野菜ごとのスイーツレシピ

おたふく豆のアイスで高血圧予防

投稿日:2017年5月19日 更新日:

おたふく豆とはソラマメの1品種で、豆がとくに大きく、お多福の面のようにふっくらしていることからその名前が付けられました。味もよく、昔から京都地方の特産とされ、若いうちに収穫したものは塩ゆでにして食べ、完熟豆は水でもどしてから、黒砂糖と塩少々でつやの出るまで煮つめ、前菜とすることが多いようです。甘納豆にも使われるため、私たちにはなじみ深い野菜と言えます。

おたふく豆に含まれる栄養と健康効果

主要成分は炭水化物とタンパク質です。炭水化物は消化されると糖に代わる物質で、この糖質は、身体にとって、三大栄養素の中でも重要なエネルギー源となっています。 特にブドウ糖は血糖となり、脳や中枢神経、筋肉などの重要なエネルギー源となります。また身体を作る細胞の構成成分にもなります。炭水化物(糖質)が不足すると、エネルギー不足になり体力が弱まり、疲れやすくなり、また、思考力の低下も引き起こすため、人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養です。タンパク質もまた同様にエネルギー源となったり筋肉の生成に必要な栄養素です。
この2つの主要成分以外にも多くの栄養がバランスよく含まれています。特に豊富なのはビタミン類です。ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要な働きをしています。また、細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない栄養素になります。ナイアシンと呼ばれるビタミンB 3も見逃せません。ナイアシンは、水溶性ビタミンの一種で、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。その他の栄養素もエネルギー代謝や脂質代謝などにおいて重要な役割を担っています。
また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

おたふく豆を使ったベジスイーツ

このように非常に多くの栄養と健康効果のあるおたふく豆ですが、やはりレシピが少ないのが残念なところ。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、おたふく豆をよりストレートに味わい、栄養をもれなく摂取できる素敵なレシピをご紹介いたします。

おたふく豆のアイス

[材料]

絹豆腐…1/4丁
きな粉…大さじ1
黒蜜…大さじ1
おたふく豆の甘煮(市販)…2個位

[作り方]

1.水切りをしない豆腐をビニール袋に入れ、手で揉みながら崩していく。その後冷凍庫にいれ1時間ほど放置する。
2.1を取り出して再度手で揉み、よりなめらかにする。再度冷凍庫に入れ1時間半ほど冷やす。
3.2がソフトクリームよりも少ししっかりした程度の固さになったら、ビニール袋の端をはさみで切り、しぼり袋のようにして絞り出す。
4.3にきな粉と黒蜜をかけておたふく豆の甘煮を乗せて完成。

工程も非常に簡単なレシピですので忙しい主婦の方でも簡単に作っていただけます。この機会にぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.