ベジスイーツ人気

野菜のお菓子作りに欠かせない調味料・・・お砂糖

投稿日:2016年12月22日 更新日:

お菓子作りの必需品といえば・・・砂糖ですよね。
でも砂糖にはいくつか種類があり甘みや風味も異なる為組み合わせ次第で同じお菓子を作っても味が少し変化します。そんなお砂糖についてご紹介しますね。

野菜のお菓子作りには欠かせないお砂糖・・・定番はグラニュー糖

お菓子作りで一番使われているお砂糖と言えば、グラニュー糖です。
甘さに癖がなくタンパクで、野菜の素材そのものの味を壊さないのが魅力です。
またサラサラしている為コーヒーや紅茶にもよく利用されますね。
上白糖に比べて焦げ付きにくいのもお菓子でよく用いられる要因でしょう。
私も基本的には洋菓子にはグラニュー糖を使用することが多いですし、お菓子の本を見てもグラニュー糖を使っているレシピが多く見られます。

野菜のお菓子作りには欠かせないお砂糖・・・上白糖

一番古くから家庭で使われているお砂糖と言えば上白糖です。
一時から身体によくないなんて言われてキビ糖や黒糖などに変えられたお家もあるんではないでしょうか?
でも実際料理屋さんやプロのレシピ集に載っているお砂糖は上白糖が多いんですよ。
上白糖は表面に水分が保たれていてしっとりした感触です。
独特の甘さがあるので好き嫌いはわかれますが古くからあるお菓子のレシピ本だとほとんどが上白糖を使っています。

野菜のお菓子作りにピッタリなお砂糖は・・・キビ糖

私の中ではお野菜や果物を使ったものにはキビ糖が一番合うと思います。
甘さが控えめであってもコクがあること。そして何より身体に優しいことがポイントです。
お野菜のお菓子ということは普通の洋菓子と違って健康を考えているから作るんだと私は思っています。なので使う調味料にもこだわりを持ちたいのです。
黒糖だと味が濃く、自己主張の強いお砂糖なのでお野菜のもつ自然の甘みや風味を損なうのではないかと私自身思っています。
ところがキビ糖だと、グラニュー糖と違い少し主張はありますがお野菜の持つ本来の甘みと風味をうまく引き出してくれるので私はお野菜のお菓子作りにはキビ糖をおすすめします。

お野菜×お砂糖で作ったお菓子

こちらは通販で見つけた身体に優しいお菓子です。
乳製品を使わず、また小麦粉も使わず身体に優しくて健康的なお菓子です。
使われているお野菜は、にんじん、さといも、さつまいも、えのき、まいたけです。この5種類のお野菜を炊いたものを米粉生地に混ぜ込んだシフォンケーキです。乳製品の代わりに無調整の豆乳を使いっているので、普通お菓子では摂取できないミネラルや栄養素、そしてイソフラボンがこのシフォンケーキだけで摂取することができます。

店    名:お野菜スイーツ専門店 どんぐりの木

住    所:〒176-0021 東京都練馬区貫井2-2-7

電    話:03-3970-0310

営業時間  :9:30~18:00

定 休 日 :月曜日

商 品 名 :奇跡のシフォンケーキ ¥1,500

まとめ

お菓子を作る際の調味料ってレシピには詳しく書いていないんですよね。
例えば、小麦粉とだけ表示されていると、お菓子作りをよくする人や小麦粉の知識がある人はお菓子には薄力粉ということは当たり前とされていますが、全く初めて作る方には小麦粉って薄力粉?強力粉?どっちなんだろうって思いますよね。
また同じ薄力粉でもお料理に向いている薄力粉と製菓に向いている薄力粉があるんです。
お砂糖も同じで、お菓子作りには基本グラニュー糖ですがレシピ本には砂糖とだけ書いてあります。でもその作るお菓子によって粉糖が相性良い場合もあればグラニュー糖がいいときもあり、私のようにキビ糖を使う人もいますし、上白糖の甘さが好きでお菓子に使用される人もいます。
お砂糖以外の調味料も人それぞれなのでそんなに難しく考えないで最初は、お家にあるお砂糖でOKだと思います。
ただ三温糖はお菓子作りにはあまり向いていないのは経験済みなので・・・。
お野菜のお菓子作りならグラニュー糖か上白糖が一番手頃でトライしやすいと思います。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.