「野菜ごとのスイーツレシピ」 一覧

スイーツ

色がきれいでお菓子の材料にも便利なトマトジャムの作り方

夏の定番野菜トマトを使ったジャムは、ほのかな香りと酸味と、トマトのきれいな色で目にも美味しい驚きのジャムです。トーストに添えても、ヨーグルトにかけてもケーキやクッキーに混ぜても美味しく頂けます。今回は ...

親子

あめ色玉ねぎを使ったお菓子スコーンの作り方

イギリスのティータイムには欠かせないスコーンは、多めのバターと小麦粉と砂糖を牛乳と卵でまとめてオーブンで焼いた伝統的な焼き菓子です。サクサクとした大きなクッキーのような焼き菓子で、食べ応えがあり、おや ...

料理

懐かしい手作りお菓子芋けんぴの作り方

芋けんぴは高知県の郷土菓子「けんぴ」が派生して作られたお菓子と言われています。サツマイモを短冊に切って、油で揚げて蜜を絡めたお菓子です。「かりんとう」と同じ作り方をするので、芋かりんとうとも呼ばれてい ...

手作り

カルシウムで骨粗しょう症予防!ベジスイーツの作り方2選!

ボックスクッキーはバターと砂糖と小麦粉を混ぜてクッキー生地を作り、棒状にして冷蔵庫で冷やし固め、食べる時に食べたいだけ、ナイフで8㎜ほどの厚さに切り分け、オーブンで焼いて食べることが出来ます。冷凍庫に ...

子ども

子供にも大人気のお菓子ニンジンリンゴジャムの作り方

ニンジンのオレンジ色がとてもきれいなニンジンリンゴジャムは、砂糖を使わずに、ニンジンとリンゴの自然の甘さで食べられる、とっておきのベジスイーツです。 離乳食にも利用されることが多いジャムですが、ヨーグ ...

スイーツ

レモンバームを使ったお菓子香り高いサバランの作り方

レモンバームはシソ科の香辛野菜(ハーブ)の一種です。東地中海地方が原産とされ、南ヨーロッパから始まって世界中で育てられ、料理やお茶や入浴剤として利用されています。 レモンバームの香りには抗うつ作用があ ...

シューリーム

冷蔵庫で作れる!アイスやゼリーの作り方6選!

採れたてのトウモロコシの皮をむいて実をほぐし、特殊な機械で粒をクリーム状に細かくして缶詰にして熱を加えたコーンクリーム缶詰は、コーンポタージュスープやトウモロコシのシチューを作る時にとても便利な缶詰で ...

女子会

ローズマリーを使ったお菓子の作り方

ローズマリーは香辛野菜(ハーブ)の一種です。松の葉のような細くて硬い葉には、清涼感のある甘い香りのする揮発性油分を含んでいます。 ローズマリーはシソ科の常緑小低木の一種なので、一年中緑色の葉が茂ってい ...

金時豆のはちみつ漬けで簡単でヘルシーなお菓子作り

金時豆を茹でて蜂蜜に浸した、ハニー金時は、冷蔵庫に保存しておくとおやつや箸休め、お茶うけ、オードブルなど使い道が多いスイーツです。朝食に少し甘いものを食べて頭を起こしたい時にも重宝しますよ。なにかと使 ...

子ども

ワインにあうお菓子ピーマンのドーナツ

ビーマンは唐辛子の一種ですが、辛みはほとんどありません。未熟なものは緑色ですが、未熟なため苦みがあります。完熟すると赤くなり赤ピーマンと呼ばれます。一般的にでまわっているのは、緑色のピーマンです。 今 ...

スイカ

トマトゼリーはトマト嫌いを克服するお菓子

トマトは中南米のアンデス高原が原産の野菜です。ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」という格言があるほど栄養価の高い野菜として知られています。 トマトの赤い色の色素はリコピンというポリフェ ...

ひな祭り

ニンジン嫌いでも食べられるお菓子「ニンジンゼリー」

ニンジン(人参)には、太く短いオレンジ色の西洋系の種類と細く色が薄い東洋系の種類の二種類が一般的です。 西洋系の鮮やかなオレンジ色のニンジンはベータカロテンがとても豊富に含まれていて、大きなものであれ ...

