ベジスイーツ人気

荻窪周辺とみなとみらいで話題のスイーツ/

投稿日:

荻窪はスイーツ大好きな街。ベジスイーツの名店ル・クール・ピューをはじめたくさんのスイーツショップが軒を並べます。

そこで今回は定番をちょっと外して、荻窪周辺で「ベジスイーツ専門店じゃないけどベジスイーツが食べられる」お店をチョイスしてみました。

穴場ですよ♪

エイミーズ・ベイクショップ

西荻窪のエイミーズ・ベイクショップは、アメリカンスタイルのボリューミィな焼き菓子を扱うお店です。看板メニューのマフィンのほか、スコーンやパウンドケーキも販売しています。

ぎゅっと身がつまったマフィン、野菜やナッツなどの身近にある材料で作られたパウンドケーキは、どれもホームメイド風の素朴な味わい。飾らない魅力で人気です。

野菜専門店ではありませんが、チーズケーキやベリーベリーマフィンなどの定番アイテムに混じって「キャロットケーキ」や「ズッキーニパンプキンチョコレートケーキ」などの個性派ベジスイーツが並びます。中でもナッツやレーズンでコクを出したキャロットケーキは、口コミでも好評の逸品です。

オールドアメリカン風の内装、ウィンドウにずらりと焼き菓子が並ぶワクワクするような眺めもスイーツと一緒にお楽しみください。

エイミーズ・ベイクショップはJR西荻窪駅から徒歩5分。北口を出て、大通りをしばらく歩いた右側にあります。黒一色のシックな外観が目印です。

タイ屋台居酒屋ダオタイ

荻窪の隣町、阿佐ヶ谷では意外なところでベジスイーツがいただけます。

それがタイ料理のお店ダオタイ。タイの屋台を再現した店内で、リーズナブルにタイ料理を楽しめる居酒屋です。

本場タイから来日したシェフが作るタイ料理はかなり本格的!辛さは調節できるので、辛いものが苦手な方でも安心して利用できます。

こちらの名物スイーツは、「タロイモのタルト」。タロイモとは、日本でいう里芋のことです。精進料理でもよく登場する里芋のスイーツですが、タイ風アレンジもぜひお試しください。予想外の場所で味わうベジスイーツ、きっと楽しめますよ。

阿佐ヶ谷駅南口ロータリーから徒歩2分という利便性も○。タイ料理店らしい賑やかな外観で、初めて訪れる方も間違いなくたどりつけます♪

鉢の木

阿佐ヶ谷駅の南側、阿佐ヶ谷パールセンター商店街の入り口にある和菓子屋さん「鉢の木」。最中やどら焼きなどの伝統的な和菓子に混じって、衝撃的な創作和菓子が多数あります。

ベジスイーツ派にぜひおすすめしたいのは、ごぼうを使った「花びら餅」。甘く煮たごぼうと白みそあんを、薄くのばしたピンクの餅生地で包んだ、見た目も美しいお菓子です。あまりなじみのないお菓子ですが、京都ではお正月にいただくお菓子として知られているそうです。

ほかにも米粉を使った「あんこパン」(あんぱんとはいわないのです)、きなこやごま油が入った小豆の和ケーキ「あさがやの並木」など、オリジナル商品を数々編み出している同店。定番の大福も季節に合わせ、マンゴー大福、すもも大福、ぶどう大福、それになんと、薔薇ジャム入りの薔薇大福まで多彩にそろいます。

季節ごとに訪れたいお店です。

まとめ

意外な場所でベジスイーツに出会える、そんなテーマで荻窪周辺のお店をご紹介しました。

おいしいベジスイーツが楽しめるのは、専門店ばかりではありません。予想外の場所でベジスイーツに出会える穴場のお店、皆さんも探してみてくださいね♪

みなとみらいで美味しい野菜をたっぷり食べよう!

「みなとみらい」は神奈川県横浜市の西区・中区に位置して、横浜港に面したエリアのことです。デートスポットというイメージが強い場所ですが、実は美味しい野菜が食べられるエリアとしても注目を集めています。

毎月第4日曜日の午前9時から10時半に開催されている「みなとみらい農家朝市」。横浜市内のグループや個人など9つの生産者さんたちが集まり、採れたての新鮮な野菜や卵、手づくりの加工品などをこうにゅうすることができます。鮮度が良いと地元でも評判で、珍しい野菜も多く並んでいます。生産者の方から直接購入できるので、農家ならではの美味しい食べ方や保存法などを質問したりすることもできます。毎回行列ができるほどの人気ぶりです。

