ベジスイーツ人気

ベジスイーツ~小松菜シフォンケーキ~

投稿日:2016年12月8日 更新日:

女性に嬉しい栄養素がたっぷり入った小松菜でベジスイーツ作り

小松菜はほうれん草に比べて栄養価がやや劣ると言われていますが、鉄分含有量はほうれん草より多く、貧血になり易い女性や妊娠中の女性を中心に毎日の食事に取り入れたい野菜の一つです。この小松菜は、やや青臭く苦みもあり、スイーツ作りに適していないと思われるかもしれませんが、ケーキのスポンジに練りこんだり、甘い果物と一緒に使うことで、美味しいスイーツの材料になります。そのバリエーションは意外と多く、また、簡単に作れるということもあって、成長期のお子さんのおやつ作りや、テイータイムの家族のためのお菓子作りに大いに役立ちますよ。また、小松菜の緑は、彩り豊かなスイーツ作りに適しているため、栄養満点で美味しいスイーツ作りにどんどんチャレンジしてみましょう。

再確認!小松菜の栄養価

小松菜は栄養価が高いと言われますが、実際どういった栄養素が含まれているのでしょうか?小松菜はほうれん草と比べるとその栄養価は若干劣りますが、それでも、栄養価の高い緑黄色野菜の一つです。ビタミン、ミネラルを非常に多く含み、β-タカロチンも豊富に含みます。このβータカロチンは抗発がん作用、免疫賦活作用があり、その他にも体内でビタミンAに変換されて髪の健康維持や視力の維持、粘膜や皮膚の健康の維持、そして喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあります。カルシウムや鉄分は、小松菜の方が、ほうれん草よりも多く含んでいます。健康維持に欠かせない栄養素をたくさん含む小松菜は、ほうれん草に比べて安価なので、入手しやすくお菓子作りにうってつけの野菜といえます。

小松菜を使って簡単スイーツ作り!

小松菜のシフォンケーキ

(材料)

小松菜・・・40g(加熱して、冷水に浸し、あくをとり水切りしたもの)

水・・・70㏄

卵(L)・・・4個

砂糖・・・60g

薄力粉・・・80g(ふるっておく)

サラダ油・・・大さじ2

バニラエッセンス・・・少々

(作り方)

卵を白身ときみに分けて、別々のボールに入れておく。きみは白っぽくなるまでかき混ぜる

混ぜたきみの中に、砂糖30gを3回に分けていれて、かき混ぜる

小松菜と水をミキサーにかけ、ペースト状にする。小松菜をきみの中に混ぜて、サラダ油を加えて混ぜる

ふるっておいた薄力粉を加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜる

白身で角が立つくらいのメレンゲを作り、30gの砂糖を3回に分けて加えてかき混ぜる

泡立てたメレンゲの¹/₃を、きみが入ったボールに入れてよくかき混ぜて、残りのメレンゲを入れてさっくりと混ぜ合わせる

型に流し込み、180度のオーブンで20分~30分焼いたら出来上がり!

野菜嫌いの子供のおやつにもぴったりです。一度試してみて下さいね。

まとめ

小松菜は、栄養価の高い緑黄色野菜です。健康維持に欠かせない鉄分やカルシウムも多く含むため、進んで食べたい野菜です。しかし、小松菜は野菜特有の青臭さがあり、スイーツ作りには向いてないかも・・・と思われがちですが、ペースト状にして、ケーキの生地に練りこんだり、相性の良いフルーツと合わせることで、色鮮やかでさわやかな味わいのベジスイーツになりますよ。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.