野菜ごとのスイーツレシピ

フィリピンスイーツ マハブランカでバランスの良い栄養を

投稿日:2017年5月17日 更新日:

とうもろこしは米と麦に並んで世界三大穀物と言われています。ペースト状にしてコーンクリームスープとして飲んだり、夏場はバーベキューで焼きたてを味わったり、私たちの生活にすっかり馴染んだ野菜であるといえます。魅力はなんといっても食欲をそそる鮮やかな黄色と独特の優しい甘みです。そしてこのとうもろこしはただおいしいだけではなく、非常に多くの栄養をバランスよく含む素晴らしい野菜なのです。

とうもろこしに含まれる栄養成分と健康効果

まずは炭水化物が挙げられます。炭水化物は消化されると糖に代わる物質で、この糖質は、身体にとって、三大栄養素の中でも重要なエネルギー源となっています。 特にブドウ糖は血糖となり、脳や中枢神経、筋肉などの重要なエネルギー源となります。また身体を作る細胞の構成成分にもなります。炭水化物(糖質)が不足すると、エネルギー不足になり体力が弱まり、疲れやすくなり、また、思考力の低下も引き起こすため、人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養です。
次にビタミンB群が非常に豊富です。ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。
ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要な働きをしています。また、細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない栄養素になります。
他にも食物繊維や各種ミネラルなどがバランスよく含まれています。

とうもろこしを使ったベジスイーツ

このように非常に多くの栄養素を含むとうもろこしですが、意外とその甘さを生かしたスイーツが少ないのが残念な点です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、とうもろこしを使ったフィリピンのお菓子をご紹介します。

マハブランカ

[材料]

*ココナッツミルク (あればココナッツクリーム)…150cc
*牛乳 (低脂肪じゃないもの)…150cc
*コンデンスミルク…120~150cc
クリームスタイルコーン缶…150㏄
コーンスターチ+水…40g+80g

[作り方]

1.水にコンスターチを溶かしておく。
2.*を鍋に入れて中火で加熱する。静かに混ぜながら温める。全体にムラなく混ざったらクリームコーンを加える。
3.焦げつかないようによくかき混ぜながら熱する。沸騰直前になったら、1のコンスターチをいれすばやく混ぜる。
4.火を少し弱め、ゆっくりと混ぜ続け、ねばりが強くなるまで待つ。
5.4を火からおろし、熱いうちに容器に移し表面を平らに整える。
6.粗熱を取ったら冷蔵庫にいれ3時間以上放置し、冷やし固める。
7.切り分けて、お好みでトーストしたココナッツファインやココナッツミルクのそぼろをトッピングしてもよい。

[注意]

コンデンスミルクの量は120ccだと甘さひかえめ、150ccでも甘過ぎるほどではありません。お好みで調整してください。

ご家庭でも簡単に作れるレシピですので、この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.