ベジスイーツ人気

簡単なヘルシーお菓子黒ゴマプリンの作り方

投稿日:2017年7月15日 更新日:

ゴマ胡麻は古代から現代まで世界中で食されている植物です。紀元前3500年ころアフリカのサバンナ地帯が原産といわれています。古代エジプトではすでに栽培され、医療用や食用や燃料として利用されていました。ゴマはとても栄養豊富なうえに、効能も多く古くから世界中で食物として利用され、日本でも縄文時代の頃から油や調味料、そして薬としてゴマは使われてきました。
胡麻は皮が硬いので、そのままでは消化されにくいため、切りゴマやすりゴマ、練りゴマにすると消化吸収がよくなります。今回はゴマを練った練りゴマを使った栄養豊富な黒ゴマプリンの作り方を紹介します。

黒ゴマの栄養と効果

ゴマには、白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマの3種類があり、その製法には洗いゴマ、炒りゴマ、摺ゴマ、練りゴマ、ゴマ油があります。ゴマには若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEや美容のビタミンと呼ばれるビタミンBが豊富です。ゴマの主要成分は脂質ですが、ゴマの脂質には血液をサラサラにするリノレン酸が含まれています。また、ポリフェノールの一種ゴマリグナンには、肝臓で脂肪を燃焼する効果があると言われています。ミネラルも豊富で鉄分や、亜鉛、カルシウムなどで、カルシウムは牛乳の11倍も含まれています。
そして、ゴマの栄養や成分による効果は多く、血中コレステロールの改善や動脈硬化、血栓の予防、高血圧の予防、アンチエイジング、アルコール代謝促進などがあると言われています。
食べると健康に良いことが多いゴマですが、ゴマの成分は半分以上が脂質なので、摂りすぎるとカロリーオーバーになることがあります。一日に大さじ1~2(粒)が適量と言われているので、摂り過ぎには注意が必要です。

ヘルシーお菓子黒ゴマプリンの作り方

〇材料
黒ねりゴマペースト 大さじ2
牛乳 300ml
砂糖 大さじ2
粉ゼラチン 小さじ1
水 大さじ2

〇作り方
1.黒練りゴマと牛乳と砂糖を鍋に入れ、沸騰直前まぜ温め、砂糖を溶かします。
2.粉ゼラチンに水をかけ、ふやかします。
3.1の鍋に2のゼラチンをいれゴムベラで静かに混ぜてゼラチンを溶かします。
4.氷水をはったボウルに3のなべ底をあて、ゴムベラでかき混ぜながら、ゴマプリン液にとろみをつけます。ここでしっかりとろみがつくまで混ぜると、分離せずにゴマプリンが出来上がります。
5.ある程度とろみがついたら、カップに分けて冷蔵庫で冷やし固めます。

練りゴマペーストの作り方

練りゴマペーストは市販の練りゴマペーストを使うと簡単ですが、自宅でフートプロセッサーやミルサーなどを使って練りゴマを作ることも出来ます。炒りゴマがペースト状になるまでしっかりと練って使ってください。黒ゴマ以外にも金ゴマなどでも、美味しいプリンが作れます。

簡単なお菓子黒ゴマプリンの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?簡単な黒ゴマプリンの作り方を紹介しました。黒ゴマは栄養豊富で毎日少しずつでも摂取したい野菜の一つです。ゴマのスタミナは前東京オリンピックのマラソンの金メダリストのアベベ選手が好んで食していたことでも知られています。ビタミンやミネラル、脂質などの栄養が少量でも摂取できる食材です。デザートやおやつにぜひ作ってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.