ベジスイーツ人気

住みたい街No.1吉祥寺、人気のべジスイーツが勢ぞろい

投稿日:2016年10月17日 更新日:

住みたい街No.1の吉祥寺の、人気べジスイーツとは

おしゃれな街並みが続く吉祥寺は、東京周辺住みたい街ランキングNo.1に輝いたエリア。人気の主な理由は、「交通の便が良い」「自然や公園が多い」ことに加えて、「美味しいレストランやショップなどが多い」ことだそう。

人気の街・吉祥寺ですが、実は美味しいスイーツ店が軒を連ねる「スイーツ店激戦区」でもあるのです。洋菓子も和菓子も、冷たいスイーツも温かいスイーツも色んなタイプのお店が出店していて、その日の気分やその人の好みに合わせたお店選びも楽しめます。

そんな吉祥寺でも、野菜を使った「べジスイーツ」がいまブームになっています。例えば、和カフェ「茶の愉(ちゃのゆ)」で食べられる、数量限定の和スイーツメニュー「茶のこ ~富士抹茶フォンデュ~(ドリンク付きで1800円)」。季節の野菜(れんこんなど)や果物などを、ほのかに温かい濃厚な抹茶のチョコレートソースにくぐらせて食べるというもの。濃厚なカカオの風味と、野菜や果物などの素材の味が絶妙なコラボレーションです。

マクロビオティック店のべジスイーツも絶品

食への関心が高い吉祥寺エリアには、玄米菜食を主とする「マクロビオティック」やベジタリアンのお店も比較的たくさんあります。例えば、マクロビオティックの書籍を複数執筆されている奥津典子さんプロデュースの「ORGANIC BASE~風土と食べると台所」~も吉祥寺に拠点を構えています。こちらでは食やマクロビオティックに関するセミナーや、料理教室などが定期的に開催されています。

また、マクロビオティックレストランのべジスイーツは、甘みも自然なものを使っていて、より野菜素材の味を楽しめると密かに人気があります。例えば、「ゴボウとカカオを使ったマフィン」や「蓮根のビスコッティ」など。砂糖たっぷりのお菓子の味に慣れていると、最初は物足りなく感じるかもしれませんが、よく噛んでいるうちに風味がじんわりと味わえます。

せっかく吉祥寺に足を運んだら、ぜひマクロビオティックやベジタリアンのお店でべジスイーツを楽しむのも良いかもしれません!

マクロビオティックの簡単べジスイーツ「濃厚ブラウニー」

バターやチョコレートなど砂糖と油分たっぷりの濃厚なブラウニーも美味しいですが、たまには素材の味を活かしたヘルシーなブラウニーはいかがでしょうか?マクロビオティックの考え方をもとに、簡単に作れるレシピです。アボガド・長芋・バナナなど、「ねっとり」「ねばねば」系の素材を使って作ります。ヘルシーでとっても食べ応えのあるブラウニーです。

キャロブパウダーはイナゴマメを乾燥させてパウダーにしたものです。マクロビオティックではカカオの代用としてよく使われますが、無ければカカオパウダーを使ってもかまいません。

<材料(作りやすい分量)>

・長芋 8~10㎝(80~100g)

・バナナ1/2本

・アボガド1/2個

・黒糖大さじ2

・キャロブパウダー(無ければカカオパウダーでもOK)大さじ1~2

・全粒粉60g

<作り方>

1.粉はざるなどでふるっておく。

2.バナナとアボガドは、フォークの背などでつぶす。長芋はすりおろす。

3.ボウルに全ての材料を入れて、滑らかになるまで混ぜる。

4.オーブンの天板にクッキングシートなどを敷き、3の生地を流す。厚さ1センチを目安に、表面を平らに整える。(オーブンは予熱しておく)

5.180度のオーブンで、25~30分加熱する。竹串などを刺し、何も付いてこなければ出来上がり。1~2センチ幅に切り分ける。1本ずつラップなどに包み半日ほどおくと、しっとり感が増す。

まとめ

おしゃれで人気の街・吉祥寺には、気になるべジスイーツのお店もたくさんありました。ヘルシーなベジスイーツなら、ランチをした後にそのままスイーツを楽しむというのも良さそうですね。テイクアウトができるお店も多いようなので、ぜひ利用してみたいです。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.