ベジスイーツ人気

簡単!炊飯器と冷蔵庫でできるスイーツレシピ!

投稿日:

レンコンとは、ハスの地下茎が肥大した物で、原産地は中国もしくはインドの野菜です。 内部に空洞があり、いくつかの節に分かれているのが特徴で日本でも、酢レンコンやからしレンコンなど、野菜そのものを味わったり、筑前煮などの煮物の材料の1つとして用いられたり、すっかりポピュラーな野菜の一つです。そしてこのレンコンには根菜類ならではの栄養がつまっています。

レンコンに含まれる栄養と健康効果

レンコンは特にすりおろしたときに顕著な粘り成分が含まれています。この粘りの正体はムチンという成分です。これは糖と蛋白質が結合した多糖類の一種であり、納豆にも含まれている栄養素です。胃の粘膜を保護してくれる効果をもつため、胃の調子を整え、胃炎や胃潰瘍そして、夏バテの防止にも効果があると言われています。
次にポリフェノールがレンコンのアクに含まれているのも驚きです。ポリフェノールは酸化を防ぐ強力な抗酸化物質の成分でもあるので 、血液中の悪玉コレステロールの酸化を押さえ動脈硬化や血管の老化を防ぐ働きがあります。また 一緒に含まれるクロロゲン酸やフラボン類と共に活性酸素の除去に効果があり、発がん予防や老化防止にも役立ちます。
オーソドックスな栄養としてビタミンCも非常に豊富です。ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれる水溶性ビタミンの一つで、人体の中では作ることが出来ないため、食事などによって外部から摂取しなければならない栄養素です。老化やがんの原因とも言われている活性酸素を自らが酸化される事で身体を酸化から守る働きがあったり、コラーゲンの生成に欠かせない栄養素であることからアンチエイジングなど美容効果も期待できます。

レンコンを使ったベジスイーツ

このように様々な栄養素がバランスよく含まれたレンコンですが、野菜そのものが歯ごたえがしっかりしており、すぐに満腹感を覚えてしまうことから、なかなかたくさん食べられないのが残念なところです。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、レンコンを使った素敵なレシピをご紹介します。

レンコンのケーキ

[材料]

レンコン…正味約200g
卵…1個
バター(レンジ等で溶かす)…20g
砂糖…30g
塩…小さじ1/3
牛乳or豆乳…70cc
ホットケーキミックス…150g

[作り方]

1.炊飯器の釜の内側高さ1/3程にバター(分量外)を薄く塗っておく。
2.皮をむいたレンコンから4~5枚薄切りをして水にさらす。残りはすりおろしておく。
3.ボウルに卵と砂糖を入れ泡だて器でしっかりと混ぜ合わせる。その後、バター・塩・牛乳を入れ混ぜ合わせ、ホットケーキミックスを数回に分けて加えながら混ぜてゆく。ホットケーキミックスのダマがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせる。
4.3に2のすりおろしれんこんを入れ、さっくりと混ぜ合わせる。
5.2のスライスしたれんこんを炊飯器の釜の底に並べ、4を流し入れる。釜を数回30㎝くらいの高さから落として気泡を抜いたあと、炊飯器にセットして炊飯スタート。
6.炊き上がったら竹串を刺し、生地が付いてこなければ完成。
7.釜から出してクーラーなどに取り上げ、粗熱をとって完成。

炊飯器でできてしまうのが大きな強みです。工程自体も簡単ですからどなたでも簡単に作っていただけます。この機会にぜひお試しくださいませ。

シリアルは野菜のトウモロコシや小麦、オーツ麦、玄米などの穀類を食べやすく、消化がよくなるよに焼き上げ、加工した食べ物です。素材の持つビタミン、ミネラル、食物繊維をはじめ、大切な三大栄養素のタンパク質、脂質、糖質などを手軽に摂ることができる栄養満点の食品として、小さな子供から高齢者の方まで、あらゆる年齢層の方々に親しまれています。
一般的には朝食用にミルクやヨーグルトをかけて食しますが、ケーキやアイスクリーム、パフェなどの材料としても利用されることが多い食品です。
今回はトウモロコシなどの野菜を使ったシリアルの一つコーンフレークを使った、簡単に出来るスイーツの作り方を紹介いたします。

コーンフレークの栄養と効果

コーンフレークはトウモロコシを乾燥させて細かく砕き粉状にした「コーンミール」を水で練って薄く延ばしフレーク状に焼いた食品です。朝食にミルクをかけて食すのが一般的で、炭水化物、タンパク質、脂質など体に必要な栄養と、糖質の代謝を助けたり疲労回復に役立つビタミンB1、成長に役立ち、皮膚粘膜を正常に保つために働くビタミンB2、脳を正常に働かせるナイアシン、ストレスを和らげるパントテン酸、赤血球を作り出すのに必要な葉酸、抗酸化力があるビタミンEなどのビタミン類、そして、歯や骨の構成要素のカルシウムやリン、マグネシウム、体内の塩分を調節するカリウムなどのミネラルもおおく含有しています。
コーンフレークに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維が多く、胃の中で膨らみ満腹感を得やすいので食べ過ぎの予防になります。また、食物繊維には整腸作用があり、腸内を正常に保つのに働きます。腸内環境が良くなると免疫力が上がり肌の状態が良くなったり、感染症にかかりにくくなったりすると言われています。

コーンフレークを使った簡単スパイシークッキーの作り方

〇材料
コーンフレーク 50g
バター 5g
クリームチーズ 10g
マシュマロ 30g
スパイス類  全部で5g以下になるように
シナモン 少々
クローブ 少々
カルダモン 少々
ターメリック 少々

〇作り方
1.耐熱用のボウルにバターとクリームチーズとマシュマロをいれ、電子レンジで焦がさないように注意しながら1分半位加熱します。
2.材料が溶けて柔らかくなったら、耐熱用のゴムベラでよく混ぜそこにコーンフレークとスパイス類を入れ、満遍なく混ぜます。
3・レンジに使えるラップに一口サイズになるように一個分ずつ取り分け、やけどをしないように、口を絞るように一つずつ丸くしていきます。
4.冷蔵庫で30分ほど冷やし固めれば出来上がりです。
スパイス類のシナモンやカルダモン、クミンなどは抗酸化力が強く、体の不調を和らげる効果が期待されています。インドのアーユルベーダ(伝統の医学)では健康を維持していくためにスパイス類はなくてはならないものとされています。殺菌効果や体質改善、疲労回復などの効果があると言われています。

コーンフレークでとても簡単な手作りお菓子のまとめ

いかがでしたでしょうか?乳製品とマシュマロを熱で溶かして、コーンフレークとスパイス類と絡めまとめるだけの簡単クッキーの作り方を紹介しました。コーンフレークは甘さをプラスして牛乳をかけるだけで朝食やおやつになる食品です。なので、クリームチーズとも相性が良く、スパイスを加えると一層美味しく頂けます。手間をかけなくても簡単にできるお菓子です。ぜひ一度お試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.