ベジスイーツ人気 野菜ごとのスイーツレシピ

冷蔵庫で作れる!アイスやゼリーの作り方6選!

投稿日:2017年7月17日 更新日:

採れたてのトウモロコシの皮をむいて実をほぐし、特殊な機械で粒をクリーム状に細かくして缶詰にして熱を加えたコーンクリーム缶詰は、コーンポタージュスープやトウモロコシのシチューを作る時にとても便利な缶詰ですね。
コーンクリーム缶を鍋に移し、同量の牛乳を鍋に入れ温めて、塩コショウで味を調えるだけで美味しいコーンポタージュが出来上がります。寒い冬の朝食によく合う、簡単なスープです。このコーンクリーム缶を使って、夏の暑い時期にはトウモロコシのアイスクリームを作ってみませんか?
トウモロコシのアイスクリームは北海道のお土産スイーツとしてとても人気がありますが、北海道や限られたショップ以外ではなかなか手に入りません。そこで今回はトウモロコシのアイスクリームを自宅で手作りする方法を紹介します。

トウモロコシの栄養と効果

トウモロコシはメキシコやアメリカで栽培されていた野菜です。日本では北海道を中心に栽培されています。トウモロコシは食用と飼料用とがありますが、食用のトウモロコシはスイートコーン種と呼ばれる種類で、甘みが強く水分量が多いのが特徴です。トウモロコシは炭水化物の含有量が、野菜としてはとても多く、ビタミンB1、ビタミンB2なとのビタミン類と食物繊維も多く含有しています。健康効果としては、食物繊維が多いので、腸内環境を整え便秘を予防する作用があることと、胚芽部分にリノール酸が含まれていて、悪玉コレステロール値を下げる働きをする効果があります。

コーンクリーム缶詰を使ったアイスクリームの作り方

〇材料
コーンクリーム缶詰 1缶
生クリーム コーンクリーム缶詰の半量
牛乳 コーンクリーム缶詰の半量
砂糖 100g(お好みで加減してください)

〇作り方
1.材料をすべて大きめのボウルに入れ、ホイッパーでよく混ぜます。味をみて甘さを調節してください。
2.氷水をボウルの底にあて、全体を冷やすようにしながらゴムベラで混ぜます。とろみがついたら、ステンバットのような広くて薄く温度が伝われやすい容器にアイスクリーム液を入れ、冷凍庫で15分ほど冷やし固めます。
3.アイスクリーム液の周りの方が少し固まってきたら、大きめのボウルに移してゴムベラとホイッパーでよくかき混ぜて、また、ステンバットに移し、全体を平らにならして、もう一度冷凍庫へいれて、15分ほど冷やし固めます。これを4~5回繰り返すと滑らかなアイスクリームができます。
砂糖は上白糖やきび糖で作れますが、メープルシュガーや蜂蜜を使うと、トウモロコシの香りとメープルシュガーや蜂蜜の香りが加わって、楽しいアイスクリームになります。お試しください。

コーンクリーム缶のアイスクリームの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?トウモロコシのアイスクリームはべジスイーツの流行とともに徐々に知られるようになりました。
食物繊維は野菜とともに食生活で摂取しなければならない大切な栄養素ですが、お菓子やスナックには含まれていることが少なく、食生活が乱れていると摂取量が少なくなる栄養素と言われています。トウモロコシの粒が残っているコーンクリーム缶のアイスクリームなら、この食物繊維をデザートやお菓子として摂取できます。
トウモロコシの自然な甘さと、トウモロコシの懐かしいような香りは生クリームともとても相性が良く、コーンクリームの缶詰でとても簡単においしいアイスクリームが作れます。ぜひお家でコーンクリーム缶詰の簡単アイスクリームを作ってみてください。

お菓子が冷蔵庫で作れちゃう!

自宅で作れるお菓子というと、クッキーやケーキといった焼き菓子を想像することが多いと思いますが、そういったものはオーブンなどの特別な道具が必要になります。レンジはあるけど、オーブンはないという方もいるのではないでしょうか?

