野菜ごとのスイーツレシピ

バジルのチーズクッキーで肌を美しく

投稿日:2017年5月15日 更新日:

バジルは人気の高いハーブの1つであり、一般的なスイートバジルの他、レモンバジル、シナモンバジルなどさまざまな品種があります。バジルの葉はトマトとの相性がよく、サラダ、ピザ、パスタなどイタリア料理には欠かせないほかにも、香辛料としても人気があり、鶏肉との相性もよいため、家庭料理で頻繁に登場します。そしてバジルにはたくさんの栄養素と健康効果が隠されているのです。

バジルに含まれる栄養成分と健康効果

まずバジルにはβカロテンが含まれており、これは皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあり、皮膚の新陳代謝を高め、乾燥肌やニキビを防ぐ働きがあります。また、がん細胞の抑制にも効果が期待できます。βカロテンには抗酸化物質も含まれています。私たちの身体の中には「活性酸素」と呼ばれる物質が存在しており、この「活性酸素」は、身体の中に侵入してきた細菌やウィルスを除去する重要な役割を果たしている物質ですが、必要以上に量が増えることによってシワやたるみなどの老化の原因となってしまいます。それだけではなく、がんや糖尿病、高血圧などの生活習慣病の原因にもなることで、その害について注目されています。バジルにはこうした活性炭素の害を防ぐために必要な「抗酸化物質」が含まれています。エイジングケアにも欠かせない成分となっていますが、バジルには抗酸化物質がいくつか含まれており、それぞれが健康や美容の維持に働きかけています。
その他ビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは皮膚の血液循環を良くすることで新陳代謝を活発にし、シミや肌荒れを予防します。また、脳血管障害、心臓病、動脈硬化などの生活習慣病の予防や、末梢血管を拡張させて血液の流れを改善する働きがあるため、冷え性や肩こりなどの症状緩和も期待できます

バジルを使ったスイーツでアンチエイジング

このように非常に多くの栄養素を含むバジルですが、あくまでもハーブや香辛料として、メインで使われるレシピが少ないのが残念な点です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、バジルを使った素敵なレシピをご紹介します。

バジルのチーズクッキー

[材料]

ホットケーキミックス…35g
アーモンドプードル…35g
ベーキングパウダー…小さじ1/2(3g)
サラダ油…大さじ1/2(7g)
牛乳…大さじ2/3(10g)
粉チーズ…大さじ1
バジル…適量

[事前準備]

アーモンドプードルとベーキングパウダーはあわせてふるっておく。

[作り方]

1.あわせてふるっておいたアーモンドプードルとベーキングパウダー、ホットケーキミックスをボウルに入れ、さっと混ぜ合わせる。そこにまずサラダ油を加え全体になじませていく。
2.1に牛乳を入れ、泡だて器などでかき混ぜて均一にした後、粉チーズ・バジルを入れ、さくっと混ぜ合わせる。
3.2の生地がまとまったら、長い棒状にした後、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
4.3を取り出し、2~3mm程度の厚さになるように打ち粉をしながらめん棒で伸ばしていく。
5.お好みの型で型ぬきし、天板にならべる。
4.180℃に予熱したオーブンで10分~15分焼成し、粗熱をとって完成。

基本的な工程は普通のクッキーと同じです。生地を型抜きする場合は、必ず冷蔵庫で生地を寝かせ、硬めにすることをおすすめします。時間もそれほどかからないレシピですのでどなたでも簡単にお作りいただけます。この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.