子ども

お菓子で冷えやむくみを予防!生姜の砂糖漬けのレシピ

ピリッと辛い生姜(ショウガ)に砂糖をまぶしたお菓子、「生姜の砂糖漬け」は、生姜に含まれる体を温める成分をお菓子として食べることができる便利なスイーツです。生の生姜に含まれるジンゲロールは熱を加えるとシ ...

ティータイム

ダイエットのおやつ低GI食品の干し芋の作り方

干し芋は野菜のサツマイモを蒸して天日や温風乾燥機で干したものです。おやつやお茶うけはもちろんのこと、朝食や夜食にも重宝するお菓子です。 干し芋はドライフルーツなどと同じように、乾燥して水分が少なくなっ ...

チョコレート

ダイエット中の豆腐のティラミスときな粉のスイーツ

豆腐(とうふ)は大豆を加工して作る日本のソウルフードとも言える、伝統的な食品です。大豆は「畑の肉」とも呼ばれる野菜の一つで、植物性たんぱく質や食物繊維、カルシウム、カリウム、ビタミンB1などが豊富なの ...

パウンドケーキ

アスパラガスショートブレッドとつるむらさきのグリーンスムージーレシピ

アスパラガスはヨーロッパが原産のユリ科の多年草で、地上に伸びる茎の部分を食す野菜です。種を植えてから2~3年経過しないと収穫できず最初のうちは、ひょろひょろの細いアスパラガスしかできません。10年間く ...

お菓子

お茶うけにお勧めのお菓子うぐいす豆のレシピ

うぐいす豆はグリーンピースをお砂糖で煮詰めた煮豆です。グリーンピースはマメ科の野菜の一つで、エンドウ豆のさやの中の豆を取り出したものです。グリーンピースで作られたスイーツのうぐいす豆は、和菓子の材料と ...

料理

インドのお菓子ガージャル・ハルワの意味

ハルワ(ハルヴァ)は小麦粉やすりおろした野菜と乳製品を砂糖で煮たお菓子です。アジア地域のバングラデシュやインド、地中海地域のギリシャ、トルコ、中近東やアフリカなど広い地域で食されているデザートの一種で ...

ダイエット中にお勧めのおやつ!ピーナッツとサツマイモ

ダイエット中にお腹がすいて眠れない時、ホットミルクにピーナッツバターを少量溶かしてほんのり甘いホットピーナツミルクを飲んでみるのはいかがですか?お腹がじわっと温まり眠りにつきやすくなるかもしれません。 ...

ティータイム

ダイエット中に炭酸水でジンジャーエール

ショウガ(生姜)は世界各地で香辛料や民間薬として用いられている野菜の一つです。原産地はインドからマレー半島にかけてのアジア南部で、日本へは中国から3世紀頃に伝わりました。ショウガは主に薬用として栽培さ ...

ティータイム

ダイエットによる貧血予防スイーツとローカロリーなベジスイーツ

日本の20代の女性の20%は貧血で、その原因の多くはダイエットや偏食など原因の鉄欠乏症であると言われています。 鉄欠乏症は食事に鉄分を多くすることで予防できると言われていますが、 鉄分以外にも、鉄分を ...

女子会

ウグイス豆のレアチーズケーキでビタミン摂取

ウグイス豆は緑色のかわいい豆で、様々な世代に人気の野菜です。今日はこのウグイス豆の魅力にせまります! ウグイス豆に含まれる栄養素と健康効果 まず挙げられるのはビタミン類です。特にビタミンB1が豊富です ...

子ども

白金時豆の蜜煮で皮膚を内面から健康に!

白金時は北海道で栽培されているインゲン豆の白金時の一種で、大正金時と同じような楕円形で表皮全体が白いのが特徴です。もともと白金時は和菓子の白餡の需要に応えるために研究栽培されたものですが、栽培が難しく ...

かぼちゃ

白花豆と豆腐のヘルシーケーキで体力回復

白花豆とはインゲン豆の一種で、そら豆のように比較的粒の大きい豆です。それほどメジャーな野菜ではないのですが、実はこの白花豆には非常に多くの栄養が含まれています。 白花豆に含まれる栄養と健康効果 主要成 ...

スイカ

大葉のグラニテで皮膚を若く保とう

大葉と言えばよくスーパーで売っている刺身の下に敷かれているイメージが強いと思います。そのためただの飾りで栄養があまりないと思っている方も多いと思います。しかし大葉を使った料理は非常に多く、肉や魚を加熱 ...

