野菜ごとのスイーツレシピ

ピーマンとくるみのクッキーでしわを伸ばす!

投稿日:2017年5月15日 更新日:

ピーマンは、中南米が原産の、とうがらしの一種です。日本では夏場が旬の時期であり、様々な料理に登場する、おなじみの野菜です。子供のころピーマンの苦みが嫌いだったという方も多いでしょう。ピーマンはその苦み通り、体に良い栄養素がたくさん含まれているのです。

ピーマンに含まれる栄養素と健康効果

ピーマンは緑黄色野菜ですからまずは、βカロテンの豊富さが挙げられます。βカロテンには抗酸化物がも含まれています。私たちの身体の中には「活性酸素」と呼ばれる物質が存在しており、この「活性酸素」は、身体の中に侵入してきた細菌やウィルスを除去する重要な役割を果たしている物質ですが、必要以上に量が増えることによってシワやたるみなどの老化の原因となってしまいます。それだけではなく、がんや糖尿病、高血圧などの生活習慣病の原因にもなることで、その害について注目されています。βカロテンはこれらのすべての病気に対し、力強い効果を発揮します。皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあり、皮膚の新陳代謝を高め、乾燥肌やニキビを防ぐ働きがあります。また、がん細胞の抑制にも効果が期待できます。
次に多く含まれるのはビタミンCです。ビタミンCはしみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成を助ける働きがあることから、美肌やアンチエイジングの効能があります。体内で作ることができない栄養素ですので、積極的に摂取する必要があります。
一番気になるピーマンのあの苦みは、ポリフェノールの一種「クエルシトリン」にピーマン特有の臭いが加わって感じる事がわかっています。その「クエルシトリン」には高血圧抑制や抗うつ作用などの効果があるといわれているのです。

ピーマンを使ったベジスイーツ

このように多くの魅力を持つピーマンですが、やはりその苦みをなんとか和らげて自然に食べたいものですよね。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ピーマンの栄養はそのままにおいしく召し上がっていただくことができる、究極のレシピをご紹介します。

ピーマンとくるみのクッキー

[材料]

全粒粉…50g
薄力粉…50g
てんさい糖…25g
なたね油…大さじ2と1/2
水…大さじ2
塩…ひとつまみ
くるみ…大さじ2
ピーマン…1個

[作り方]

1.ピーマンはみじん切りにして、茹でて水気をきる。くるみも細かく刻んだあと、フライパンで軽く煎る。
2.ふるっておいた全粒粉、薄力粉、とてんさい糖、1のくるみ、塩をボウルにいれてさっと混ぜる。
3.2になたね油を加えて、手早くすりまぜる。なたね油が全体になじむように素早く。
4.3に1でみじん切りにしたピーマンを入れ、カードなどで切るように混ぜ、水を加えてながら生地をまとめていく。(まとまらないようなら水を少し加える)生地がまとまったら、ビニール袋などでくるんで冷蔵庫にいれ、1時間ほど寝かせる。
5.4を取り出し、めん棒で3〜5mmくらいの厚さに打ち粉をしながら伸ばし、好みの型で型ぬきをして天板にならべる。
6.事前に170℃に予熱しておいたオーブンにいれ、30分程焼く。焼き時間は出来具合をみて随時調節する。
7.6を取り出し、粗熱をとって完成。

[注意]

生地の中に含まれる材料が多いので、型抜きクッキーよりも棒状にしてスライスした方が上手く焼きあがるでしょう。型抜きにする場合は事前にしっかりと冷蔵庫で冷やすことをおすすめします。

どなたでも簡単に作れるレシピですのでぜひご家庭でお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.