野菜ごとのスイーツレシピ

はちみつ漬けにんにくのケーキで風邪を撃退

投稿日:2017年5月15日 更新日:

にんにくと言えばあの独特で強めの香りがまず思い浮かびます。翌日が仕事の時などはなるべく食べることを避けたいものですが、中華料理の炒め物やパスタなどのイタリアンを作る時に油とともに熱したときの香ばしさは食欲を増進し、味にも大きな影響を及ぼします。そしてにんにくは非常に多くの栄養素と健康効果を持つ素晴らしい野菜です。

にんにくに含まれる栄養成分と健康効果

まず挙げられるのはにんにく特有のにおいのもとである硫化アリルの一種アリシンという物質です。これはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。また、スコルニジン(スコルジン)には新陳代謝を促し、疲労回復効果があるとされる他、末梢血管拡張作用により血のめぐりをよくする働きがあり、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの予防にも効果が期待できます。
アリシンには、免疫力を高め、がんの予防にも効果があると言われています。更に、血行促進により、冷え性や動脈硬化、血栓の予防にも効果的とされています。また強い殺菌作用があり、恐ろしい結核菌、ブドウ球菌、赤痢菌、チフス菌などを含め、広範囲の菌に対して、抗生物質として働くことが確かめられましたそうです。
また、にんにくの芽にも栄養が豊富に含まれています。にんにくの芽はにおいがやわらかく、沢山の量を食べやすいので効率よく摂取する事が出来ます。また、上記の有効成分はもちろん、それ以外にもカロテンや食物繊維なども含まれています。ビタミンCもたっぷり。免疫力を高め風邪などの予防や美肌対策にも効果的です。

にんにくを使ったスイーツで滋養強壮に効果を

このように非常に多くの栄養素を含むにんにくですが、やはりその強い香りのせいで一度にたくさん摂取することができないのが残念な点です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、にんにくのくさみを消し、甘さを最大限に引き出した魔法のレシピをご紹介します。

[材料]

にんにく…1玉
はちみつ…適量
ホットケーキミックス…200g
卵…1個
牛乳…1カップ
サラダ油…大さじ1

[事前準備]

*ニンニク1玉は1粒ずつにばらして皿に入れてラップをし、軽く電子レンジで加熱して、薄皮をむいてビンに入れて、はちみつを注ぎ4~5日ほど漬けます。このニンニクのはちみつ漬けをケーキの材料にします。

[作り方]

1.炊飯器の内がまにサラダ油をぬり、ホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳1カップ、ニンニクのはちみつ漬け3かけをみじん切りしたものと、ニンニクを漬けていたはちみつ大さじ1杯、サラダオイル大さじ3杯をすべて混ぜ合わせたものを入れます。
2.炊飯のスイッチを入れて炊きます。
3.炊き上がったら竹串を刺してみて、生地がついてこなかったら出来上がりです。

にんにくでケーキと言うと驚かれる方も多いかと思います。しかしにんにくは調理法次第でそのくさみを消すことができます。例えばフランスのある地方ではにんにくと牛乳、生クリームだけを用いたスープが存在するのですが、にんにくに最初に熱を加えることで全くくさみがありません。本レシピも最初ににんにくをしっかりとはちみつ漬けにすることがポイントです。工程自体は非常に簡単ですので、この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.