ベジスイーツ人気

美容に期待フワフワ野菜シフォンケーキ4選

投稿日:2017年4月25日 更新日:

シフォンケーキの歴史

今では家庭でも作って楽しまれているシフォンケーキは、皆さんが大好きなスイーツなのではないでしょうか。フワフワの食感と卵の風味がなんとも優しくておいしいです。
シフォンケーキは 1927 年にアメリカである女性の手によって生まれました。食感が絹織物のシフォンのようなのでシフォンケーキと名付けられました。油分はバターではなくサラダ油を使用し、卵白をメレンゲし生地にすることで新しいお菓子が出来上がりました。日本ではアメリカのレシピを習得した後に、 1976 年にレシピが完成し、現在に至ります。本場アメリカよりも日本の方が定着しつつあるお菓子の一つと言えます。

野菜の入ったシフォンケーキ

そのシフォンケーキですが、近年では野菜を使用したものを多く見かけるようになりました。色ももちろん鮮やかですが、栄養面でも嬉しいですね。実際にどのような野菜が使用されているのでしょうか。見てみましょう。

<千葉落花生シフォンケーキ>
千葉県は落花生で有名な地域です。その落花生を使用したシフォンケーキです。一口サイズのようなかわいらしいケーキが箱詰めされており、食べやすいです。口の中に入れると、落花生の香りが口いっぱいに広がります。中にはカスタードクリームが入っています。千葉のおみやげとしてもぴったりなお菓子です。

<小松菜のシフォンケーキ(ベジカフェ心)>
鮮やかな緑色がとても印象的です。ふわふわなのにしっとりしています。今にも崩れそうなほど繊細なケーキです。青菜の独特な香りや味も感じられません。ほどよい甘さのケーキを食べつつ野菜が摂れるのはうれしいです。小松菜と思えないほどのおいしさと食べやすさです。

<にんじんシフォン(横須賀シフォン)>
このシフォンケーキには人参約一本分が含まれています。βカロチンが豊富な人参を一本も使用しているのは珍しいのではないでしょうか。横須賀産の人参をジャムにし、甘さを残しています。この自然の野菜の甘さを生かしたシフォンケーキなので人気も高いです。人参のオレンジ色も綺麗なので、見るのも楽しいです。人参嫌いなお子さんでも喜んで食べられるようなケーキです。

<シフォンケーキトマト>
ふわふわなケーキを口に入れると、爽やかな酸味が口一杯に広がります。ほんのり赤い色をしたそのケーキは当日より翌日の方が味がしみ込み、より一層おいしくなります。リコピンたっぷり女性に嬉しいケーキです。

シフォンケーキを楽しんで

いかがでしたでしょうか。様々な野菜を使用したシフォンケーキがありました。他にもかぼちゃやさつまいもなども見ることがあります。
甘みのある加工しやすい野菜だけにとどまらず、小松菜やトマトなどのシフォンなどもありました。普通に食事として摂取するのにも、量も食べられず好き嫌いも出やすいものですが、やはりそこはお菓子の力です。食べにくいものすら食べやすくおいしいものに変身させてしまいます。
また、最初にも述べましたがシフォンケーキは家庭で作れるので、調理しやすそうな、そして自分の好きな野菜から作ってみるのが楽しいでしょう。好きな野菜をより美味しく食べられるのは幸せですね。
皆さんも色んな形でシフォンケーキ楽しんでみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.