野菜ごとのスイーツレシピ

うずら豆のカスタードタルト

投稿日:2017年5月19日 更新日:

うずらまめは、豆の形は円筒形、表皮は淡褐色の地に赤紫色の斑紋が入ったいんげんまめで、その名は種皮の模様が鶉(うずら)の卵に似ていることに由来します。このうずら豆には非常に多くの栄養が含まれています。

うずら豆に含まれる栄養素と健康効果

主要成分は炭水化物とタンパク質です。炭水化物は消化されると糖に代わる物質で、この糖質は、身体にとって、三大栄養素の中でも重要なエネルギー源となっています。 特にブドウ糖は血糖となり、脳や中枢神経、筋肉などの重要なエネルギー源となります。また身体を作る細胞の構成成分にもなります。炭水化物(糖質)が不足すると、エネルギー不足になり体力が弱まり、疲れやすくなり、また、思考力の低下も引き起こすため、人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養です。タンパク質もまた同様にエネルギー源となったり筋肉の生成に必要な栄養素です。
この2つの主要成分以外にも多くの栄養がバランスよく含まれています。特に豊富なのはビタミン類です。ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要な働きをしています。また、細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない栄養素になります。ナイアシンと呼ばれるビタミンB 3も見逃せません。ナイアシンは、水溶性ビタミンの一種で、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。その他の栄養素もエネルギー代謝や脂質代謝などにおいて重要な役割を担っています。
また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

うずら豆を使ったベジスイーツ

このように非常に多くの栄養と健康効果のあるうずら豆ですが、やはりレシピが少ないのが残念なところ。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、うずら豆をよりストレートに味わい、栄養をもれなく摂取できる素敵なレシピをご紹介いたします。

うずら豆のカスタードタルト

[材料]
市販のタルト生地… 6号
うずら豆の甘煮…適量
ヨーグルト(プレーン) …大さじ2
バニラエッセンス…適量
グラニュー糖…適量

■ カスタードクリーム
薄力粉…大さじ3
砂糖…50g
卵黄 …2個分
牛乳…200cc

[作り方]

1.カスタードクリームを作る。耐熱ボウルに卵黄と砂糖を入れ混ぜ合わせる。そこに振るっておいた薄力粉を数回に分けて入れ、しっかりと混ぜ合わせる。
2.牛乳を1に数回に分けて注ぎ、ダマなどができないようにしっかりと混ぜる。
3.2を電子レンジに入れ500wで1分加熱し、かき混ぜる、という工程を数回繰り返す。
4.3がある程度固まってきたら、ヨーグルトとバニラエッセンスを入れてかき混ぜる。
5.タルト生地にうずら豆の甘煮を一様に並べる。
6.5に4を注ぎ入れる。表面を平らにならし、グラニュー糖を上から均等にふりかける。
7.6を200℃のオーブンに入れ15分焼成する。表面にしっかりと焼き色をつくまで様子を見ながら焼成時間を調節する。
8.オーブンから取り出し、粗熱を取ったら冷蔵庫で2時間ほど冷やして完成。

工程も非常に簡単なレシピですので忙しい主婦の方でも簡単に作っていただけます。この機会にぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.