ベジスイーツ人気

美味しいお店の多い神戸で、美味しいべジスイーツを楽しもう!

投稿日:2016年10月20日 更新日:

食への関心が高い神戸には、野菜(ベジ)がテーマのお店も多い!

「神戸」と聞いて、思い浮かべるのはどんなことでしょう?おしゃれなセレクトショップや、美味しいレストラン(「洋食屋」「パン屋」「洋菓子屋」「カフェ」などなど)がたくさんあり、気取りすぎない落ち着いた街並みを想像する方も多いことと思います。年齢を問わず人気が高い、というのも神戸の魅力かもしれません、

たしかに神戸には歴史的文化的な背景もあって美味しい洋食屋さんや洋菓子屋も多いのは事実。これは明治時代に現在の神戸港が開港されたことによって、多くの西欧文化が入ってきたことが一因だとか。老舗の洋菓子店やスイーツの有名店が多いのも納得ですね。例えば「バウムクーヘン」を日本に初めて伝えたと言われる「ユーハイム」の本店や、「バレンタイン」を日本に初めて伝えたチョコレートなどのメーカー「モロゾフ」の第一号店も、神戸にあります。

そんなスイーツ文化が盛んな神戸。最近は「野菜(ベジ)」をテーマにしたお店や、従来のカフェメニューにべジスイーツを取り入れるお店などがじわじわと増えているようです。そこで今回は、神戸で気になるべジスイーツが食べられるお店をご紹介します。

神戸で気になる、べジスイーツが食べられるお店2つ

まず最初にご紹介するのは、元町から歩いて5~6分のところにあるベジカフェ「あげは」。お店のコンセプトは「玄米ごはんとおいしいおかず」らしく、玄米に合う野菜中心の家庭的なお料理が美味しいと評判です。毎朝契約農家さんから届くという新鮮な野菜を使ったランチは、野菜がたっぷり。ごはんにおかずなどが付く定食スタイルのランチや、10種類以上のスパイスを使った野菜カレーなどが人気です。

カフェタイムにはべジスイーツがたくさん登場します。「トマトのタルト」「れんこんのタルト」「ごぼうショコラ」「紫いものタルト」など種類も多くて、タルト好きには選ぶのに悩んでしまいそうなほど。トマトのタルトは、瑞々しいプチトマトをコンポートにしたものをしっかり詰めています、れんこんのタルトは、ホワイトチョコとココナッツ風味の生地にれんこん、隠し味に甘酸っぱいクランベリーを組み合わせて、味と食感の面白さが楽しめます。

その次にご紹介するのは、こちらも最寄り駅は元町。歩いて7~8分ほどの場所にある「モダナークファームカフェ」。衣食住を通して環境にやさしい暮らしを提案している企業がプロデュースしているカフェとあって、店内外には緑も多く居心地は抜群です。マクロビオティックの考え方を取り入れたオールビーガンのメニューもあります。ランチのベジタリアンプレートは1150円(ドリンク付きだと1350円)で、月替わり。「身体と地球にやさしい食べ物」がコンセプトというだけあって、野菜がたっぷりいただけます。

べジスイーツは、季節限定で「りんごとラムレーズンのケーキ」が登場。旬のりんごをたっぷりと使っています。バターや卵など動物性のものは一切使わずに、植物性のものだけで作られているそう。りんごとレーズンの組み合わせは定番ですが、それを丁寧に組み合わせて作られたケーキは格別の旬の味ですね。

今回ご紹介した2つのお店は、どちらもお手軽な金額で楽しめそうです。近くに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

まとめ

おしゃれな街・神戸には、洋菓子やスイーツはもちろん、美味しそうなべジスイーツやカフェもたくさんあることが分かりました。神戸散策に疲れたら、べジスイーツを食べながらゆっくり一服なんて楽しみ方も良いですね。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.