ベジスイーツ人気

マドレーヌの作り方の基本と美味しく焼くコツ

投稿日:2016年12月19日 更新日:

色鮮やかなマドレーヌを作ってみよう!

日頃のおやつ作りに、友人宅へのお土産に、持ち寄りパーティーに・・・。マドレーヌは洋菓子の中でも比較的手軽に手作りしやすいお菓子で、その可愛らしい品の良い形から、素敵なラッピングを施すことで、プレゼントになったり、ちょっとした集まりに持っていきやすいお菓子です。通常のマドレーヌは、生地の色そのままですが、野菜のペーストを少し入れることにより、野菜の栄養が入った、見た目も鮮やかなマドレーヌが出来上がりますよ。最近では、100均で様々な可愛いラッピンググッズを売っているので、色鮮やかなマドレーヌに似合う素敵なラッピングを使って、見た目もお洒落なマドレーヌを焼いてみましょう!

野菜入りマドレーヌを焼くコツ

マドレーヌの作り方はいたってシンプルです。基本的な作り方は・・・

(材料)5×8cmのシェル型12個分

卵・・・2個

粉糖・・・80g

バニラエッセンス・・・少々

薄力粉・・・70g

ベーキングパウダー・・・小さじ¹/₂

バターまたはマーガリン・・・70g

(作り方)

卵を室温に戻す

型に溶かしたバター又はマーガリン(分量外)を刷毛で塗って、強力粉(分量外)をふり、余分をはたいておく

卵を泡立て器でほぐし、粉糖を入れてすり混ぜる

バニラエッセンスを加え、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら入れて、よくかき混ぜる

バターを電子レンジで加熱して溶かす

卵や粉が入ったものに、溶かしたバターを加えムラがなくなるまでよく混ぜる

できた生地にラップをして、半日休ませる(生地が馴染んでより美味しくなります)

スプーンで型の8分目まで流し入れて、180℃に温めておいた、オーブンで20分焼き、竹串で外してできあがり!

野菜を加える場合は、人参、ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、さつま芋のペーストを少量加えて味をみてください。甘さが足りない場合は、お砂糖かはちみつを足して味の調節をしましょう。

使う野菜の処理はしっかりと

マドレーヌ作りだけでなく、野菜をスイーツ作りに使う場合は、食事の準備で調理するのと同じで、しっかり野菜の処理をしましょう。ほうれん草や小松菜などの葉物にはあくがあるため、加熱して、冷水に浸し、あくを取り、水分を切ってミキサーに掛けたり、小さく刻んで、お菓子の生地に混ぜ込みます。人参は、摩り下ろしても使えますが、人参独特の味が気になる場合は、茹でてやわらかくし、潰したものを少量入れてみて下さい。かぼちゃやさつま芋は、加熱することで、しっとりと柔らかくなりますので、すり鉢やボウルに入れてめん棒で軽く潰すとペースト状になります。野菜の調理の仕方を理解して、ベジスイーツを作ってみましょう!

まとめ

マドレーヌは洋菓子の中でも、気軽に家庭で手作りし楽しめるお菓子の一つです。上品で可愛らしい形から、日頃のおやつにしても人気があると思いますが、100均などで売っている可愛くてお洒落なラッピングを施すことで、友人宅へのお土産に、持ち寄りパーティーの1品としてに持って行っても喜ばれますよ。マドレーヌの生地に、さつま芋や、人参、かぼちゃ、ほうれん草などの野菜のペーストを少量混ぜて焼くだけで、彩り鮮やかで、野菜の栄養たっぷりのスイーツになりますよ。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.