ベジスイーツ人気

美肌効果のトマトを使ったお菓子4選とアロエベラのシロップ煮

投稿日:2017年4月25日 更新日:

夏野菜の代表格

太陽の光をたっぷり浴び、すくすく育つトマトは夏野菜の代表格です。トマトは比較的育てやすい野菜のため、プランターや菜園で成長を楽しむことができるので、人気があります。お弁当やサラダなど真っ赤な色が綺麗なので料理が華やかになる野菜でもあります。
トマトはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リコピン、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウムなど様々な成分が含まれているため、栄養豊富なことがわかります。美肌効果や感染症から強くなる効果、そしてストレスにも強くなる効果が期待できます。ストレス社会の現代にはトマトは強い味方の野菜と言えるでしょう。
しかし、トマトは好き嫌いが分かれる野菜です。酸味があるので子供は苦手だったり、種のあたりの食感が受け入れられない人もいるでしょう。

トマトを使ったお菓子

そんなトマトですが、お菓子になったら食べやすくなるのではないのでしょうか。美味しい食べやすい栄養満点の野菜を使ったお菓子をご紹介します。

<トマトのグラサージュカマンベールチーズケーキ(F&B)>
真っ赤なトマトが鮮やかで、カマンベールチーズケーキと二層になっているため、見た目だけでも楽しめます。イタリア料理ではトマトとチーズの組み合わせはよくあり、そしてよく合います。北海道産のトマトを使用していて元々甘みは十分ありますが、さらに加工して爽やかなスイーツになっています。甘さとほどよい酸味がまるでフルーツのようです。

<トマト大福(如水庵)>
いちご大福かと思いきや、中に入っているのはフルーツミディトマトです。トマトが入っている大福はとても珍しいです。この甘酸っぱいトマトを白あんで包んでおり、外側のお餅も柔らかいです。食べるとトマトのみずみずしさが口いっぱいに広がります。トマトとチーズ白あんは絶妙な相性で非常に美味しいです。

<まるごとトマトプレミアムジェラートアイス(茶匠庵)>
見た目はトマトそのものです。完熟のトマトの中身をくりぬき、その中身でトマトの良さを生かしたジェラートが作られています。ジェラートはくりぬいたあとの皮にまた戻されているため、器まで食べられるジェラートです。中身を先に食べてしまうと最後は単なるトマトの皮を食べてしまうだけになってしまうので、一緒に食べるとスイーツ感が増すでしょう。見た目も食べるのも楽しいスイーツです。

<寒天トマト(たねや)>
食物繊維の入った寒天が口の中に入れた瞬間崩れるような食感です。そこに合わせるのが完熟のトマトゼリーとエキストラバージンオリーブオイルです。器の中がトマトの赤色と寒天の透き通った白、そしてオリーブオイルの緑色の三色が美しいです。甘さも控えめなのであっさりと食べられます。スイーツとしても良いですが、サラダ感覚でも食べられるほどあっさりしています。お通じの気になる方などにはぴったりのスイーツです。

トマト一つで色々なお菓子に

トマトは癖があるからお菓子になりにくいと思われがちでしたが、様々な形に変身を遂げていました。洋菓子から和菓子までトマトを楽しくおいしく食べられます。
どのスイーツもトマトの臭みを消しつつ、甘みを残した体に良いものです。皆さんも食べてみる価値が必ずあります。

アロエベラは魅惑のスーパーフード

アロエベラにはビタミン、ミネラル、アミノ酸をはじめ、人間が生きていくのに必要な栄養素のほかにもアロエエモジンなど約200種類に及ぶ有効成分が含まれています。これらの成分が互いに良い影響を及ぼし合い、美容と健康に幅広く効果をもたらすことから、スーパーフードとして注目されています。

アロエベラ摂取による効果

アロエベラは実に様々な効果が期待できます。アロエベラに含まれるアロエエモジンとアロインという栄養素が胃液の分泌を促し、消化を活発にするなど胃を健康に保つ効果があります。胃もたれや消化不良に悩む中高年の方々にはとても嬉しい効果です。
また、アロエウルシンという成分が鎮痛・止血効果があり、胃潰瘍の痛み緩和や痛んだ胃の粘膜の保護にも役立つと言われています。
美容的側面からは、アロエシンという栄養素がメラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑えることで美白効果をもたらしたり、コラーゲンを活性化させ、肌のツヤやハリを保つのに役立ちます。
また外的効果として、半透明な葉肉部分をケガをした患部に直接あてると炎症が抑えられ綺麗に治ります。アロエに含まれる糖タンパク質やサルチル酸に炎症抑制の成分が含まれているためです。

アロエベラのシロップ煮で手軽に女子力アップ

アロエベラを実際に食する際には様々なレシピがありますが、中でもアロエヨーグルトに代表されるように、デザート感覚で摂取すると手軽で長続きが期待できます。本記事では最近ひときわ注目を浴びているベジスイーツに注目し、アロエベラのシロップ煮のレシピをご紹介します。

アロエベラのシロップ煮のレシピ

[材料] 4人分

アロエベラ 1/2枚
白ワイン  100ml
水       200ml
レモン汁 適量
砂糖  大さじ3

[作り方]
アロエベラを縦半分、横半分の4等分位を目安に、切りやすい大きさに切る。
皮の淵のトゲを切り落とす。
アロエの皮と果肉の間に包丁を入れて、削ぐように皮をむく。
鍋にお湯を沸かし、3を入れて1~2分くらい茹でて、ぬめりをとる。
4をざるにあけ、縦を5mm幅くらいに切り、横向きには食べやすい大きさに切る。
鍋に白ワイン、砂糖、レモン汁、水を入れて、中火で加熱する。
5を鍋に入れて、弱火で15~20分ほど煮る。
粗熱を取って、タッパーなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保管して、完成。

[注意]
*アロエベラの皮をむく時は非常に滑りやすいため、ゆっくりと包丁を入れていく。
*ヨーグルトにかけて食べると、ヨーグルトに含まれる乳酸菌との相乗効果で、便秘を改善する効果が期待できます。
*アロエベラの皮には緩下作用のあるアロインが含まれており、摂取しすぎると緩下作用が強くなるのでお腹が痛くなったり、下痢になったりする可能性があります。皮をしっかり落として食べてください。
*妊娠中にアロエを摂取すると、アロインの主成分であるバルバロインという成分が子宮を収縮させてしまう液体を分泌させ、流産しやすくなります。妊娠中のアロエベラの摂取は禁止です。

アロエの万能な健康効果は「シンフォニーオーケストラ効果」とも言われるほどです。食後のデザート感覚でぜひこの効果を体感してみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.