ベジスイーツ人気

野菜を使ったお菓子の作り方

投稿日:

野菜を使ったお菓子って難しそう?美味しくないんじゃない?苦いんじゃない?って思っていませんか?
でもお野菜って加熱すると甘みが増すものも多いんです。
また普通にお野菜を食べるよりも、生クリームやお砂糖なども使っているのでお野菜の苦味や臭みは生で食べるよりも少ないですよ。

野菜を使ったお菓子・・・生野菜編

小松菜はほうれん草に比べてあくが少ないので下茹でが不要なお野菜です。なのでお菓子にするには便利なんですよ。

《材料》
小松菜・・・2束
ホットケーキミックス・・・100g
オリーブオイル・・・30g
たまご・・・1個
キビ糖・・・大さじ1~2

※お砂糖の量は調整してください。トッピングに生クリームなどを使う場合は控えめで、そのまま食べられるのなら、少し多くても大丈夫です。お子様の味覚に合わせてあげてください。
※オリーブオイルはバターでもマーガリンでも米油でもOKです。ただし、お子様が食べられるのならトランス脂肪酸の入っていないショートニングやオリーブオイル、米油がオススメです。

《作り方》
材料全部をフードプロセッサーに入れてブイーンとペースト状にしてカップに流し込み、予熱したオーブンで焼くだけです。

※焼き時間について
基本お菓子作りのオーブンの温度は180度です。(我が家のは古いのでレシピに書いてある温度より20度高くしないと失敗するんですが・・・(笑))
また、基本の焼き時間もクッキーなら10~15分 カップケーキなら15~20分 ケーキなら40~50分位がだいたいの目安になります。(機種やカップや型の大きさにもよりますのでご注意してくださいね。要調整です)

ちょ~便利野菜パウダーを使ったお菓子の作り方

スーパーではまだ見かけませんが、富澤商店やコッタさん、プロフードなどお菓子の材料を扱っているお店にいくと、最初の頃はかぼちゃとほうれん草くらいしかなかった野菜パウダーが今はたくさんの種類が販売されています。
この野菜パウダーを使うと、色もキレイですし、野菜の下準備もいらないのでとっても楽にお菓子作りができます。
例えば、市販のレシピに書かれているプレーンのケーキで小麦粉が200gならばそのうちの10gだけを野菜パウダーに変えればOKです。
なので小麦粉190g、野菜パウダー10g=粉200gでOKです。
そう考えれば、いろんな野菜パウダーを買って色々試せますよね。
また、野菜パウダーも野菜の香りは残っているので(正直、生には劣ります)簡単に作りたいときはオススメです。
私の場合食用の色素を使う事に抵抗があるので、色付けしたときは野菜パウダーを使っています。色の濃さは量で調整できますから。

《材料》
・ホットケーキミックス・・・140g
・野菜パウダー・・・10g
・たまご・・・1個
・豆乳・・・140ml

《作り方》
全部混ぜてフライパンで焼くだけで、簡単ホットケーキの完成です。
また、たまごを卵黄と卵白に分けてメレンゲを作り、少しバターなどの油脂を足してオーブンで焼くとカップケーキもできちゃいますよ。

まとめ

野菜のお菓子作りって思ったよりも難しくなかったですよね。
確かに、生のお野菜を使うと下準備やペーストにしたりって手間があるんですが、手軽に野菜パウダーや野菜ジュースを使うと作れるので是非試してみてくださいね。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.