ベジスイーツ人気

子供のおやつに最適ベジスイーツ~その訳とは?~

投稿日:2016年12月8日 更新日:

子供のおやつにおすすめベジスイーツ

大人も子供も楽しみにしている、おやつの時間。美味しいおやつで、身も心も満足して、楽しい一時を過ごしたいものです。しかし、おやつ選びで注意しなくてはいけないことが一つあります。それは、大人と子供がおやつを食べる時、大人は、仕事や家事の合間のリフレッシュとして、リラックス効果のある甘いおやつを食べたいと思いますが、一方、一日中動き回っている子供は、お腹がすいたから、お腹を満たすものを、おやつに欲しがるという違いがあることです。また、大人は、おやつを食べながら、食事との兼ね合いを考えて途中でやめることができますが、子供は、甘いものが大好きで、一度甘いお菓子を食べだすと、なかなかやめることができず、たくさん食べてしまいがちです。結局、食事がなかなか進まないといった悪循環に陥ってしまいます。食事から本来、必要な栄養を摂らなくてはいけないのに、お砂糖や油、添加物を多く含んだ食品を、たくさん食べてしまうと、丈夫な身体を作る栄養素が摂れなくなってしまいます。また、カロリーが高い、スナックやクッキー、ケーキばかり食べていると、将来、糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高まるため、こどものおやつ選びは、少しそういったことをふまえて、慎重に選ばなくてはいけません。

子供のおやつを選ぶポイント

選びきれない程のたくさんの種類のお菓子から子供に合ったものを、購入するのは難しいかもしれません。そういった場合は、パッページの裏に記載してある、お菓子に含まれる成分や使われている材料をよく読んで、できるだけ添加物やお砂糖、油を使っていないもの、自然素材で身体に優しく、子供の成長を妨げないものを選んでみてください。野菜を使ったスイーツは、野菜本来の甘味を生かせるのでお砂糖を控えることができ、体調を整える作用のある野菜を使うので、丈夫な身体づくりにも役立ち、子供のおやつ作りに最適です。お砂糖や油の取り過ぎは身体によくないとは、よく耳にしますが、それは、ただ単にカロリーが高く肥満になりがちだから・・・だけではありません。普段私たちが使っている調味料にも目を目を向けて、今後のお菓子作りに役立てて下さいね。

上白糖の取り過ぎが健康に与える影響

お砂糖といえば、、大体の人が上白糖を思い浮かべるのではないでしょうか?白くてさらさらしたこのお砂糖はいろいろなお菓子や料理に使われています。しかしながら、この上白糖は、どのようにつくられているかご存知の方は少ないと思います。日本のお砂糖は、ほとんどサトウキビが原料のかんしょ糖で、精製の工程や度合い、製法によって、いろいろな種類があります。私たちにおなじみの、上白糖は、サトウキビの茎をしぼって、糖液を取り出し、これを煮詰めて、茶色い糖液を取り除き、結晶だけを取り出したものです。こうして精製されて、ショ糖の純度を高めた分みつ糖は、残念ながら、サトウキビに含まれる豊富なミネラル分や微量のビタミン、滋味深い風味をなくしてしまっています。みつと分けられた砂糖の結晶は、さらにいろいろな形に精製されていき、こうして作られる砂糖は、もはや、本来の砂糖とは、まったく違うものになり、「人工」の甘さになっています。こういったお砂糖を摂り過ぎてしまうと、血糖値が上がり易くなったり、血液に直接入り、急激に血糖値をあげてしまいます。これが続くと、やがて糖尿病になってしまいます。また、人は疲れると甘いものが欲しくなり、実際に砂糖をとると、元気がでます。しかしがながら速効性がある反面、消費も早く、逆に気分が落ち込んでしまいます。これが繰り返されると、情緒が不安定になりがちです。

まとめ

子供が毎日食べるおやつは、甘いお菓子ばかりでなく、野菜を取り入れたスイーツがおススメです。お砂糖の取り過ぎは、肥満に繋がるだけでなく、糖尿病を発症したり、お菓子の甘さや美味しさから、たくさん食べてしまう傾向にあり、丈夫な身体を作るのに必要な栄養を摂る妨げにもなります。子供のおやつは、お腹を満たしてくれる、日頃、足りていない栄養を補えるものがベストです。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.