野菜ごとのスイーツレシピ

しょうがとゴマのおこしで骨太に

投稿日:

ごまには黒ごま、白ごま、黄ごま、金ごまなどの種類があり、決してメインディッシュになることはありませんが、ごまがあることで料理の風味が何倍にも引き立つ、私たちの生活には欠かせない野菜です。このごまには非常に多くの栄養と健康効果が隠されているのです。

ゴマに含まれる栄養素と健康効果

ごまは小粒でありながらも、植物性食品の中ではトップレベルの栄養価を持ちます。
ごまに含まれる栄養分で一番特徴的なのはセサミノール(セサミン)です。セサミノールは強い抗酸化作用や動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの増加を抑制する働きがあり、セサミノールの働きを助けるビタミンEも含まれているため、老化防止や肝臓の機能を高める効果が期待できます。また、アルコールの代謝を促す働きもあるため、お酒を飲む前に少量のごまを食べると悪酔いや二日酔いの予防にも効果的です。
次にごまにはカルシウムが豊富なことも見逃せません。日本人に不足しがちなカルシウムは、極端に摂取量が少ないとイライラを引き起こす要因になったり、骨折のリスクが高まります。カルシウムはごまの皮の部分にも多く含まれており、ごまそのものにはなんと牛乳の10倍以上もの含有量があります。
また、これは特に黒ゴマに含まれているものでリグナンという成分があります。ごまの種類は白ごま、黒ごま、茶ごまがありますが、これらの栄養成分にはほとんど差がありません。しかし黒ごまの皮にはリグナンというポリフェノールが含まれており、骨粗しょう症や動脈硬化を予防する働きがあるといわれています。

ごまを使ったベジスイーツ

このように多くの栄養と健康効果を持つごまですが、メインでごまを使ったようなレシピがないのが残念なところです。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ごまを使用した素敵なレシピをご紹介します。

しょうがとゴマのおこし

[材料]

ゴマ…25g
マシュマロ…12g
生姜パウダー…2~3振り
きな粉…小さじ2程度

[作り方]

1.金属トレー(もしくは平らなお皿)に、オーブンシートを敷く。
2.マシュマロを耐熱ボウルに入れて、50秒加熱します。膨らんできますので食べやすい大きさにカットします。
3.2を取り出し、ゴマと生姜パウダーを一気に入れてへらで手早く均一に混ぜます。
4.3を1の上に広げ、上からオーブンシートで押さえるようにして、厚さ1cm位に伸ばす。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
5.冷えた4のラップをそっとはがし、黄な粉をふり、食べやすくカットして、切断面にも黄な粉をまぶす。

[注意]
※ラップを剥がす際、ベタベタして剥がしづらいですが、ゆっくり剥がしてください。
黄な粉をふると切りやすくなります。
※カロリーを気にしないのであれば、マシュマロをチンする際に、マーガリンを小さじ1/2~小さじ1程入れてチンすると、扱いがラクになります。
※ゴマとマシュマロの比率は2:1です。ゴマ以外に、ピーナッツを入れても合います。

日本に昔からあるおこしにゴマを混ぜ込むことによってよりストレートにゴマの味わいと栄養素を摂取することができます。非常に簡単な工程ですので、ご家庭でぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.