野菜ごとのスイーツレシピ

ダイエットのおやつ低GI食品の干し芋の作り方

投稿日:2017年7月6日 更新日:

干し芋は野菜のサツマイモを蒸して天日や温風乾燥機で干したものです。おやつやお茶うけはもちろんのこと、朝食や夜食にも重宝するお菓子です。
干し芋はドライフルーツなどと同じように、乾燥して水分が少なくなっているので、その分、糖分やカロリーは高めです。サツマイモは糖質が多いので、ダイエット中には食べられないように思えますが、食物繊維が豊富なうえ、低GI食品なので、血糖値の上昇が穏やかなので、糖質が脂肪になりにくい食品です。
食物繊維とサツマイモを切った時に出てくる白い粉ヤラピンによって腸内環境がよくなり便が柔らかくなることから、便秘解消の効果があり、カリウムなどの働きによりむくみの解消もきたいできます。

今回は、ダイエット中のおやつにも食べられる干し芋をおうちで手作りする方法を紹介します。

サツマイモの栄養と効果

サツマイモには食物繊維が多く、その食物繊維に含まれるセルロースやペクチンは便秘解消に役立ちます。また、食物繊維が多いと消化吸収に時間がかかるため、血糖値がコントロールされます。サツマイモは血糖値の上がりにくい低GI食品として知られています。
また、サツマイモの食物繊維によって腸内環境が整えられると、免疫力が上がり、ニキビなどの肌荒れが改善する効果も期待できるといわれています。サツマイモの食物繊維はジャガイモが含有する食物繊維の3倍と言われ、イモ類の中でもトップクラスです。サツマイモの食物繊維には不溶性食物繊維のセルロースが含まれ、セルロースは便通の促進や大腸がん予防効果があります。
そして、サツマイモを切った時に出てくる白い液体にはヤラピンと呼ばれる成分が含まれ、このヤラピンは腸の蠕動運動を刺激して便を軟らかくする作用があり、食物繊維とヤラピンの相乗効果によって整腸作用に効果的であると言われます。

それから、サツマイモに含まれるビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸などにはエネルギーの代謝を活発にする働きがありダイエット効果が期待できる栄養素です。
また、サツマイモには美肌効果のある栄養素も含まれています。サツマイモにはリンゴの10倍ほどのビタミンCが含まれるため、美白やシミなどに効果的で、そのビタミンCはデンプンに保護されて熱で壊れにくい性質があるので、スイーツの焼き菓子の材料に使っても有効的です。サツマイモには、食物繊維によって腸内環境が整うことと、ビタミンCによる両方の美肌効果が期待できます。
それから、体内の余分な塩分を体外へ排出し、むくみに効果的なカリウムや、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEなども含まれているため成人病予防にも役立ちます。ですから、サツマイモは高機能食材として注目されています。

これらの栄養素は干し芋にしても摂取できます。干し芋にするとドライフルーツと同じように化カロリーは高くなります。低GI食品ですが、食べ過ぎには注意して下さい。

干し芋の作り方

〇材料
サツマイモ

〇作り方
サツマイモを蒸して、スライスして干すだけです。サツマイモの蒸し方は蒸し器で(1時間ほど)竹串がすっと通るくらいの柔らかさに蒸し上げます。圧力鍋なら10分くらい蒸して自然冷却してください。触れるくらいの温度になったら、皮をむいて8㎜厚さくらいにスライスします。
ざるに並べて、天日に2~3日干せば出来上がりです。
オーブンを使う時は100℃くらいの温度で1時間くらい乾燥させ、裏表を返して40分位乾燥させれば、出来上がります。

ダイエットのおやつ低GI食品の干し芋の作り方のまとめ

干し芋はダイエット中に甘いものを食べたい時に、ゆっくりと噛みながら食べると、満足感が得られるべジスイーツです。栄養も豊富ですし、腸内環境も良くなり美肌効果もあるので、健康的なダイエットに適したおやつになりますね。
簡単に手作りできるので、ぜひおうちで干し芋を作ってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.