野菜ごとのスイーツレシピ

ぶどうとミニトマトのスイートマリネで保水力アップ

投稿日:2017年5月17日 更新日:

ミニトマトはサラダやお弁当の飾りとしてよく使われる食材ですが、普通のトマトに比べたら大きさの割に値段も高く、それほど頻繁に購入する野菜ではないですよね。多くの方はトマトを品種改良したものがミニトマトであると思われている方が多いようですが、実はこれは全くの逆なんです。もともとミニトマトがあって、それを品種改良したものがトマトなのです。そして、このミニトマトはトマトを超える驚くほど多くの栄養が含まれているのです。

ミニトマトに含まれる栄養と健康効果

ミニトマトに含まれる栄養としてまずリコピンが挙げられます。リコピンとはカロテノイドの一種で、要するに野菜の色彩を構成する元となっているようなものです。カロテノイドは老化の原因といわれる活性酸素を消す抗酸化力が強いことで有名ですが、その中でもリコピンはβカロテンよりも強く、ビタミンEの100倍もの抗酸化力を持つほど強い成分なのです。この抗酸化力が生活習慣病の予防に大きな役割を果たすと考えられています。
また、リコピンは美容効果も絶大で、リコピンを摂取しておくことでシミの原因となるメラニン量の生成を減少させる効果があります。さらにメラニン生成するチロシナーゼの働きを抑制します。また紫外線による肌の真皮層の破壊を防ぎコラーゲンの減少を抑制する効果もあるのでシワになるのを防ぎます。
次にカリウムも多く含まれています。カリウムには、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持調整する働きがあり、生命維持活動の上で欠かせない役割を担っています。また、ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。更に腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きもあるといわれています。利尿作用があることから、むくみの予防にも効能があります。さらに血圧の上昇を抑えてくれる働きがあるので、高血圧の予防に効果があります。
また、βカロテンも見逃せません。β-カロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

ミニトマトを使ったベジスイーツ

このように非常に多くの栄養と健康美容効果を含んだミニトマトですが、やはりレシピが少ないのが悩みです。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ミニトマトを使ったかわいいレシピをご紹介します。

ぶどうとミニトマトのスイートマリネ

[材料]

ぶどう(種なし巨峰、ピオネなど)…20粒
ミニトマト(小さめ)…20粒
はちみつ…大さじ2
レモン汁…大さじ1
ミントの葉…適宜

[作り方]

1.ぶどうとミニトマトの皮をむく。ミニトマトは皮に細めの針などで4~5ヶ所刺して穴をあけ、熱湯に6~7秒程つけてすぐ氷水にに取り出すと、指でも簡単につるっと皮がむけます。
2.ボウルに1を入れて、レモン汁、はちみつを加えてよく合える。20~30分間冷蔵庫で冷やすことで味をなじませる。お好みでミントの葉を飾る。

ぶどうとミニトマトのコントラストが綺麗なスイーツです。ぶどうの甘みと、ミニトマトの甘みという異なる甘み成分が絶妙にマッチします!非常に簡単ですのでぜひご家庭でお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.