野菜ごとのスイーツレシピ

ヤーコンリーフのクッキーで善玉菌を増やそう

投稿日:2017年5月17日 更新日:

ヤーコンとは中南米アンデス高知原産のキク科の根菜で、インカ帝国の時代から食べられていた野菜です。見た目はさつまいものような形をしていて、食べるとほんのり甘くシャキシャキとした食感が果物の「梨」に似た美味しい根菜です。芋なのに生でも食べられるという特徴があります。あまり聞きなれないこのヤーコンという野菜には驚くほど多くの栄養が含まれているのです。

ヤーコンに含まれる栄養と健康効果

ヤーコンに含まれる栄養としてまず挙げられるのはオリゴ糖です。ヤーコンに含まれるフラクトオリゴ糖は虫歯菌の栄養源にならないため、虫歯になりにくい性質があります。また、人間の消化酵素や消化器官では分解・吸収されにくい性質を持っているので低カロリーです。一方で、大腸内のビフィズス菌など乳酸菌類の餌となり善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすなどの整腸作用があり、ダイエットに非常に高い効果がある事がわかっています。そのほかにも、血中総コレステロール・中性脂肪・血糖値・血圧を低下させる働きもあります。
またポリフェノールが豊富であることも見逃せません。ポリフェノールは酸化を防ぐ強力な抗酸化物質の成分でもあるので 、血液中の悪玉コレステロールの酸化を押さえ動脈硬化や血管の老化を防ぐ働きがあります。また 一緒に含まれるクロロゲン酸やフラボン類と共に活性酸素の除去に効果があり、発がん予防や老化防止にも役立ちます。

ヤーコンを使ったベジスイーツ

このように多くの魅力を持つヤーコンですが、まだまだレシピが少ないのが現状です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ヤーコンを使った素敵なレシピをご紹介いたします。

ヤーコンのリーフクッキー

[材料]

小麦粉(薄力粉)…450g
コーンスターチ…50g
ヤーコンパウダー…5g
無塩バター(室温に戻す)…200g
グラニュー糖…200g
卵…2個

[作り方]

1.ボウルに室温に戻してやわらかくしておいたバターとグラニュー糖を入れ、泡だて器ですり混ぜ、ポマード状にする。
2.1に解きほぐした卵を流しいれ、しっかりと混ぜ合わせる。
3.2にあわせてふるっておいたコーンスターチ、やーコンパウダー、薄力粉を数回に分けて加え、カードなどできりながらまぜていく。
4.生地が1つにまとまったら、ビニール袋もしくはラップで包み冷蔵庫に入れ、1時間ほど寝かせる。
5.4を取り出し、打ち粉をしながらめん棒で生地を3~5mmの厚さになるように伸ばす。
6.お好みの型で型抜きをして、天板にならべてゆく。
7.事前に170℃に予熱しておいたオーブンで15~20分、様子を見ながら焼く。
8.クーラーなどに取り上げ、粗熱を取って完成。

[注意]
※粉類(小麦粉、コーンスターチ、ヤーコンパウダー)を加えてからは長い間練らないように気を付けてください。
※抜き型で抜いた後の余白生地は再びひとまとめにして冷蔵庫で保存して下さい。すぐに使わない時は冷凍庫へ入れてください。使う1日前に冷蔵庫で解凍すれば、あとは⑤から同じ作業をしてください。

基本的なクッキーのレシピとなんら変わりなく、誰でも簡単に作れるレシピです。忙しい主婦の方でも時間をかけずに作っていただけますので、ぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.