子ども

黒目豆の餡でエネルギーを補給

黒目豆は大変珍しい豆です。その見た目の特徴は、クリーム色の皮地に、芽の周囲が黒く輪っかになっていることです。ちょうど目のような模様をしているため、このような名前がつきました。味の特徴は、小豆のようなエ ...

金時豆と甘酒のカップケーキで細胞活性化

金時豆とはインゲン豆の一種で、日本では北海道で主に生産されています。金時豆は粒の形が良く、味も優れていることから、煮豆用に最も適した豆とされ、洋風の煮込み料理にもよく用いられます。甘納豆の原料としても ...

子ども

キドニービーンズブラウニーで血液をきれいに

キドニービーンズとは紅い色をしたインゲン豆で、皮がしっかりとして炊き崩れが少ないのが特徴です。クセがなくさっぱりと召し上がれることもサラダなどによく使われます。このキドニービーンズは実はとても豊富な栄 ...

ケーキ

ひよこ豆のスイーツ春巻で便秘解消

ひよこ豆はそのほくほくとした食感が特徴の野菜で、インドカレーなどによく用いられることで有名です。ひよこ豆には非常に多くの栄養が含まれています。 ひよこ豆に含まれる栄養素と健康効果 肉や魚に匹敵するほど ...

ひな祭り

とら豆茶巾で健康維持をサポート

とら豆とは豆の外側に虎柄のような模様があることからその名前が付けられました。いったいどのような野菜なのでしょうか。 とら豆に含まれる栄養と健康効果 主要成分は炭水化物とタンパク質です。炭水化物は消化さ ...

ケーキ

おたふく豆のアイスで高血圧予防

おたふく豆とはソラマメの1品種で、豆がとくに大きく、お多福の面のようにふっくらしていることからその名前が付けられました。味もよく、昔から京都地方の特産とされ、若いうちに収穫したものは塩ゆでにして食べ、 ...

子ども

うずら豆のカスタードタルト

うずらまめは、豆の形は円筒形、表皮は淡褐色の地に赤紫色の斑紋が入ったいんげんまめで、その名は種皮の模様が鶉(うずら)の卵に似ていることに由来します。このうずら豆には非常に多くの栄養が含まれています。 ...

マフィン

シナモンジンジャーバナナケーキ で体をあたためよう

古代より医療に使われてきた生姜 生姜は多年草で、食材・生薬として古くから利用されてきました。生姜の根茎は生薬として生姜(しょうきょう)と呼ばれ、中国では昔から薬用として利用されています。日本でも、風邪 ...

パウンドケーキ

パプリカのヨーグルトプリンとかぶのレアチーズ

ピーマンが未熟な状態で収穫された野菜であるのとは対照的に、パプリカはカラフルで肉厚の完熟したトウガラシ科の野菜です。色も、ピーマンとは異なり赤、黄、オレンジと色とりどりで様々な料理に彩のアクセントとし ...

フェンネルとオートミールのクッキーで高血圧予防

フェンネルという野菜をご存知でしょうか。フェンネルは、ビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含むセリ科ウイキョウ属の多年草植物です。日本ではウイキョウという名前で通っており、葉や茎はハーブとして生 ...

お菓子

大根おろしヨーグルトで美肌に!大根で酵素ダイエット

大根と言えば煮物や鍋料理、漬物など、日常の食卓のあらゆる場面で登場する、日本ではなじみ深い野菜の一つです。根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜という面白い組み合わせで、全体を通して無駄のない野菜で ...

手作り

青唐辛子のクッキーで疲れをとばそう

青唐辛子は最近では徐々に人気が高まり、韓国料理やアジア料理に多く使われることからより日本人にとって身近な存在となっている野菜です。青唐辛子の旬は夏場なのですが、実は青唐辛子はよく知られている赤唐辛子の ...

マフィン

水菜とラムレーズンのマフィンと水煮大豆とココアのケーキ

水菜とは、アブラナ科アブラナ属の野菜で、古くから、関西の京都を中心に栽培され、伝統的な京野菜としておなじみです。とてもおいしく癖もあまりない食べやすい野菜として家庭でも登場する機会が多いですよね。実は ...

