野菜を使ったヘルシースイーツ

ベジスイーツ.com

ベジスイーツ人気

ダイエット中も楽しめる!低カロリーなべジスイーツの魅力

投稿日:2016年11月9日 更新日:

べジスイーツはダイエット中の強い味方

「ダイエット中だけど、甘いものが食べたい」と思ったこと、ありませんか?美味しいものが好きだけど太りたくないというのは多くの女性が願うこと。そんな時に安心して食べられるスイーツがあるとうれしいですね。今回は低カロリーなべジスイーツがテーマです!

例えば一般に、いちごのショートケーキやアップルパイ、チーズケーキなどはサイズやメーカーにもよりますが、おおよそ350キロカロリー。モンブランやチョコレートケーキでは、400~500キロカロリーにもなると言われています。カロリーだけでなく、糖分や油分も多く含まれるのでダイエット中には怖くてとても手が出せません。

べジスイーツの場合だと、カロリーはどのくらいでしょう。東京のべジスイーツを扱うお菓子屋さん「dono(ドーノ)」の例を見てみると、「いちごとキノコのバルサミコロール」は1個164キロカロリー、「ストロベリーシフォンケーキさつまいもクリーム」は1個183キロカロリーと、先ほどの一般的なケーキの2分の1以下。カロリーだけでなく、油分や糖分も一般的なものより少ないのもいいところです。これなら、ダイエット中でも安心して食べられますね。

同じく東京にあるスイーツ店「麻布野菜菓子」では、夏になると夏野菜を使ったかき氷を提供しています。生のミニトマトを使ったソースとクリームチーズや練乳を組み合わせた「ミニトマトのかき氷」や「ナスと小豆のかき氷」「セロリのかき氷」など、種類も豊富。どんなお味なのか想像できないような、珍しいかき氷もあります。食べ応えのある大きなサイズですが、「氷=水」がベースなので低カロリーです。こちらのお店では他にも「野菜チップス」や「野菜のジャム」「野菜のゼリー」なども扱っているので、夏以外の時期に利用するのも良さそうです。贈答用のものやオンラインショッピングもできるので、健康を気遣う方への贈り物にもおすすめです。

簡単!低カロリーなべジスイーツレシピ

お店で購入するのもいいですが、自分で手作りすると材料や分量も分かって、ダイエット中の方も安心ですね。低カロリーなべジスイーツの代表と言えば、「ゼリー」でしょうか。今回は、トマトを使ったゼリーのレシピをご紹介します。

<材料(3~4人分)>

・完熟トマト500グラム

・粉ゼラチン5グラム

・きび砂糖 大さじ2

・レモン汁 小さじ1

<作り方>

  • トマトは一口サイズに切って、ミキサーかフードプロセッサーなどで細かく砕きジュース状にする。
  • 1の液体を300㏄になるように調整する。足りなければ、水を足す。
  • 鍋に2の液体とレモン汁、きび砂糖を加えて温める。
  • 沸騰したら火を止める。ゼラチンを加えてよく混ぜる。
  • 荒熱が取れたら、カップなどに注ぎ分ける。冷蔵庫で冷やしてできあがり。
  • まとめ

    野菜を使ったベジスイーツは、野菜本来の風味を活かしてつくるので、普通のケーキよりも低カロリーなことが多いようです。また、一口にべジスイーツと言っても、ケーキやタルトなどよりも、ゼリーやプリンなどを選ぶとよりカロリーが低くなる傾向があります。

    ダイエット中だからと言って甘いものを我慢するのはしんどいものですね。低カロリーのべジスイーツはそんな時の強い味方になりそうです。美味しくいただいて、楽しくダイエットを続けましょう!

    野菜スイーツの記事

    ベジスイーツ ベジスイーツ

    -ベジスイーツ人気

    Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.