野菜ごとのスイーツレシピ

ビタミンC補給!じゃがいものスイートポテト

投稿日:

エネルギーの源になる野菜・じゃがいも

じゃがいもは北欧の方では主食になるほど世界的にもメジャーな野菜で、その豊富に含まれるでんぷん質が体内で消化されエネルギー源となり、腹持ちも良く、大変人気の高い野菜です。主な種類として馬鈴薯やメークインなどがあり、日本でも食卓に頻繁に登場する野菜の1つです。そしてこのじゃがいもには実に多くの栄養素が含まれています。

じゃがいもに含まれる栄養成分と健康効果

まずじゃがいもには意外とビタミンCがたくさん含まれています。その量はホウレンソウやミカンと同じ位です。しかも、じゃがいもの中のビタミンCは、でんぷんに守られて加熱しても壊れにくいそうです。ビタミンCの働きは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。
次にカリウムも豊富に含まれています。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあるのです。
また少量ではありますがナイアシンも含まれています。ビタミンB群の一種であるナイアシンには、血液の循環を良くする働きがあり、血行不良による冷え性や肩こり、頭痛気味の方に効果が期待できます。
気になるのは、じゃがいもの主成分はでんぷんで、いわゆる糖質類になるため、特にダイエット中の女性の方はたくさん食べてしまうと太ってしまうのではないかと不安に思われる方も多いでしょう。しかし、カロリーはサツマイモなどと比べてもずっと低く、かぼちゃと同じくらいで、安心して食べていただくことができます。

じゃがいもを使ったスイーツでビタミンC補給

このように非常に多くの栄養素を含むじゃがいもですが、一度にまとめ買いをしてしまって保存に困っていたり、いつもありきたりなレシピばかりで飽きてしまうという方も多いと思います。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、さつまいもではなくあえてじゃがいもを使ったスイートポテトのレシピをご紹介します。さつまいもを使ったスイートポテトよりもあっさりと食べられ、くどくなくすっきりとした後味を楽しむことができます。作った後は冷凍保存もできますので、大量に作り置きも可能です。

じゃがいものスイートポテト

[材料]

じゃがいも…小〜中4個
バター…20g
砂糖…40g
牛乳…大さじ2
卵黄…1個

[作り方]

1.じゃがいもをレンジにかけるか鍋で茹でて、やわらかくなったらボールに入れ、マッシュする。
2.①に砂糖牛乳バターを入れ、混ぜる。
3.アルミカップにかたちを整えながら入れ、卵黄をはけでたっぷり表面に塗り、トースターで様子をみながら10-15分焼く。
4.一度に食べられなければ一個ずつラップにくるみ、冷凍保存できます。食べる時は500Wで30秒程あたためればたべられます

[注意]

最後焼くとき、焦げないように様子をみながら焼いてください。
卵黄はこの分量で一個分使い切るくらいたっぷり塗った方が良い色で焼けます!
冷凍する時はアルミは外した方が、そのままあたためられておすすめです。

とにかく工程が非常にシンプルで作りやすいため、忙しい主婦の方にも無理なく作っていただけます。この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.