パウンドケーキ

小松菜のバウムクーヘンで血液をきれいに

小松菜は栄養成分が豊富な緑黄色野菜で、天然のマルチサプリと呼ばれているほどです。日本の家庭でもおひたしや炒め物などあらゆる料理に登場する馴染み深い野菜の1つとなっています。本記事ではこの小松菜に含まれ ...

さつまいも

紫山芋のかるかんで滋養強壮

紫山芋はヤマノイモ科ヤマノイモ属の野菜で、市場流通の少ない希少な紫色の山芋。です、別名紅芋ともいわれ沖縄に昔からある野菜で主に沖縄、種子島など南方地域で栽培されています。鮮やかな紫色をした紅芋チップス ...

ベジスイーツ

レンズ豆のぜんざいでデトックス!

レンズ豆の原産は西アジアから地中海にかけての乾燥地帯とされ、現在では世界の熱帯から温帯までの幅広い地域で栽培されています。世界各地で身近に利用されており、あらかじめ水につけなくても調理できる手軽さや栄 ...

お菓子

レタスのマフィンで視力維持

レタスは主にサラダなどに登場する野菜で、日本でも頻繁に食卓に登場します。レタスは約95%が水分で出来ているため低カロリー食材で栄養価は期待できないと思われている方も多いようですが、実は幅広い栄養素をバ ...

ホットケーキ

ルッコラのパンケーキでがん予防!

ルッコラは、アブラナ科のハーブです。特徴はあの爽やかな香りと辛みで、サラダなどに使うとアクセントになる味わいで、比較的用いられる機会の多い野菜と言えます。この辛み成分を始めルッコラには多くの栄養が含ま ...

マフィン

ユリ根のマフィンでエネルギーチャージ

ユリ根とは名前の通りユリの球根部分であり、日本で手に入るものはほとんどが北海道産です。10月頃に収穫し12月頃に正月用の食材として出荷されます。特徴はなんといってもあのほくほくとした食感と独特の甘みで ...

スイーツ

ヤーコンリーフのクッキーで善玉菌を増やそう

ヤーコンとは中南米アンデス高知原産のキク科の根菜で、インカ帝国の時代から食べられていた野菜です。見た目はさつまいものような形をしていて、食べるとほんのり甘くシャキシャキとした食感が果物の「梨」に似た美 ...

洋菓子

バランスの良い栄養摂取!もやしケーキ

もやしと言えば、家計の味方の代名詞的存在であり、スーパーなどでも年間を通して非常に安い価格で手に入ります。独特のシャキシャキ感を味わうために炒め物に入れたりと何かと重宝しますが、この安さと見た目であま ...

マフィン

ドライトマトとポルチーニのマフィンサレで抗酸化作用を

ポルチーニとはのキノコの一種で、味と香りと食感がよく、「キノコの王様」と呼ばれる高級食材です。夏が旬の野菜でマツタケより大きく、肉厚でジューシーな食感が楽しめます。イタリア料理とフランス料理で多用され ...

トマト

ぶどうとミニトマトのスイートマリネで保水力アップ

ミニトマトはサラダやお弁当の飾りとしてよく使われる食材ですが、普通のトマトに比べたら大きさの割に値段も高く、それほど頻繁に購入する野菜ではないですよね。多くの方はトマトを品種改良したものがミニトマトで ...

お菓子

フィリピンスイーツ マハブランカでバランスの良い栄養を

とうもろこしは米と麦に並んで世界三大穀物と言われています。ペースト状にしてコーンクリームスープとして飲んだり、夏場はバーベキューで焼きたてを味わったり、私たちの生活にすっかり馴染んだ野菜であるといえま ...

くわいの黒蜜がけ団子でむくみを取ろう

くわいは、その「芽が出る」姿から、縁起物としておせち料理にも使われることが多い高級野菜です。日本の食卓では主に煮物や、酢の物に入れたりするほかにも、薄切りして天ぷらにするなど様々な方法で食べられていま ...

パウンドケーキ

エシャロットのケーキで疲労回復 

エシャロットは中東が原産の香味野菜で、見た目は小さな玉ねぎのような形をしている野菜です。皮をむくと紫色の綺麗な実が姿を現し、玉ねぎよりは強い香りがしますが、にんにくほどではなく、バランスの良い香味が特 ...

ウコン入りサーターアンダーギーで肝機能改善

ウコンは、別名ターメリックとも呼ばれショウガ科ウコン属の多年草植物です。根茎を乾燥し香辛料として用い、ターメリックライスなどが有名ですね。日本では「ウコンの力」という栄養ドリンクが普及しているように漢 ...

