ベジスイーツ人気

人気!新宿と福岡のベジスイーツ

投稿日:2017年5月12日 更新日:

一日の乗降客数世界一、ギネスにも認定された巨大駅・新宿。乗り換えやお買い物に、日常的に利用している方も多いことでしょう。

そんな新宿でベジスイーツをいただくなら、おすすめはデパート内のお店です。

「買い物途中で利用できる」をテーマに、デパート内限定でベジスイーツが食べられるお店をまとめてみました。

小田急百貨店でいただく個性派ベジスイーツ!

小田急本館2階の「カフェ・ナチュレ」は、有機コーヒーとパンケーキをサービスするカフェスタイルのお店です。

メニューは季節ごとに変わりますが、おすすめ定番メニューは自家製グラノーラをふんだんに敷き詰めたグラノーラシリーズのラインナップ。ヘルシーで腹持ちがよく、ダイエット中でも食べられそうです。

お食事系のパンケーキ「ひよこ豆といんげんのパンケーキ」「彩り野菜と温泉卵のポテトパンケーキ」も人気。風変わりなスイーツとしても、小腹がすいたときのスナックとしても楽しめる味です。

また、12階レストラン街にある牛たんと和牛焼き「青葉」では、デザートメニューとして「青葉ずんだもちバニラアイス添え」を販売中です。本場のずんだもちを味わうチャンスです!

ずんだはおうちでも手軽に作れるスイーツですが、やはり一度は本物の味を楽しみたいもの。手作りベジスイーツ派の方も、きっと満足するはずです。

新宿伊勢丹内の野菜中心カフェ2店♪

新宿伊勢丹で野菜専門店といえば、まずはマクロビオティックの名店「チャヤマクロビ」。本来はお食事を楽しむお店ですが、コースのデザートとして卵・乳製品不使用のスイーツを各種取り揃えています。

旬の素材にこだわるマクロビの専門店らしく、季節に合ったスイーツが楽しめます。今の時期なら、一押しは「和栗のモンブラン」。スパイシーなしょうがの風味を効かせた「アップルジンジャーパウンドケーキ」もこの時期のおすすめです。しょうがのポカポカ効果をぜひ味わってみてください。

チャヤ・マクロビは新宿伊勢丹本館7階、レストラン街「イートパラダイス」内です。

ところ変わって地下2階に下りると、「HATAKE CAFE(ハタケカフェ)」があります。

ハタケカフェは、野菜料理専門レストラン「HATAKE AOYAMA」がプロデュースする野菜中心カフェです。軽食メニューからスイーツ、ドリンクまで新鮮野菜を使ったものばかり!

ドリンクでは生産者の顔が見える野菜ジュースがおすすめ。「北海道宍戸さんの飲むトマトピューレ」「神奈川県山森さんの人参ジュース」など、生産者を知ることで野菜が身近に感じられます。

ほかにも「自家製林檎コンポートのヨーグルトMix」や「かぼちゃラテ」など、個性的なドリンクが楽しめます。

新宿高島屋タイムズスクエアで楽しむ、和洋のベジスイーツ♪

和洋のベジスイーツを楽しめるのが、高島屋の特徴。

「和スイーツ」がいただけるのは、12階レストラン街の「椿屋茶房」です。

旬の果物や野菜を使った季節のタルト、季節の和三盆シフォンスイーツなどのほか、通年でいただける「スイートポテトのソフトクリームサンデー」が人気。ソフトクリームにスイートポテトと甘く煮た角切りのさつまいもが乗った、食べごたえ十分のパフェです。ボリュームはかなりあるので、ダイエット中の方はご注意を。

同じく12階レストラン街にあるジェラートのお店「ドナテロウズ」では、個性的なフレーバーのジェラートが楽しめます。

こちらでは秋限定のフレーバーとして、定番のかぼちゃが登場。濃厚な味わいがお店自慢のエスプレッソとよく合います。

季節限定品なので、販売期間などの詳細はお店の公式サイトなどでご確認ください。

まとめ

みんな大好きなデパート内のレストラン。子どもの頃は、親に連れられて行くデパートのレストランは特別な場所でした。大人になっても、デパートの最上階が大好きという方は少なくありません。

そんなレストランの中でも、おすすめの楽しい&ヘルシーなお店を集めてみました♪

買い物に疲れたら、ベジスイーツで野菜のパワーをもらいましょう!