しかし、これからご紹介するレシピは冷蔵庫で作るものなので、自宅に調理器具・家電がなくともチャレンジしやすいです。

また、野菜を使ったレシピなので、野菜が苦手なお子さんにもぴったりです。

では次より冷蔵庫で作る野菜を使ったレシピを5つご紹介します。

冷蔵庫で作るお菓子の定番!野菜ジュースでゼリー

冷蔵庫で作るお菓子の定番と言えば、ゼリーですよね。野菜ジュースを使えば、手軽に作ることが出来ます。

野菜ジュース 200ml

オレンジジュース 100ml

ゼラチン 5g

水 小さじ2

①ゼラチンを水でふやかし、レンジで20秒加熱します。

②野菜ジュースとオレンジジュースをよく混ぜる。混ざったら、①を加えてよく混ぜる。

③②を型に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

オレンジジュースを入れることで、食べやすいゼリーになります。甘みも加わるので、甘味料は必要ありません。

にんじん系の野菜ジュースならオレンジジュースがいいですが、ぶどう系の野菜ジュースの場合は元々の甘みが濃いので、オレンジジュースの代わりに水で作っても大丈夫です。

冷蔵庫で濃厚なお菓子を!かぼちゃのババロア

ババロアは、ムースに似た冷たいお菓子です。かぼちゃと生クリームが濃厚な味わいを生み出します。

かぼちゃ 200g

牛乳 200ml

砂糖 60g

ゼラチン 5g

水 小さじ2

生クリーム 70ml

①かぼちゃは種を取って大きめに切って、鍋で柔らかくなるまで煮る。

柔らかくなったらお湯を切って、フォークなどを使ってよく潰す。

②ゼラチンを分量の水でふやかしておく。

③①に砂糖と牛乳をいれ、火にかける。砂糖が溶けたら火からおろす。

④②をレンジで20秒くらい温めて、ゼラチンを溶かしたら、③に加える。

⑤④をなるべく目の細かいザルなどで2回濾したら、とろみがつくまで冷蔵庫で冷やす。

⑥生クリームを8分立てにしたら、とろみのついた⑤を半量いれてよくかき混ぜる。

⑦⑥に残った⑤を全て入れてよく混ぜたら、型に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

牛乳は豆乳で作っても美味しくできます。また、最近は豆乳で出来た生クリームも入手しやすくなっているので、そちらを使用してもいいでしょう。

夏の定番お菓子になるかも!トマトシャーベット

冷蔵庫、というよりは冷凍庫で作るのですが、こちらも定番の冷たいスイーツです。

トマトジュース 100ml

サイダー 100ml

①トマトジュースとサイダーをジッパーバッグに注ぎ入れて冷凍庫に入れる。

②1時間おきに①を袋の上から揉む。好みの硬さになったら完成。

レシピ、と言えるかわからないくらい簡単です。サイダーを入れることで、ふんわりとしたシャーベットになります。また、サイダーの甘味料が甘さを出してくれます。

冷蔵庫で出来る異国のお菓子!里芋のティラミス

里芋でティラミス?!と思うかもしれません。食べるとビックリするほどティラミスです。

里芋(①の裏ごしした状態で) 250g

砂糖 100g

卵黄 1個分

ゼラチン 5g

水 小さじ2

生クリーム 100ml

ビスケット 8枚

ココアパウダー 適量

コーヒー(好みの濃さで) 大さじ1

ラム酒 大さじ1

お湯 大さじ5

①里芋を皮ごと洗ってラップに包んだら、竹串がスッと通るくらいまでレンジで加熱する。

加熱したら皮を外して、出来るだけ目の細かいザルなどで裏ごしする。

ブレンダーやフードプロセッサーで潰しても良い。

②ゼラチンを水でふやかして、レンジで20秒加熱する。

③①に砂糖と卵黄を入れてよく混ぜる。混ざったら、②と生クリームを加えてよく混ぜる。

④コーヒー、ラム酒、お湯を混ぜ合わせる。

⑤容器の底にビスケットを半量並べ、④をたっぷり塗ったら、③を半量のせる。

⑥⑤の上に残りのビスケットを並べ、④をたっぷり塗って残りの③をのせる。

⑦⑥を冷蔵庫で冷やし固めたら、仕上げにココアパウダーを全体にふる。

本来ならマスカルポーネチーズを使用して作るティラミスを、里芋で作ります。お子さんが食べる場合は、シロップのラム酒を抜いてください。

優しい味わいのお菓子といえば!にんじんのブラマンジェ

ブラマンジェは本来アーモンドミルクを使用した真っ白いスイーツです。今回は、牛乳とにんじんの優しい甘さが美味しい、ほんのりオレンジ色のお菓子になりました。

にんじん 100g

牛乳 500ml

片栗粉 大さじ6

砂糖 大さじ5

バニラエッセンス 適量

①にんじんを適当な大きさに切り、柔らかくなるまで茹でる。

②ミキサーに①と牛乳を少量入れ、なめらかになるまでよく混ぜる。

③鍋に②と残りの牛乳、砂糖、片栗粉を入れたら中火にかける。

ねっとりしてきたら弱火にして、よく練り混ぜる。

④全体に火が通ったら火を止めて、バニラエッセンスを加えてよく混ぜる。

⑤水で濡らした型に一気に入れて、冷蔵庫で冷やし固める。

ミキサー(フードプロセッサーでも可)を使用します。練り混ぜる時によく加熱しておかないと、完成時に口当たりが悪くなるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?今回は冷蔵庫で作れる、特別な調理器具の必要ないレシピを中心にご紹介しました。

冷蔵庫で作れるお菓子はほかにもたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気, 野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.