ベジスイーツ人気

野菜のお菓子と普通のお菓子同じカロリーを食べるとどうなるの

投稿日:2017年1月11日 更新日:

野菜を使ったヘルシーなお菓子とそうではないお菓子を同じカロリー分摂取した場合の身体ってどうなんでしょうね?
何か差はあるんでしょうか。

カロリーの違いというよりは血糖値の上がり方に違いがるのかも

お野菜のお菓子を作るのと普通のお菓子を作るのと作り方や材料に大きな違いはありません。フルーツの所に野菜が飾られるのか、生地の中に野菜のペーストが混ぜ込まれるだけなのか・・・その位の違いだと思います。

ただそのお野菜が入っている、入っていない(入るお野菜にもよると思いますが)で違うのが血糖値の上がり方だと思います。

急激に甘いものや脂質の多いものを体内に入れると血糖値は急上昇します。すると血管に負担がかかり、また膵臓にも負担がかかってしまい良いことはありません。

その点お野菜のお菓子だとお野菜の種類によってや、使い方によって血糖値の上昇を穏やかにし同じカロリーでも太りにくいというのはあるかもしれません。

お野菜のお菓子を作るときに心がけたい事

せっかく身体に良いヘルシーなお野菜を使ったお菓子を食べる、作るのであればその他に使う材料にもこだわりたいものです。例えば、牛乳も無調整もものを使用するもしくは豆乳に変える。お砂糖も白いお砂糖ではなくキビ糖や黒糖などミネラルの多いものに変える。甘さは控えめにしお野菜本来の味を味わうなどです。

こうすることで同じ大きさのホールケーキをもし1個食べてもカロリーは大幅にダウンします。また小麦粉ではなく大豆粉やふすまや全粒粉などに変える事でもカロリーはオフできます。

一番カロリーが高い生クリームを豆乳クリームに変えるだけで半分以下のカロリーオフが可能なんです。生クリームに比べて豆乳クリームはあっさりしていて少しくらい量を食べても、もたれることがありません。我が家では牛乳を使うお料理は基本全て豆乳を使用していますし、生クリームを使うお菓子のレシピは全て豆乳クリームに変えて作っています。すると他は同じ材料でも一番カロリーが高いクリームが半分以下しかないので安心して食べることができます。

お野菜を使っているからと言ってカロリーが低いわけではありません

スナック菓子に代表されるポテトチップスですが、あれはれっきとした野菜のお菓子です。原材料はじゃがいもですから。しかしながら油で揚げて濃い味をつけていることで、一緒に飲むドリンクなどと合わせるとカロリーはとても高くなりポテトチップス一袋で約500kcalもあります。それはフライドポテトに変えても同じです。

野菜だからと言って調理方法を誤るとカロリーだけに関してゆうならば全く意味はなく逆に野菜によっては油の吸収率がよくカロリーを摂りすぎてしまうと言う事になりかねません。

まとめ

野菜のお菓子だから安心して食べて大丈夫というのは大きな間違いで、調理方法やその他の使用する材料によっては通常のお菓子と変わらないカロリーを摂取することになってしまいます。もしお野菜のお菓子を食べたり、作ったりするのであれば上記でご紹介したようにその他の材料にもこだわる、作り方や調理方法にもこだわってつくらなければ意味がありません。但しビタミンやミネラルの量に関してはやはりお野菜を使ったお菓子の方が断然多いのですが・・・。カロリーにだけ目を向ければ他のお菓子と大差はないと思われます。

野菜のお菓子でカロリーオフを目指す方は、材料や調理法を少し変えてみるといいですよ。

 

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.