ベジスイーツ人気

ベジスイーツ~トマトのシャーベットとマフィン~

投稿日:2016年12月8日 更新日:

お菓子作りにトマト?でも、合うんです!

トマトには栄養がたくさん含まれていることをご存知の方は多いと思いますが、具体的にどれだけの栄養素が含まれ、どのように身体にいいのか知っていますか?トマトといえば、赤い色素のリコピンを豊富に含んでいることで有名ですが、このリコピン、生活習慣病予防にも役立ちます。それは、リコピンの持つ抗酸化作用が血管、血液の酸化を予防し、動脈硬化を防いでくれたり、悪玉コレステロールの酸化を抑えて、血液さらさらにし、体内で過剰に生産された活性酸素を除去し、細胞が傷つけられないようにしてくれるのです。その他にも、紫外線からの日焼けを防いでくれたり、胃に粘膜を張り、胃の不快感を取り除いてくれたり、疲労回復効果も期待できます。食事以外でも進んで摂りたい野菜の一つですよね。でも、このトマト、青臭いものもあり、味に癖があり苦手とする人が多いと思います。トマトをスイーツになんて、考えられないと思われがちですが、トマト特有の癖のある味を出来るだけ少なくして、みんなに喜んでもらえるスイーツにだってなれるんですよ。

トマトのシャーベット

[材料]

トマト     50g

グラニュー糖  15g

レモン汁    10g

粉ゼラチン   1グラム

[作り方]

トマトは切れ目を入れて、熱湯にさっと通して湯剥きをして、種を取る

細かく刻み、レモンのしぼり汁とグラニュー糖とゼラチンを混ぜて煮詰め(沸騰させないこと)、容器に流し込み、冷めたら冷凍庫に入れて、固める

固まったら、数回かき混ぜて器に盛って完成!

夏の火照った体を涼しくしてくれたり、さっぱりした味わいで、食後のデザートにおススメです。

トマトのマフィン

[材料]8個分

薄力粉       130g

ベーキングパウダー 小さじ1

卵(Lサイズ)   2個

砂糖        100g

はちみつ       20g

サワークリーム    50g

トマトペースト    50g

牛乳         30g

グレープシードオイル 30g

ドライトマト     30g

[作り方]

卵と砂糖、はちみつをよく混ぜ合わせる

サワークリーム、トマトペースト、牛乳、グレープシードオイルを混ぜる

ふるっておいた粉類をさっくり混ぜ込む

細かくしたドライトマトを混ぜ込み、カップ9分目くらいまで入れる

180度のオーブンで20分程焼いて出来上がり!

トマト特有の青臭さが消えて、甘いマフィンができます。

まとめ

トマトは野菜の中でも栄養価の高い野菜の一つです。トマトを食べると医者が青くなるといわれる程、栄養価が高く、リコピンを多く含み、生活習慣病予防も期待されています。そのため、毎日の食事に是非、取り入れたいものです。トマトはサラダやジュース、パスタのソースとしてだけでなく、お菓子作りにも取り入れることができます。ただ、癖のある味と、青臭さがあるため、ペースト状のものやドライトマトを使うとより、お菓子を作る幅が広がると思います。一押しは暑い夏に食べるトマトシャーベットです。疲労回復効果や、紫外線からお肌を守ってくれる効果もあるので、美味しく食べて身体に優しいので是非試してみてくださいね。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.