また、JAきた総合センター「メルカートきた」には直売所「ハマッ子」がリニューアルオープンしました。こちらでも地元の農家がつくった新鮮な野菜や手づくりの加工品、市内で生産された肉類(月1回)も並んでいます。

ちなみに、みなとみらいのある横浜市では「地産地消」に力を入れているそうです。横浜と言うと都会的なイメージがありますが、実は全国でも珍しい農地と住宅地が混ざったエリアなのです。西区を除いてすべての区に農地があり、市域面積の7.5%を占めています。野菜・果物などバラエティに富んだ種類を生産しています。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのべジスイーツ

みなとみらいで新鮮な野菜を購入するのもおすすめですが、みなとみらい近くのヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの2階にあるラウンジ&バー「マリンブルー」では、期間限定で「べジスイーツブッフェ」が開催されています。横浜港が一望できる開放的な店内で、ここでしか食べられないべジスイーツを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

この企画「べジスイーツブッフェ」は、東龍とのコラボレーションにより開催されています。2013年から2015年まで毎年連続で行われている人気の企画だとか。2014年のべジスイーツブッフェは、平日の火・水・木に開催され、ケーキ11種類、グラスデザート3種類、軽食3種類、サラダ2種類、飲み物2種類がありサービス料込で2600円。ホテルのビュッフェとしては比較的お手頃な価格かもしれません。

ちなみに2013年、2014年と2年連続で登場した人気ケーキは、「パプリカキャラメル」。パプリカとキャラメル、ヘーゼルナッツを合わせていて、苦みと香ばしさが楽しめます。見た目も可愛らしく、女性に好評のようです。他にも大根とアロエをグラスゼリーにした「ラディジュレ」や、トウモロコシの独特の甘みをコーヒーの苦みが引き立てた「トウモロコシコーヒームース」、かぼちゃのオレンジ色とさといもの白色が2層になった「かぼちゃさといも豆乳ムース」などがあります。どれも独創的な素材の組み合わせですし、見た目も味も洗練されていて、いくつでも食べられそうです。

まとめ

みなとみらいや横浜で地場野菜がブームになっているのは意外でした。ぜひ美味しい野菜を食べてみたくなりました。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル「マリンブルー」のベジスイーツブッフェも、機会があればぜひ行ってみたいです!

カボチャの味がしっかりする美味しいべジスイーツと言えば、やはりカボチャのプリンですね。カボチャのプリンは電子レンジや蒸し器でも作ることが出来ますが、圧力鍋を使うととても簡単に失敗なく作ることが出来ます。デザートやおやつにいかがでしょうか?

カボチャって

カボチャの原産地はメキシコからアメリカの北部と言われています。日本で主に栽培されているのは日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャの三種類です。
カボチャの成分は果肉のオレンジ色の部分にベータカロテンが多く、カロテンは体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは粘膜を保護する作用があるため、鼻やのどを健康にして風邪を予防すると言われています。また、ビタミンAは肌荒れ防止の効果もあり、抗がん作用も期待されています。それから、抗酸化作用があるビタミンE、ビタミンCも多く、抗酸化トリオと呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがすべて揃っています。さらに食物繊維も豊富なので、とても栄養豊かな野菜と言えます。

圧力鍋で作るカボチャのプリンの作り方

〇材料
カボチャ 1/4個
卵 3個
牛乳 1カップ
生クリーム 1/2カップ
砂糖 50g
カラメル (砂糖 50g+水大さじ1)

〇作り方
1.カボチャは4か、5個に切り分け、分量外の水1カップとともに圧力鍋に入れ、しっかりと蓋をしたら、強火にかけて蒸気が上がったら、弱火にして1分加熱して火を止め、やけどをしないように蓋の上に布巾をのせ、その上から水をかけ急冷して鍋の蒸気を抜き、気を付けて蓋をあけ、中のカボチャが柔らかく茹で上がっていることを確認します。
2.カボチャの種と皮を取り除き、オレンジ色の実の部分を取り出し、万能濾し機で
濾しておきます。
3.カラメルを作ります。鍋に砂糖と水をいれ、カラメル色になるまで熱し、香ばしい香りが立ち、茶色くなったら、プリンカップの底に薄く流し入れておきます。
4.牛乳と生クリームと砂糖を鍋に入れ、弱火で沸騰しないように温め、砂糖を溶かします。砂糖が溶ければ十分です。冷まして、2のカボチャを混ぜておきます。
5.ボウルに卵を割りほぐし、ホイッパーで軽く混ぜながら、冷めた4のカボチャミルク液を少しずつ加え、プリン液を作ります。
6.5のプリン液を3のカラメルの入ったカップに分け入れます。
7.圧力鍋に分量外の1カップの水を入れ、蒸し器をセットして、その上にプリン液の入ったカップをセットして、しっかりと蓋を閉めます。強火にかけ、蒸気が上がったら、弱火にして1分加圧して火を止め、蓋をしたまま自然放置します。自然冷却して、冷めたら蓋を開けてプリンを取り出し、冷蔵庫で冷やして、分量外の生クリームをホイッパーで泡立てたものを添えていただくとよりデザートらしくなります。

