ベジスイーツ人気

話題のベジスイーツとは?その魅力を解説!

投稿日:2017年4月25日 更新日:

最近の健康ブームでベジスイーツが大流行しています。その名のとおり、野菜を使ったスイーツはヘルシーでおいしいと若い女性を中心に大人気。日本のスイーツ界に定着しつつある「ベジスイーツ」ですが、その定義って何なんでしょうか?知っているようで知らないベジスイーツの世界を垣間見てみたいと思います。

そもそもベジスイーツって何?

野菜そのものの味と甘みを活かして作られたお菓子のことです。メインの材料として野菜が使われています。

例えば、トマトのケーキ。 えっ、トマトをケーキに??と驚かれるかもしれませんが、 甘みの強いトマトはケーキにぴったり。どんなふうにトマトが使われているかというと、トマトピューレをスポンジ生地の中に練りこんだり、スポンジとスポンジの間にスライストマトをサンドしたり、また飾りとしてちょこんと乗せればいちごのような見た目のかわいらしいケーキになります。

このように随所随所に野菜を感じることのできるスイーツなのです。もちろんケーキだけではありません。スイーツというからにはクッキー、プリン、ゼリー、和菓子まで様々な種類のお菓子で野菜が使われています。

健康志向のケーキ、甘さは控えめ

ベジスイーツを好む世代はやはり若い女性(20~30代)が中心です。しかし、スイーツが大好き、だけどカロリーが気になる・・・
糖分や脂肪分も・・・など、世代に関わらず健康に気を使うスイーツ好きさんなら誰でも気になる存在ではないかと思います。

なぜならベジスイーツは一般的に、甘さ控えめ、 脂肪分控えめ、 添加物控えめで作られていることが多いからなんです。野菜の持ち味を活かそうと思うと、やはり過度な甘みは邪魔になるのでしょう。
また、脂肪分も同じです。もともと野菜は果物ほど甘みが多いわけではありません。実際にベジスイーツにおけるスポンジやクリームは、野菜の味を十分感じるために主張が控えめであることが多いです。

買うだけじゃない 手作りも可能

ベジスイーツといえばお店で買うもの、というイメージがありませんか?実は、ものによっては簡単に手作りすることができるのです。

例えばにんじんのカップケーキ。カップケーキ生地の中ににんじんのすりおろしを入れて焼き上げます。 きれいなにんじん色が食欲をそそりますよ。

トマトのゼリーは甘くマリネしたプチトマトをゼリー液に入れ、冷やし固めればできあがり。

このように一般的なお菓子作りのプロセスの中で、少し野菜を入れる手間をプラスするだけでベジスイーツになるのです。

簡単に作ることができるので、近くにお店がない、お取り寄せすることもなかなか難しい、という方は 気軽におうちで手作りを試してみてはいかがでしょうか?

ブームはいつから?

今でこそお店もたくさんでき、気軽に手に入れることができるようになったベジスイーツですが、このブームはいつからなのでしょうか?

パティスリーポタジエのオーナーパティシエ、柿沢さんが世界初の野菜スイーツ専門店を東京に出店したのは2006年のこと。それ以前にも野菜スイーツ作りに取り組んでいたパティシエさんはきっといるのだと思いますが、このお店ができたのが始まりといっても過言ではないでしょう。それからベジスイーツは次第に市民権を得ていったのです。

まとめ

知っているようで知らなかったベジスイーツの世界、いかがでしたか?はやりだから、というわけではなくても健康と美容のために一度は試してみたいですね。

しかし!食べすぎには要注意。いくら甘さ控えめだからといって、食べすぎればその分カロリーを摂取してしまいますので量はほどほどに・・・。

野菜のおいしさを十分に楽しみながら同時に健康な体を心がけられるならこんなにすてきなスイーツはありません。ぜひ一度おためしあれ。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-ベジスイーツ人気

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.