野菜ごとのスイーツレシピ

グリーンピースのロールケーキでがんを抑制!

投稿日:2017年5月8日 更新日:

グリーンピースはただの飾りにあらず

グリーンピースとはえんどう豆の一種で実が完全に熟する前の状態のものを指します。グリーンピースと言うと豆ごはん、ピラフ、チャーハンの彩りやシューマイのトッピングなど料理の飾りのようなイメージがするので、実際特に何も考えず口にしている人も多いかと思います。しかし、この小さな粒の中に驚くほど多くの栄養が詰っているのです。

グリーンピースに含まれる栄養と健康効果

グリーンピースは何と言ってもその食物繊維の含有量が特徴的です。ほんのひと握りのグリーンピースを摂取するだけでも、サラダの大盛り1杯とほぼ同等の食物繊維が摂れるのです。食物繊維は大別すると、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられ、グリーンピースに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維に属します。
この不溶性食物繊維は消化されずに腸まですすむので、腸内の水分を吸収して適度に膨らむことで、腸壁を刺激し、便の排泄を促す働きがあります。また、不要な腸内細菌や老廃物、発がん性物質を体外に排出する働きもあることから、がんの抑制効果も期待できますし、腸の働きを活性化させる善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用もあります。便秘がちな方にとって、食物繊維が豊富なグリーンピースはぜひとも注目したい野菜の一つです。

グリーンピースを使ったスイーツで美容改善!

このように女性にとっては非常に嬉しいことづくめのグリーンピースですが、一粒が小さいため、なかなかたくさん摂取するのは難しいと思います。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ロールケーキの生地にグリーンピースを混ぜ込むことで、手軽に栄養を摂取していただける魔法のレシピをご紹介します。

グリーンピースのロールケーキ

[材料] 30cm

グリーンピース…160g
卵黄…4個
牛乳…100g
サラダオイル…30g
薄力粉…60g
卵白…4個
砂糖1…80~100g
生クリーム(ホイップ)…180ml
砂糖2…20g

[作り方]

1.たっぷりの湯に塩をいれ、沸騰したらグリーンピースを入れ3~4分ゆでる。
2.茹で上がったら少し冷まして薄皮を取る。
3.鉄板にオーブンシートを張り、オーブンを180度に予熱し始める。
4.ミキサーにグリーンピース、卵黄、牛乳、サラダオイルを入れなめらかになるまで回転させる。
5.卵白に少しずつ砂糖を入れながらホイッパーでメレンゲを作る。
6.ミキサーで作った液体をボールに出し、そこにふるった薄力粉を入れる。粉っぽさがなくなるようゴムベラで混ぜる。
7.メレンゲを3回くらいに分けて泡をつぶし過ぎないように大きくふわっと生地にしっかり混ぜていく。
8.オーブンシートを張った鉄板に生地を流し込み平らにならす。少し高いところから型ごと落とし余分な大きい泡をなくす
9.予熱が終わったオーブンで180度11~12分焼く
10.焼きあがったらケーキクーラーに出しラップを張って完全に冷ます。
11.生クリームに砂糖を入れしっかりホイップする。
12.冷めた生地にホイップした生クリームを塗る。手前が少し厚めでおきがわは1~2cmくらい何も塗らない。
13.手前から巻き込みながら巻いていく。ラップをかけて乾燥を防いだ状態で2時間冷蔵庫に入れて、完成。

グリーンピースの薄皮は取ったほうが滑らかで口に残らないと思います。簡単なレシピですので、この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.