ベジスイーツ人気

栄養・健康効果の高いパセリと明日葉のベジスイーツ!

投稿日:

パセリはセリ科オランダゼリ属の香草です。原産地はヨーロッパの地中海沿岸で、日本へは18世紀ころ伝わりました。長崎の出島にオランダから持ち込まれ、明治時代の頃から栽培されるようになったと言われています。
パセリは主に肉料理の色どりとして添えられることが多く、主材料として使うことはあまりない食材です。しかし、パセリの栄養はとても豊富で、ビタミンやミネラルなどが多いことに加え、昔は薬用に用いられ、胃腸に効果があると言われてきました。また、パセリの爽やかな香り(ピネン)は口の中をさっぱりとさせる効果があり、口腔内の衛生のために用いられてきたハーブの一つです。
今回は、栄養がトップクラスなのに、普段は添え物となっているパセリを使った彩の美しいパセリのスイーツを紹介します。

パセリのトップクラスの栄養とは

パセリにはビタミンCが100gに200mgと、とてもたくさん含まれています。この数値は野菜や果物の中でもトップクラスです。また、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンも多くニンジンと同じくらい含有しています。そしてミネラル類も豊富でカリウム、カルシウム、鉄分などが含まれています。その他にも食物繊維や葉緑素(クロロフィル)などもあり、添え物だからと言って食べ残してはもったいない栄養の宝庫です。

パセリの効果効能は

パセリはビタミンCやポリフェノールの働きから美肌効果が期待できる食材の一つです。また、抗酸化作用が強いので、アンチエイジングの効果も期待できます。そして、パセリの爽やかな香りを作り出しているピネンは芳香成分の一種で青じそ、ローズマリー、グレープフルーツ、レモンなどにも含まれる成分です。殺菌効果による風邪の予防や口腔内の衛生を保ち口の中をさっぱりとさせるために使うことができます。
パセリには鉄分やカルシウム、カリウムなどのミネラルも野菜の中ではトップクラスなので、貧血予防や冷え性改善にも効果が期待できるハーブの一つと言えます。
ただしハーブの一種ですので、妊娠中に摂取すると子宮に刺激を与えることがあるそうです。妊娠中や授乳中には避けた方が良いハーブの一つと言われています。注意しましょう。

パセリの種類

パセリには葉先が縮れて細かくなっているモスカールドパセリと葉が大きめで縮れがなく香りが穏やかなイタリアンパセリの2種類が多く出回っています。
よく見かけるのはモスカールドパセリの方で、料理の彩り用に使われ、イタリアンパセリはサラダやスープに散らして食されることが多いようです。

栄養万能なパセリを使ったべジスイーツのレシピ

パセリは彩がとてもきれいなので、焼き菓子などに加えると生地が緑色になってとてもキレイです。また、砂糖との相性も良く、パセリ独特の苦みが緩和されるので、とても食べやすくなります。クッキーやスコーン、マフィンやパンケーキなどに加えるとパセリの香りがコクになってとても美味しくなります。

パセリクッキー
〇材料
・小麦粉 150g
・砂糖 70g
・塩 少々
・パター 70g
・牛乳 小さじ1~2
・パセリ 20g

〇作り方
1.バターを室温で柔らかくします。
2.パセリをみじん切りにします。
3.バターをホイッパーでよく混ぜ、白っぽくなったら砂糖を加えよくすり混ぜます。
4.塩と小麦粉を加えゴムベラで切るように混ぜ、粉っぽさがなくなったら、牛乳と2のパセリを混ぜ、全体にむらがなくなったら、一つにまとめて冷蔵庫で30分ほど冷やします。
5.少し硬くなった生地を綿棒で伸ばしてクッキー抜き型で抜くか、円柱型に形を整えてナイフでカットしてクッキーの形に整えます。
6.オーブンを180℃に予熱して、12~18分色よく焼き上げれば出来上がりです。

栄養素がトップクラスの野菜パセリのお菓子のまとめ

パセリは彩も良く、一年中出回っている便利な野菜です。そしてその栄養は野菜の中ではトップクラスを誇るほど優秀なものです。ぜひべジスイーツの材料として取り入れて、パセリをもっと食べるように工夫しましょう。

明日葉の豊富な栄養素と強い生命力が健康維持に最適

明日葉は数少ない日本が原産の野菜で、セリ科の植物です。
成長が早く「今日芽を摘んでも明日にはまた新芽が伸びている」といわれ、明日葉と名づけられました。
その生命力の強さから、昔から「不老長寿の妙薬」とされています。

明日葉にはβカロテンやビタミン類、ミネラル類など有能な栄養素が豊富に含まれています。
ビタミンB12以外のほぼすべてのビタミンB群が含まれていて、
健康的な皮膚、髪、爪など作るためのビタミンB2が特に多く含まれています。
またβカロテンは体内でビタミンAに変換され、強い抗酸化作用があり免疫力を高めます。

葉や茎を切ったときに出てくる汁には、明日葉特有のポリフェノールの一種
フラボノイドの「カルコン」や「クマリン」が多く含まれています。
カルコンは非常に強い抗酸化力を持ち、動脈硬化の予防や糖尿病の予防などに役立ちます。

そのほか、カリウムによって余分なナトリウムを体外へ排出することで
高血圧の予防、手足のむくみ改善にも効果があります。
またクマリンとルテオリンの利尿作用によっても、むくみ改善に役立ちます。

