野菜ごとのスイーツレシピ

ひんやり冷たいきゅうりで夏バテ対策!ベジスイーツレシピ

投稿日:

きゅうりで夏バテ防止!火照りを抑えて食欲増進効果も

きゅうりはウリ科の淡色野菜で、世界一栄養のない野菜といわれていますが
βカロテンやカリウム、カルシウム、ビタミンなどの栄養素が含まれています。

きゅうりの90%以上は水分で、体の内側から熱を取り除き、火照りやのぼせを抑え、体を冷やす役割があります。
水分が多いため、夏の水分補給にもなります。

またきゅうりの頭の部分には苦み成分「ククルビタシン」が含まれており、
胃液の分泌を促して、暑い時期の食欲不振の解消に役立ちます。

イソクエルシトリンやカリウムには利尿作用があり、体に溜まった老廃物を排出する役割と、
体の熱を体外へ放出することでも体を冷やす効果があります。
むくみの改善にも役立ちます。

暑い季節に体の火照りを解消し、食欲増進効果によっても栄養不足を防ぎ、夏の体調を管理します。
これらの働きによって、きゅうりは夏バテ防止や夏バテ解消に効果的とされています。
またβカロテンによっても美肌効果があり、夏の強い紫外線から肌を守る効果も期待できます。

きゅうりの効果的な摂取方法

きゅうりは全体的にハリがあり、緑色の濃いもの、太さが均一なものを選びます。
スーパーには見栄え良く真っすぐなものが売られていますが、曲がっていても味や栄養に差はありません。
イボイボが痛いくらいに鋭く尖っているものが、新鮮なきゅうりです。

塩をまいたまな板の上で、きゅうりをゴロゴロとこする「板ずり」は、色止めと青臭さを抑える作業です。

サラダなど生で食べるイメージの強いきゅうりですが、炒め物や煮物など、様々な調理に活用できます。

きゅうりにはビタミンCを破壊する作用もあるため、他の食材と一緒に調理する際には注意が必要です。
他の野菜と混ぜたサラダなどには、ドレッシングなどお酢の成分を一緒に摂取することで、
ビタミンCの破壊を抑えることができます。

またぬか漬けにすることで、ビタミンB1などの栄養価を増やすことができます。

きゅうりを使ったベジスイーツレシピ

【胡瓜のひんやりシャーベット】
冷凍庫で保存ができ、食べたい時に食べられる便利なデザートです。

[材料]
キュウリ・・・1本
レモン果汁・・・大さじ1
はちみつ・・・大さじ2~3
水・・・120ml

[作り方]

①きゅうりをおろし器で、すります。

②レモン果汁とはちみつを入れて、よくすり混ぜます。

③水を入れて、よく混ぜます。

④パットなどの容器に流し入れ、冷凍庫に入れます。

⑤半氷りの状態で一度取り出して、フォークなどでざっくり崩します。

⑥もう一度冷凍庫に戻し、冷やし固めます。
ガラス容器などに盛って完成です。
きゅうりは加熱しても美味しく食べられるため、
パウンドケーキやカップケーキなど、スポンジ生地に混ぜてお菓子をつくることができます。
お子様でも食べやすく、見た目も鮮やかなスイーツになります。

まとめ

きゅうりの原産国はインドで、熱い地域で収穫・愛用され、
昔から水分補給、体を冷やす野菜として食べられてきました。
日本でも夏の露店などで「冷やしきゅうり」が売られていたり、暑い時季に食べやすく適した野菜です。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.