作り方]

①タマネギは薄くスライスしておきます。
ベーコンは適度な大きさにカットしておきます。
小麦粉とベーキングパウダーはあわせてふるっておきます。

②フライパンに分量外の油を熱し、タマネギとベーコンを入れて炒めます。
しんなりしたら、冷ましておきます。

③ボウルに卵を割り入れてときほぐし、塩を入れて混ぜます。
豆乳とオリーブオイルを入れて、しっかりと混ぜ合わせます。

④ふるいっておいた粉類を入れ、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜます。
冷ましておいたタマネギとベーコンを入れ、同様に混ぜます。
粉っ気がなくなったらストップします。

⑤マフィンカップやココットなどの容器に八分目まで生地を入れ、ブラックペッパーを適量ふりかけます。
180℃に余熱しておいたオーブンで、約30分焼きます。

まとめ

ほとんどの家庭で常備されている玉ねぎ。
毎日色々な料理に加えることが出来て、調理しやすい主婦の味方です。

玉ねぎに含まれるアリシンの効果で、血管内皮機能を正常に保ち血流を良くすることで様々な病気を防ぎます。
健康的な体づくりのために、玉ねぎを日々の食事に取り入れることをおすすめします。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.