スイーツ

アイスプラントのスムージーで腸内改善!

アイスプラントとは南アフリカのナミブ砂漠が原産の多肉植物で、サボテンのような多肉多汁組織を持っています。特徴はその肉厚な葉と表皮の粒々です。表皮の粒は水滴ではなくてミネラル分を多く含むブラッター細胞と ...

サラダ

ダイエットにもリコピン!トマトを使ったべジスイーツ

トマトは夏になるとたくさん収穫されるナス科ナス属の果実です。日本で出回っているのはほとんどがピンク系の赤いトマトです。そのトマトの鮮やかな赤い色と、酸味と甘みとうまみ成分などを活かしたサラダやパスタソ ...

プリン

はくさいのはちみつ豆乳プリンで歯を丈夫に!

はくさいと言えば冬の鍋には必ず入るほど日本ではポピュラーな野菜です。白菜の特徴は何と言ってもそのくせのなさ。ある意味淡白な味わいであるために、他の食材とも相性が良く使いやすい食材です。鍋料理でも、白菜 ...

洋菓子

冬瓜パイといちごとスプラウトのスムージー作り方

冬瓜とは熱帯アジア・ジャワ島が原産の野菜であり、果実は小さいものから大きいものまであり、大きいものだと10kgを越すものもあるそうです。名前の由来は、冬に収穫すると言う意味ではなく、貯蔵性が高く、夏に ...

クッキー

ラベンダーとよもぎのクッキーでアンチエイジング

よもぎはよもぎ餅をはじめ、和菓子などではすっかりおなじみの野菜です。日本でもあらゆる場所に生息しているため、実際に目で見たことがある人も多いのではないでしょうか。よもぎ茶として、また青汁の原料として飲 ...

クッキー

ふきの砂糖菓子で新陳代謝を

ふきは日本原産の野菜でその歴史は平安時代にまでさかのぼると言われています。地上には花芽と葉が出ていますが、茎の部分は地中に伸びています。ふきとは、その地下茎からでてきた葉の柄の部分にあたります。このふ ...

クッキー

ピーマンとくるみのクッキーでしわを伸ばす!

ピーマンは、中南米が原産の、とうがらしの一種です。日本では夏場が旬の時期であり、様々な料理に登場する、おなじみの野菜です。子供のころピーマンの苦みが嫌いだったという方も多いでしょう。ピーマンはその苦み ...

お菓子作り

ビーツのティラミスで筋肉質に

ビーツは、ロシアの伝統料理であるボルシチによく使われている赤い根菜です。ホウレンソウと同じヒユ科(アカザ科)の植物で、てんさい糖の原料となる甜菜(てんさい)の仲間です。実はこのビーツは奇跡の野菜、と言 ...

お菓子

パプリカのヘルシースイーツの作り方5選

ピーマンが未熟な状態で収穫された野菜であるのとは対照的に、パプリカはカラフルで肉厚の完熟したトウガラシ科の野菜です。色も、ピーマンとは異なり赤、黄、オレンジと色とりどりで様々な料理に彩のアクセントとし ...

クッキー

バジルのチーズクッキーで肌を美しく

バジルは人気の高いハーブの1つであり、一般的なスイートバジルの他、レモンバジル、シナモンバジルなどさまざまな品種があります。バジルの葉はトマトとの相性がよく、サラダ、ピザ、パスタなどイタリア料理には欠 ...

シフォンケーキ

はちみつレモンネギケーキで血栓予防

ねぎは日本の食卓でも頻繁に登場する万能な野菜の1つです。炒め物の最後の仕上げにまぶしたり、うどんやそばの薬味にしたりと、使い方も様々です。体を温める効果があることから、風邪の時に摂取したり、首に巻いて ...

スイーツ

はちみつ漬けにんにくのケーキで風邪を撃退

にんにくと言えばあの独特で強めの香りがまず思い浮かびます。翌日が仕事の時などはなるべく食べることを避けたいものですが、中華料理の炒め物やパスタなどのイタリアンを作る時に油とともに熱したときの香ばしさは ...

