野菜ごとのスイーツレシピ

イチゴゼリーとインゲン豆の白あん羊羹で健康維持

投稿日:

いんげんという言葉を聞くとさやいんげんを思い浮かべる方が多いと思います。さやいんげんはインゲン豆が成熟する前に摘み取ったものでさやごと食べれる野菜です。それに対し、インゲン豆は名前の通り豆類に属し、さやを取り除いて豆のみを食用とします。インゲン豆の中でも代用的な銘柄である金時豆は洋風の煮込み料理や煮豆、甘納豆、和菓子用の餡(あん)などに使われる身近なインゲン豆で赤色系の「金時豆」と白色系の「白金時豆」がよく知られています。これらのインゲン豆は実は、非常に多くの栄養と健康効果を期待されている注目の野菜なのです。

インゲン豆に含まれる栄養素と健康効果

インゲン豆に極めて特徴的な成分はアントシアニンとサポニンであると言えます。
アントシアニンはポリフェノールの一種で紫色の色素成分です。強力な抗酸化作用があり活性酸素の発生や酸化力を抑え、細胞の酸化を防ぎ、血管や肌、細胞の老化を防いでくれます。また、ダメッジを受けた細胞を修復してくれますので、免疫力を高め、動脈硬化やがんの予防にも役立ちます。さらに、視覚機能や眼精疲労の改善に効果があり眼病予防に役立ちます。
一方サポニンとは、苦味やエグみなどの成分で、植物の種子、根、葉、茎などに含まれている配糖体の一種です。サポニンには抗酸化作用があり活性酸素の発生や酸化力を抑え、細胞の酸化を防ぎ、血管や肌、細胞の老化を防いでくれます。また、ダメッジを受けた細胞を修復してくれますので、免疫力を高め、動脈硬化やがんの予防にも役立ちます。さらに、コレステロールや中性脂肪を抑制し高血圧を予防したり、水分代謝を高め血液中の水分バランスを整えてくれます。
そのほかにも一般的な栄養素として糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つビタミンB2、また、皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンなど多くの栄養が含まれています。

インゲン豆を使ったベジスイーツ

このように多くの栄養と健康効果を持つインゲン豆ですが、まだまだレシピがすくなく知名度が低いのが残念なところです。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、インゲン豆を使用した素敵なレシピをご紹介します。

イチゴゼリーとインゲン豆の白あん羊羹

[材料]

■ ※白餡の部分
白餡…150g
水…100cc
寒天パウダー…1g
■ ※苺ゼリー
苺…250g
レモン…少々
寒天パウダー…1g

[作り方]

1.熱湯に寒天パウダーを入れて混ぜ10秒位電子レンジにかける。
※白餡は出来ているものを使用しても構いません
2.白餡を入れてよく混ぜる。白餡がお湯に馴染むようにする。
3.好みの容器に入れて少し冷蔵庫へ入れて冷やし固める。
4.ヘタを取った苺をピューレ状にする。こして種などを取り除くと口当たりがよくなる。
6.パウダー寒天を入れてよく混ぜ電子レンジで10秒加熱する
7.粗熱が取れたら 白餡で作った水羊羹の上に流し入れ、よく冷やし固めたら完成です

水羊羹の部分が柔らか目の方が好きな方はお水を増やして下さい。苺はこして種を取り除くと口当たりがとてもよくなります。ご家庭でぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.