圧力鍋で作る簡単なお菓子カボチャのプリンのまとめ

いかがでしたでしょうか?カボチャのプリンは栄養豊富で美味しいお菓子です。カボチャの味がしっかりと残って、大人の方でも小さな子供でも好んで食べられるべジスイーツとして人気があります。圧力鍋を使うと簡単に失敗なく作れるのでぜひお家で手作りの美味しいべジスイーツを楽しんでみてくさい。

黒豆はお正月のおせち料理には定番の食材です。黒豆を甘く煮た煮豆は、「今年も元気にまめに働けますように」という願いを込めて作るおせち料理だとか。豆にはたくさんの栄養があるので、お正月だけでなく、気が向いた時には、美味しいスイーツに仕立てて食べたい食材ですね。今回は簡単に黒豆を作って、美味しいスイーツに利用する方法を紹介します。

黒豆の栄養と効果

黒豆は大豆の品種の一つで、日本では平安時代から栽培されていたと言われています。黒豆は栄養が豊富で、黒豆の黒い色素に含まれるポリフェノールは、アントシアニンと呼ばれ、眼精疲労に効果があると言われています。また、大豆に多いポリフェノールのイソフラボンも豊富に含んでいます。そして代謝促進作用があるビタミンBや、体内の細胞膜の成分であるレシチン、腸内環境を整えるビフィズス菌エサになるオリゴ糖、便秘を予防する食物繊維、鉄分、カルシウム、カリウム、などの生理機能に有効なミネラル類などを含有しています。

圧力鍋で煮る黒豆の作り方

〇材料
黒豆 1袋
水 4カップ
砂糖 400g
塩 一つまみ

〇作り方
1.鍋にお湯を沸かして、沸騰したら火を止めて黒豆を入れ、そのまま1時間おいて冷まします。
2.圧力鍋に1の黒豆と水4カップと塩を入れ、落し蓋をして、圧力鍋のふたを閉め、強火にかけます。蒸気が出たら弱火にして6分加圧したら、火を止めて蓋を閉めたまま、自然冷却します。
完全に冷めたら蓋を開け、上下を返すように軽く混ぜ、しばらくそのまま置いて味をなじませます。
上記は乾燥の黒豆を一晩水につけて戻さないで煮る方法です。お湯に1時間つけてから、すぐに火を入れて圧をかけることが出来るので手短に作ることが出来ます。
もし、一晩豆をつける場合は、前の晩から、分量の水と砂糖につけておいて、翌日、そのまま強火にかけて、蒸気が出たら弱火にして6分加圧したら、火を止めて蓋を閉めたまま、自然冷却してください。

黒豆を使ったアメリカンマフィンの作り方

〇材料
ホットケーキミックス 200g
卵 2個
バター 100g
牛乳 大さじ2
黒豆 適量

〇作り方
1.ボウルにホットケーキミックスと卵と電子レンジで溶かしたバターと牛乳を入れ、ゴムベラで満遍なく混ぜます。
2.紙製のマフィンカップに甘黒煮豆を適量(6~7粒)入れて、上から1のマフィン生地を型の8分目まで入れます。
3.オーブンを180℃に予熱して、2のマフィン生地の上に甘黒煮豆を数個のせ、180℃のオーブンで20分~25分焼成します。竹串をさして生地がついてこなければ、焼き上がりです。

圧力鍋で煮る簡単な黒豆でお菓子作りのまとめ

いかがでしたでしょうか?
黒豆は健康に良い栄養が豊富な豆です。「病気を遠ざける豆」とも言われていますし、ダイエットにも効果があると言われています。黒豆の甘煮をお正月だけでなく、日頃のおやつやお茶うけにも活用して健康に過ごしたいですね。
圧力鍋を使えば、時間をかけずに簡単に煮豆が作れます。煮汁と一緒にタッパに入れて冷凍庫で1ヶ月ほど保存もできるそうです。多めに作っても保存がきくので安心ですね。体によくておいしい黒豆のべジスイーツをぜひご自宅で作ってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.