洋菓子

にんじんのクリームサンドクッキーで免疫力回復

にんじんは食べても甘みがあっておいしく、見た目も美しい野菜なので、和洋中と、あら ゆる料理に利用できる便利な食材です。生でもよし、煮ても妙めても、漬けてもおいしく食べられる、 まさに野菜の万能選手、緑 ...

なめこのフォンダンショコラで肌を保水

なめこと言えば、日本ではお味噌汁に入れたり、なめたけにしたりと、食卓に頻繁に登場する野菜ですよね。何と言ってもあのぬめっとした食感と香ばしいきのこの香りが非常に食欲をそそります。そしてこのなめこにはと ...

和菓子

体も温まる、唐辛子を使ったピリッと辛いゆべし

とうがらしは、中南米原産で15世紀の終わりに、コロンブスによってスペインに持ち込まれ、ヨーロッパに広がり、以降世界中で主な香辛料として使われています。 唐辛子はなんといってもあの辛さが特徴で、その辛さ ...

落ち着いた気分に♪さわやかディルのオレンジコンポート

ディルはすっきりとした香りと独特の風味が特徴の香草です。その歴史は古代までさかのぼり、古くから薬草として用いられ神経の鎮静作用や消化機能の改善に役立つといわれてきました。今日でもハーブとして魚料理やス ...

ケーキ

りんごとたけのこのベニエで疲労回復

春が旬のたけのこ たけのこは、日本では一般的に春に食される、こりこりとした食感とさわやかな香りが特徴的な野菜です。一般家庭の食卓では煮物などで登場することが多いですが、もともとたけのこに含まれるエグみ ...

クッキー

タイムクッキーでエネルギー代謝をアップ

タイムはヨーロッパ原産のハーブであり、古代よりその強い殺菌効果が注目され、なんとエジプトではミイラの防腐剤として用いられるほどだったそうです。今日でも主に西洋料理で肉や魚料理にその殺菌効果とくさみ消し ...

しょうがとゴマのおこしで骨太に

ごまには黒ごま、白ごま、黄ごま、金ごまなどの種類があり、決してメインディッシュになることはありませんが、ごまがあることで料理の風味が何倍にも引き立つ、私たちの生活には欠かせない野菜です。このごまには非 ...

ベジスイーツ

イチゴゼリーとインゲン豆の白あん羊羹で健康維持

いんげんという言葉を聞くとさやいんげんを思い浮かべる方が多いと思います。さやいんげんはインゲン豆が成熟する前に摘み取ったものでさやごと食べれる野菜です。それに対し、インゲン豆は名前の通り豆類に属し、さ ...

ケーキ

基本の大納言小豆あんでアンチエイジング

お汁粉や赤飯など日本の食卓に小豆は欠かせません。あの独特のつやっとした赤色とたくさんでんぷん質が含まれたほくほくとした触感は小豆ならではの醍醐味ですよね。小豆は和菓子のあんこのイメージが大きいですが、 ...

ルバーブとクリームチーズのケーキでダイエットを助ける

ルバーブはシベリア南部が原産で、日本名では食用大黄(しょくようだいおう)と呼ばれる多年草です。茎の部分が赤くなっているのが特徴で、ジャムなどにしばしば用いられます。シベリア原産というところからやはり寒 ...

スイーツ

アンチエイジング効果のあるパクチーで簡単ベジスイーツ

パクチーに含まれる成分でアンチエイジング効果! パクチーはセリ科の一年草ハーブで、英語ではコリアンダー、中国では香菜(シャンツァイ)と呼ばれています。 古代ローマや古代エジプト、中世ヨーロッパなど、薬 ...

料理

新陳代謝を良くする、さやいんげんで作るベジスーツ

さやいんげんに含まれる必須アミノ酸が新陳代謝を活発に 成熟前のインゲン豆を「さやいんげん」と呼び、若いサヤごと食べるマメ科の野菜です。 つるの有無やさやの形で、丸サヤと平サヤに種類が分けられます。 丸 ...

親子

ひんやり冷たいきゅうりで夏バテ対策!ベジスイーツレシピ

きゅうりで夏バテ防止!火照りを抑えて食欲増進効果も きゅうりはウリ科の淡色野菜で、世界一栄養のない野菜といわれていますが βカロテンやカリウム、カルシウム、ビタミンなどの栄養素が含まれています。 きゅ ...

