ベジスイーツ人気

美容効果が高い!スムージーとプリンの作り方

投稿日:

陸の海草おかひじき

おかひじきは陸の海草とも呼ばれ、特にその美容効果から近年注目されている野菜です。まだ一般的には認知度が低くどんな野菜なのか想像もつかないという方も多いでしょう。
名前に「ひじき」とついていますが、本物の海草ではなく、野草に分類され、見た目がひじきに似ているため「陸(おか)のひじき」と名づけられました。生産量自体は少なく、現在は主に山形県で生産されています。天然のおかひじきは絶滅の危惧にあるとも言われ、非常に貴重な野菜です。

おかひじきに含まれる栄養と健康・美容効果

おかひじきに含まれる栄養素で最も注目すべきは、やはりアンチエイジングに効果のあるβカロテンです。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、さらにおかひじきに含まれているビタミンC,ビタミンEと相乗効果を発揮し、抗酸化力をアップさせる働きがあります。これにより、悪玉コレステロールの参加防止を促進し、若さと健康が保たれることにつながるのです。
またビタミン以外にも、肌の再生や水分保水量の維持に役立つカルシウム、肌の弾力を維持してくれるマグネシウム、皮脂の分泌を整えるカリウム、そして、コラーゲンを形成する鉄分が含まれています。特にカリウムの含有量が非常に高く、むくみの解消、貧血予防、髪や皮膚の美しさを守る効果など、女性に嬉しい効果がたくさんあるのです。

他の野菜にはない、おかひじきの魅力

おかひじきは3月下旬から11月上旬あたりまで出荷されており、冬の時期を除いてほぼ安定して入手できる野菜です。特筆すべき点は、店頭に並んでいるおかひじきのほとんどが無農薬ということです。おかひじきはもともと害虫がつきにくく、またおかひじき用に許可された農薬がほとんどないことが主な理由ですが、これほどの野菜は他に類を見ません。

おかひじきの調理法あれこれ

おかひじきは、特に味にクセがなく、比較的どのような料理にも合うとされています。産地の山形県では下茹でしたものを、菜の花のように辛し和えにするレシピが一般的で、他にもおひたしや胡麻和えなどの副菜として食卓に登場させるのも一つの手です。しかし、おかひじきの生で食べた時のシャキシャキとした感じやフレッシュさが一番の醍醐味です。生だと多少の灰汁がありますので、それを上手く処理してサラダなどとしていただくレシピがより、素材の味が生きたものとなります。

おかひじきを使ったベジスイーツでアンチエイジング

このように様々な魅力を併せ持つおかひじきですが、忙しい毎日の中で、より手軽に摂取したいという方も多いでしょう。そこで、本記事では最近何かと話題のベジスイーツに注目し、おかひじきに他の果物を混ぜスムージーにすることで誰でも手軽に美容効果を実感できる方法をおすすめします。

[材料] 1人分
冷凍マンゴー…1/2個
パイナップル…1/8個
バナナ…小1本
おかひじき…15g
バジル…1枚
水…100cc

[作り方]

1.全ての材料をミキサーで回しやすい大きさにカットする。
2.1をミキサーに入れてなめらかになるまで回し、グラスに注いで完成。

おかひじきの灰汁による多少のエグみをマンゴーやパイナップルが取ってくれ、さらにバジルが良いアクセントになって全体の味をひきたててくれています。忙しい朝の一杯に、ぜひいかがでしょうか。

かぼちゃは実は年中食べられる

かぼちゃと言えば、天ぷらに煮物、ポタージュにプリンと、さまざまな場面で食卓に登場する代表的な緑黄色野菜の1つです。そのイメージから特に冬の野菜だと思われている方が多いのですが、実はかぼちゃの旬は夏~秋。切らずに常温で保存しておけば数か月は持つという特性を持っており、年間を通していつでも食べられる野菜なのです。

かぼちゃに含まれる栄養素と健康効果

かぼちゃにはさまざまな栄養素が含まれていますが、まずはなんといってもβカロテンです。βカロテンは強い抗酸化力があり、体内で害をなす活性酸素を除去します。摂取したうちの1/3程度が小腸で吸収され、体が酸化して錆ついてしまうのを防いでくれるのです。その結果、様々な病気や老化の予防が期待できます。ただそれだけにとどまらず、βカロテンは体内でビタミンAに変換され、免疫機能の正常化や、他の栄養素の働きを補助する作用を担ってくれるのです。
他にも体の調子を整えるために必要なミネラルも豊富に含まれています。特にかぼちゃはカリウムが豊富です。カリウムには、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持調整する働きがあり、生命維持活動の上で欠かせない役割を担っています。また、ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。更に腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きもあるといわれています。利尿作用があることから、むくみの予防にも効能があります。さらに血圧の上昇を抑えてくれる働きがあるので、高血圧の予防に効果があります

かぼちゃを使ったベジスイーツでアンチエイジング

このようにさまざまな効能を持つかぼちゃですが、味が濃いことにより一度にたくさんは食べられないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、プリンに混ぜ込むことでよりあっさりとおいしく召し上がっていただく方法をご紹介します。

かぼちゃのプリン

[材料]

卵…3個
牛乳…200cc
生クリーム…200cc
砂糖…170g
かぼちゃ…1/2個(正味340~350g)

[事前準備]

1.卵を常温に戻しておく。
2.マドレーヌのシェル型にバターを塗っておく。

[作り方]
1. かぼちゃは、種を取り除き一口サイズに切る。耐熱容器に少し湿らせたかぼちゃを入れラップをして、700wで6分ほど加熱し柔らかくする。理想の柔らかさは、皮と実の間にスプーンを入れて、ホロリと取れる状態。様子を適宜見て加熱時間を調節し、柔らかくなったらかぼちゃの皮をむく。
2. 1をボウルに入れ、めん棒やポテトマッシャーなどでペースト状になるようにつぶす。そこに、卵を割り入れ、泡立て器で滑らかになるように混ぜ合わせる。
3. 鍋に、生クリーム、牛乳、砂糖を入れて弱火にかける。人肌になるまで温め、ヘラで混ぜていく。ある程度温まったら、2のボールに数回にわけて流し込み、固形物が残らないようにしっかりと混ぜていく。すべて注ぎ終わったらこし器でこす。
4. プリンカップなどの器に3の生地を流し入れ、水を張った天板に並べ、160度で25~30分「蒸し焼き」にする。竹串で刺し、何もついてこない状態が理想なので、適宜様子を見て加熱時間を調節する。荒熱を取り、冷蔵庫で3時間ほど冷やして完成。

蒸し焼きは熱をやわらかに通すための技法です。水が十分に入らない場合は、器の下に水を十分に含ませたふきんを敷くという方法もあります。
簡単なレシピですので気軽にお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.