野菜ごとのスイーツレシピ

なめこのフォンダンショコラで肌を保水

投稿日:2017年5月15日 更新日:

なめこと言えば、日本ではお味噌汁に入れたり、なめたけにしたりと、食卓に頻繁に登場する野菜ですよね。何と言ってもあのぬめっとした食感と香ばしいきのこの香りが非常に食欲をそそります。そしてこのなめこにはとても多くの栄養素と健康効果が隠されています。

なめこに含まれる栄養成分と健康効果

なめこにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。
まず挙げられるのはあの、なめこ独特のぬめっとした成分に含まれるムチンです。ムチンは、タンパク質と糖類が結合することによってできる成分です。なめこ以外ですと、オクラなどにも含まれています。ムチンは、目の表面や、呼吸器・胃などの表面の粘膜に含まれており、高い保水力でこれらを保護しています。また、肝臓や腎臓の機能を高めるため、栄養素の代謝や有害物質の解毒作用などの効果が高まります。ムチンを摂取することで、粘膜の機能が整い、胃炎や胃潰瘍の予防も期待できます。
次にコンドロイチンという成分も含まれています。コンドロイチンは、ムチンの一種です。軟骨・関節・皮膚・粘膜など、体内のさまざまな箇所に存在し、それらに水分を与えて弾力性を高めるはたらきをしています。皮膚や肌を保水して潤いをキープしてくれるので、アンチエイジング・美容などに効果があります。
またトレハロースも見逃せません。トレハロースは糖質の一種で、きのこ類に多く含まれる成分です。高い保湿力をもっており、肌細胞を保護することでお肌の乾燥を防ぐはたらきがあります。
ほかにも、腸内環境を整えたり、野菜や果物の鮮度を保持したり、臭みをけしたりといった効果があります。

なめこを使ったベジスイーツで健康な体を手に入れる

このように非常に多くの栄養素を含むなめこですが、何せ生ものですので保存の利くレシピが少ないことが残念な点です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、なめこを使ったとっておきのレシピをご紹介します。

なめこのフォンダンショコラ

[材料]

ナメコ…100g
チョコレート(板チョコ)…200g
牛乳…60g~70g
薄力粉(ふるう)…40g~50g
砂糖…50g~60g
粉砂糖(かざり用)…適量

[作り方]

1.ナメコをかるく洗ってから、フードプロセッサーに入れる。
2.ナメコをフードプロセッサーにかけてどろどろにする。
3.チョコレートと牛乳を600Wのレンジで1分、取り出しかるくまぜてさらに1分加熱する。
4.溶かしたチョコレート、牛乳、ナメコをボウルに一度に入れて混ぜる。
5.砂糖を入れ、次に薄力粉を入れて混ぜる。
6.混ぜ終わったら、カップに入れる。
7.550Wのオーブントースターで約5分加熱。
※ちょっと焦げます
8.または、ココット皿に入れ、350Wで10分、550Wで約5分加熱する。
9.または、予熱した180℃のオーブンで、10分加熱する。

[注意]

*ナメコはふわふわとなるまで混ぜ、ナメコの形がなくなるまで細かくしてください。
*レシピどおりに作るとかなり甘いので、砂糖は減らすかダークチョコにしても良いかも。
*かなりとろっとなるので、牛乳ももう少し多くても良いかも。

意外となめことチョコレートが合い、全く違和感がありません。簡単に作れるレシピですのでこの機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.