ベジスイーツ人気

枝豆やリンゴを使った高血圧予防スイーツレシピ!

投稿日:

枝豆と言えば、居酒屋でお通しとして塩をまぶした冷えた枝豆としていただいたり、スナック菓子になっていたりというイメージが強い野菜です。夏場にビールとの相性は最高ですよね。この枝豆は実は実成熟で青い大豆を収穫したものなのです。そのため非常に多くの栄養を含んでいます。

枝豆に含まれる栄養と健康効果

枝豆は大豆なので豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った栄養価が高い野菜と言えます。
まず挙げられるのはビタミン類です。特にビタミンB1が豊富です。ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。ビタミンCはしみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成を助ける働きがあることから、美肌やアンチエイジングの効能があります。体内で作ることができない栄養素ですので、積極的に摂取する必要があります。
枝豆は大豆としての栄養素も持ち合わせています。タンパク質が多く含まれることから畑の肉といわれる大豆ですが、同じ植物である枝豆も、タンパク質や脂質を多く含んでいます。 特に枝豆のタンパク質にあるメチオニンはビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助ける働きがあり、飲み過ぎや二日酔いを抑える働きがあるそうです。
大豆に多く含まれるイソフラボンも枝豆から摂取できます。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つ成分で、女性に特有のさまざまな不快な症状を和らげてくれることがわかっています。
またカリウムも豊富です。カリウムには、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持調整する働きがあり、生命維持活動の上で欠かせない役割を担っています。また、ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。更に腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きもあるといわれています。利尿作用があることから、むくみの予防にも効能があります。さらに血圧の上昇を抑えてくれる働きがあるので、高血圧の予防に効果があります。

枝豆を使ったベジスイーツ

このように多くの栄養を含む枝豆ですが、より気軽に枝豆を食べていただけるよう、本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、枝豆のアイスクリームをご紹介します。

マシュマロを使った枝豆アイスクリーム

[材料]

枝豆(さやなし)…200g
マシュマロ…100g
牛乳…100ml
生クリーム…200ml
黒蜜…あれば

[作り方]

1.枝豆を茹で、さやからだしておく。
2.耐熱ボウルにマシュマロと牛乳を入れてラップをかけ、500wの電子レンジで1分ほど加熱する。取り出してよく混ぜ、粗熱をとる。
3.1・2をフードプロセッサーにいれよく撹拌する。ボウルに流し入れ、粗熱をとってから生クリームを加え、泡だて器でしっかり混ぜ合わせる。
4.3を容器に移し、冷凍庫に入れる。1時間~2時間おきに取り出して、全体をスプーンでかき混ぜるという工程を3回ほど行う。
5.その後しっかりと冷やして完成。

[注意]
※2のマシュマロは完全に溶かしきらなくても大丈夫です。

非常に簡単なレシピなので、この機会にぜひお試しください。

手亡豆とは手亡は白い種皮色を持つ小粒のいんげんまめで、読み方は「てぼう」です。手亡より大粒の大福豆や白金時豆など他の白色のいんげんまめの銘柄とともに「白いんげんまめ」と総称されることもあります。まだまだなじみのない野菜ですが、実はこの手亡豆には非常に多くの栄養が含まれている、素晴らしい野菜なのです。

手亡豆に含まれる栄養素と健康効果

まず挙げられるのはビタミン類です。特にビタミンB1が豊富です。ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。ビタミンCはしみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成を助ける働きがあることから、美肌やアンチエイジングの効能があります。体内で作ることができない栄養素ですので、積極的に摂取する必要があります。

豆としての栄養素をしっかり持ち合わせています。手亡豆はタンパク質や脂質を多く含んでいます。 特にタンパク質にあるメチオニンはビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助ける働きがあり、飲み過ぎや二日酔いを抑える働きがあるそうです。

大豆に多く含まれるイソフラボンも枝豆から摂取できます。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つ成分で、女性に特有のさまざまな不快な症状を和らげてくれることがわかっています。

またカリウムも豊富です。カリウムには、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持調整する働きがあり、生命維持活動の上で欠かせない役割を担っています。また、ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。更に腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きもあるといわれています。利尿作用があることから、むくみの予防にも効能があります。さらに血圧の上昇を抑えてくれる働きがあるので、高血圧の予防に効果があります。

手亡豆を使ったベジスイーツ

このように多くの栄養を含む手亡豆ですが、まだまだレシピの数が少ないのが現状です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、だれでも気軽に手亡豆を楽しんでいただける究極のレシピをご紹介します。

りんごと手亡豆の寒天

[材料]

手亡豆…150g

りんご…250g

りんごジュース…320g

レモン汁…10g

寒天粉…4g

[作り方]

1.手亡豆を軽く水であらい、ボウルに入れみずで浸してから一晩おく。

2.1を取り出し浸し水ごと鍋に入れ、柔らかくなるまで煮る。

3.別の鍋に適当な大きさに切ったりんご、りんごジュース、レモン汁と2を入れ、強火にかけ沸騰させる。

4.沸騰してきたら中火に落とし、りんごが透明になるまで煮る。

5.寒天粉を入れて素早く混ぜる。一煮立ちしたら火を止める。熱いまま容器に入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やして完成。

りんごジュースは濃縮還元のものよりも、なるべく生に近い果汁100%のものを使うことをおすすめいたします。工程が驚くほど簡単で、比較的短時間で作れるレシピですので忙しい主婦の方でも簡単にチャレンジしていただけます。この機会にぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.