野菜ごとのスイーツレシピ

はちみつレモンネギケーキで血栓予防

投稿日:2017年5月15日 更新日:

ねぎは日本の食卓でも頻繁に登場する万能な野菜の1つです。炒め物の最後の仕上げにまぶしたり、うどんやそばの薬味にしたりと、使い方も様々です。体を温める効果があることから、風邪の時に摂取したり、首に巻いて寝たりと、健康効果もある野菜として有名ですよね。ねぎにはそれくらいたくさんの栄養が含まれているのです。

ねぎに含まれる栄養成分と健康効果

まず挙げられるのはねぎ特有のにおいのもとである硫化アリルの一種アリシンという物質です。これはにんにくやニラにも含まれている成分ですが、ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。また、新陳代謝を促し、疲労回復効果があるとされる他、末梢血管拡張作用により血のめぐりをよくする働きがあり、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの予防にも効果が期待できます。アリシンには、免疫力を高め、がんの予防にも効果があると言われています。更に、血行促進により、冷え性や動脈硬化、血栓の予防にも効果的とされています。また強い殺菌作用があり、恐ろしい結核菌、ブドウ球菌、赤痢菌、チフス菌などを含め、広範囲の菌に対して、抗生物質として働くことが確かめられましたそうです。
風邪をひいたときには焼いた白ネギをのどに当てたり、ネギを食べるといいといわれていますよね。これは、あの刺激臭や辛味の成分でもある「硫化アリル」の効果で、強力な殺菌作用と鎮静効果があります。非常に揮発性が高いので、のどに当てるだけでも効くというわけです。
またねぎは葉と茎の部分で異なる栄養を持ってます。ねぎの葉に多いβカロテン(ビタミンA)は、眼の網膜にある光を感じる「ロドプシン」という物質の材料で、夜盲症(とりめ)の予防効果がある栄養成分です。また、粘膜や皮膚を健康に保ち、ウィルスや細菌の侵入を防ぎ、体の免疫力を高める効能もあるビタミンです。
一方、ねぎの茎にはビタミンCが多く含まれています。体に有害な活性酸素を分解する働き(抗酸化作用)があり、生活習慣病や老化の進行を、防ぐことが知られています。

ねぎを使ったスイーツで疲労回復

このように非常に多くの栄養素を含むねぎですが、やはりその匂いが気になり多くは食べられないのが残念な点です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ねぎをはちみつレモンの香りでさわやかに仕上げたケーキのレシピをご紹介します。

はちみつレモンネギケーキ

[材料]

ホットケーキミックス…200g
リーキネギ…120g
水…150cc
豆乳…100cc
はちみつ…大さじ1
砂糖…大さじ2
レモン汁…大さじ2
卵…1個

[作り方]

1.リーキネギをみじん切りにしたものを鍋に入れ、水150ccを加えて弱火で5~10分ほど炒め煮する。水分の蒸発は気にしないこと。
2.1のリーキネギが柔らかくなったら火からおろし、ミキサーなどにかけて撹拌する。それをボウルに移して、残りの材料をすべて加えて、しっかりと混ぜ合わせる。
3.クッキングシートをしいたパウンドケーキ型などの容器に2を流し入れ上にデコレーション用のネギを散らす。
4.事前に180度に予熱しておいたオーブンで35分焼く。焼き時間は各家庭のオーブンによって差がありますので調節してください。
5.4をクーラーなどの上に型から外して取り出し粗熱をとったら完成。

[注意]
*上に乗せるネギは青い部分を粗いみじん切りで乗せる方がインパクトあります。

リーキネギの青い部分も入れてしまうので生地が、グリーンできれいです。 工程は非常に簡単なのでどなたでも簡単に作れます。ぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.