シフォンケーキ

ペパーミントで美肌を保つ!チョコミントのシフォンケーキ

ペパーミントに含まれる成分で美肌効果 ペパーミントはシソ科ハッカ属で、セイヨウハッカとも呼ばれるハーブの一種です。 ペパーミントはスペアミントとウォーターミントの交配から生まれ、 含まれているメントー ...

クッキー

カプサイシンがダイエットに効く!唐辛子で作るスイーツレシピ

唐辛子に含まれるカプサイシンでダイエット効果 唐辛子はピーマンと同じ、ナス科のとうがらし属です。 赤とうがらし、青とうがらし、ししとうがらし、ハバネロなど数千もの品種があるといわれています。 唐辛子に ...

vegesweet

ガン予防にニラの抗酸化作用が効く!ニラで作るベジスイーツ

ニラに含まれる成分がガン予防とガン抑制に効果的 ニラはユリ科ネギ属で、非常に生命力の強い緑黄色野菜です。 抗酸化力のあるβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、その他ミネラル類を多く含みます。 増加しすぎ ...

団子

そら豆あんのずんだ餅風だんごとにんじんの白玉だんごの作り方

世界最古の野菜、そら豆 そら豆はなんと古代文明が存在していたころから食されていた、世界最古の野菜です。今日の日本ではすっかりおなじみの野菜となりましたが、それでもたくさんある豆類の中でもおつまみやおや ...

スイーツ

ダイエットやデトックスに最適!セロリと林檎の寒天ゼリー

独特の香りに潜む栄養素 セロリといえば主に西洋料理に使われることの多い野菜ですが、特徴はあの独特な香りです。クセも強いですし、また生で食べようが加熱しようがなかなかその香りが抜けないため、苦手な方も多 ...

パンプキン

ケーキを食べて糖質制限!?ズッキーニケーキ

ダイエットに効果的なズッキーニ ズッキーニは6月から8月が旬の夏野菜。まるできゅうりのような見た目をしていますが、実はかぼちゃの仲間です。けれども栄養やカロリーはかぼちゃとは違い糖質制限ダイエットにも ...

お菓子作り

お菓子を食べて冷え性対策!?ジンジャークッキー

古代より医療に使われてきた生姜 生姜は多年草で、食材・生薬として古くから利用されてきました。生姜の根茎は生薬として生姜(しょうきょう)と呼ばれ、中国では昔から薬用として利用されています。日本でも、風邪 ...

vegesweet

ビタミンC補給!じゃがいものスイートポテト

エネルギーの源になる野菜・じゃがいも じゃがいもは北欧の方では主食になるほど世界的にもメジャーな野菜で、その豊富に含まれるでんぷん質が体内で消化されエネルギー源となり、腹持ちも良く、大変人気の高い野菜 ...

ケーキ

ポリフェノールで体内を活性化!なすとりんごのコンポート

免疫力を高めてくれる万能野菜・なす なすは古代より日本に存在する歴史の長い野菜で、種類も丸なす、米なす、長なすなど多岐に渡り、炒めても煮てもおいしくいただける、万能野菜です。油をよく吸うので、てんぷら ...

胃腸をコントロール!キャラメルごぼうのスターアニス風味

食物繊維の王様、ごぼう 日本の食卓において、炊き込みご飯や筑前煮などでおなじみのごぼうは、食物繊維の代名詞とも言われるほど食物繊維が豊富で主に整腸作用に効果があると言われています。野生のごぼうはヨーロ ...

チョコレート

マカダミアナッツのようなカリフラワーチョコで女子力アップ!

実はブロッコリーよりも歴史の古いカリフラワー カリフラワーはその外見からしばしばブロッコリーとの違いについて話題になることがあります。実はブロッコリーのつぼみが突然変異し白くなったものがカリフラワーで ...

スイーツ

夏バテ対策に!オクラのレアチーズムース

オクラの特徴 オクラといえば様々な料理に登場する、私たちの日常生活には欠かせない野菜の1つです。オクラと聞いて思い浮かべるのは、あの中身に含まれる納豆のようなネバネバした部分ですよね。あのぬめり成分こ ...

お菓子

まいたけのパウンドケーキで免疫機能を高めよう

まいたけは秋や冬の代表的な味覚の1つで、鍋料理などでもおなじみの野菜です。価格も一年を通して安定しており、お手ごろなため日本の食卓には頻繁に登場します。どうしてもメイン料理の脇役といったイメージのある ...

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.