福岡といえば、おいしいものがたくさんあることで有名です。

食にこだわる福岡は、野菜の栽培にも力を入れています。とくにレタスや春菊など葉野菜の栽培が盛ん。ほかにもブランド野菜の「博多なす」、新しい品種のトマト「博多桃太郎」を積極的に売り出すなど、地元の野菜に対して関心が高い土地柄です。

そんな福岡で、ベジスイーツが楽しめるお店を探してみました!

普段から食の安全に気を遣う方にもおすすめです。

エヴァダイニング

最初にご紹介するのは、マクロビカフェの名店「エヴァダイニング」です。

野菜中心のマクロビオティックはベジスイーツとも好相性です。しかも厳選した材料で作られる料理は体に優しくローカロリー。マクロビ派でなくても食べたくなる、いいこといっぱいのヘルシーフードです。

博多では、オーガニック食品といえば8割以上の方が「エヴァ」と答えるそうです。

ことの真偽はともかく、エヴァダイニングが福岡におけるオーガニック食品店の草分けであることは確かなようです。エヴァは、もともとマクロビオティックのお料理教室から出発したお店。現在ではマクロビ・レストランとテイクアウト形式のデリ、お弁当の宅配事業など多彩な展開を行っています。

博多区の中心、博多リバレインモールの1階「マクロビオティックカフェ エヴァダイニング本店」では、マクロビオティックの理論に基づいた料理とデザートが楽しめます。

気になるスイーツはマフィン、スコーン、ケーキなど焼き菓子を中心としたラインナップ。内容は季節によって変わります。野菜と果物をたっぷり使ったスイーツがいただけますので、ぜひチェックしてみましょう。

すばらしき仲間たち

西鉄天神大牟田線の大橋駅から徒歩2分。イタリアン居酒屋「すばらしき仲間たち」は、居酒屋なのにベジスイーツがいただける珍しいお店です。

モンブランやタルトなど、季節によって変わるおいしいケーキが楽しめます。女子会にも人気とあって、スイーツは本格的なものばかり。時期によりますが、野菜を使ったスイーツもあります。

とくに、クリームがたっぷりかかった大きなかぼちゃプリンは大人気の一品。登場したらあっという間に売り切れてしまうというかぼちゃプリン、食べられたら超ラッキーです!

ランチ営業もしていますので、お酒を飲まない方もぜひどうぞ。

無添加食品スーパー マキイ

スーパーマキイは、自家農園で農薬を使わずに栽培された野菜とお米を中心に、伝統的な製法で作られた調味料や自家製のパン・ケーキなどの安全な食品を販売する総合スーパーです。

食品販売のほかにも自然派料理教室を主催するなど、積極的に食の安全にかかわっていこうとする姿勢に好感が感じられます。

注目は安全素材だけを使った自家製のケーキ。時期によって紫いもや栗などのベジスイーツも登場します。「おいしさは素材の質が8割、味付けは2割」と言い切るほどの圧倒的な素材へのこだわりで作られるベジスイーツ、一度は味わってみたいものです。

なお、一部の商品はオンラインショップでも販売中。遠方からでも気軽に注文できます。

アクセスは西鉄天神大牟田線西鉄平尾の駅からバス利用、南山荘通りより徒歩1分です。

まとめ

福岡でヘルシーなベジスイーツがいただけるお店をまとめてみました。

マクロビカフェから居酒屋、スーパーまで意外なお店がそろいました。さすがというべきでしょうか、まさに、福岡の食の多彩さを再確認するような結果です。

皆さんもぜひ、福岡のベジスイーツを味わってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.