食物繊維によって便秘の解消、ビタミンAによる美肌効果や、
骨粗しょう症の予防、認知症を改善するなど
明日葉にはとても多くの健康効果が期待されています。

明日葉の選び方、調理方法

明日葉は、葉が鮮やかな緑色でみずみずしいもの、茎が細く柔らかいものを選びます。
水をふくませた新聞紙でくるみ、袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てるようにして保管します。

下茹でして水にさらすことで、独特のにおいとアクがぬけて食べやすくなりますが
ビタミンCなどの栄養素が水に溶けてしまうため、短時間で処理する必要があります。
また油と一緒に調理することで、βカロテンの吸収率がよくなります。

明日葉で作る簡単ベジスイーツ

【あしたばとバナナのパンケーキレシピ】
離乳食や、お子様のおやつとしても栄養満点のパンケーキです。

[材料]
バナナ・・・1本
小麦粉・・・50g
砂糖・・・10g
ベーキングパウダー・・・3~5g
明日葉パウダー・・・小さじ1
牛乳・・・40ml
サラダ油・・・適量

[作り方]

①バナナは適度にカットしたあと、フォークなどで潰しておきます。
牛乳も入れて混ぜます。

②小麦粉とベーキングパウダー、明日葉パウダーはあわせてふるっておきます。

③潰したバナナと牛乳に、砂糖とふるっておいた粉類を入れてさっくりと切るように混ぜます、

④熱しておいたフライパンかホットプレートに油をうすくひき、
おたま1~1.5杯分くらいを流し入れます。

⑧弱火でじっくりと焼き、ホットケーキの要領でぷつぷつと穴があいてきたらひっくり返します。
両面に焼き色がついたら出来上がりです。

※①~③までの工程は、ミキサーやブレンダーなどですべて混ぜてもOKです。
砂糖はバナナの甘さに合わせて調節し、お好みでお召し上がりください。

まとめ

明日葉は健康効果の高さから、ケールなどと同じように青汁に使用されています。
また粉末状にされたものも多く販売されています。

人間に必要なビタミン類がとても多く、またバランス良く含まれている明日葉。
積極的に摂取することで、日々の健康管理のサポートに最適な野菜です。

栄養バランスの王者、アシタバ

アシタバとは伊豆諸島原産の植物です。「今日積んでも明日にはもう芽が出てくる」という強い生命力が名前の由来になっており、アシタバを多食していた伊豆諸島の人々が長寿であったことから、別名長寿草とも呼ばれています。
アシタバは食物繊維や各種ビタミンを初めとするあらゆる栄養素が満遍なく含まれているのが大きな特徴であり、特に食物繊維、リン、ビタミンB2、ナトリウムはトップクラスの含有量を誇ります。造血ビタミン、と呼ばれるビタミンB12も豊富で、貧血に悩める女性には、一定の効果が期待できます。

アシタバを使ったスイーツで健康改善

このように、魅力がたっぷりつまったアシタバですが、なかなか日々の食卓に取り入れるのは難しいですよね。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、誰でも気軽に無理なくアシタバの栄養素を摂取できるレシピをご紹介いたします。

アシタバの豆腐ドーナツ

アシタバならではのほろ苦さと鮮やかなグリーンを活かし、また子供からお年寄りまで誰の口にも合うようレシピとして、アシタバ入りのドーナツが最適です。豆腐(おから)をある程度混ぜることでカロリーを控えめにし、ダイエット中の女性にも安心して食べていただけます。
また、本レシピでは工程をなるべく簡単にするため、アシタバを粉末状にしたアシタバパウダーを使用します。

[材料] (直径4cm×12個分)

■ドーナツ
豆腐…300g
おから…200g
砂糖…大さじ3
塩…少々
薄力粉…150g
ベーキングパウダー…小さじ1/2
明日葉パウダー…小さじ2
揚げ油…適量

■ 仕上げ用
明日葉パウダー…小さじ2
粉糖…20g

[事前準備]

薄力粉、ベーキングパウダー、アシタバパウダーを合わせてふるっておく。

[作り方]

1.ボールに豆腐とおからと砂糖を合わせて混ぜる。
2.1に塩と粉を振るい入れ、練らないように混ぜてまとめる。
3.生地を丸めて中心に指で穴を開けて形を整え、カットしたクッキングシートの上にのせる。(直径4㎝くらいの大きさ)
4.170°Cの油できつね色くらいになるまで揚げる。
(シートのまま投入し、少し色付いたところでシートを外す)
5.粗熱がとれたら、ビニール袋に入れたアシタバパウダーと粉糖をまぶして出来上がり。

[注意]

*非常に簡単なレシピですが、全ての材料を混ぜ合わせた2の時点で練ったりこねたりすると、出来上がりの食感が固くなってしまいます。まとまりが悪い場合は多少こねても良いですが、最低限の回数にして下さい。
*ドーナツは揚げる段階でかなり膨らみますので、3で成形した時点では、少し小さいくらいで結構です。
*このレシピでは抹茶ケーキほど緑色にはなりません。緑色を濃く出したい場合は、アシタバパウダーを増やして調節してください。
*アシタバパウダーが手に入らない場合は、アシタバを良く粗い電子レンジで乾燥させ、フードプロセッサーなどで細かい粒状にしたものを用いて下さい。

アシタバに豆腐とおからが加わることで、整腸作用も期待でき、まさに一石二鳥のスイーツです。甘いものが苦手な方にも楽しんでいただけますので、この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.