野菜ごとのスイーツレシピ

ラベンダーとよもぎのクッキーでアンチエイジング

投稿日:2017年5月15日 更新日:

よもぎはよもぎ餅をはじめ、和菓子などではすっかりおなじみの野菜です。日本でもあらゆる場所に生息しているため、実際に目で見たことがある人も多いのではないでしょうか。よもぎ茶として、また青汁の原料として飲まれることも多く、ヘルシーな野菜の代名詞的存在ともなっています。よもぎには実にたくさんの栄養と健康効果が期待されているのです。

よもぎに含まれる栄養成分と健康効果

まずよもぎにはレタスの7倍、ほうれん草の3倍もの食物繊維が含まれています。ヨモギに豊富に含まれている不溶性食物繊維は便秘の解消や痔の予防の他にダイエット効果などもあります。また有害な物質を吸着し体外に排出働きもあります。
次によもぎに含まれる特徴的な成分としてクロロフィルが挙げられます。クロロフィルは体内でヘモグロビンの生成を助けて造血作用を促進するほか、貧血の予防・改善に作用するとされています。コレ ステロール値を下げ、血中脂質の正常化に作用する事が国立健康・栄養研究所によって実証されています。
またよもぎは非常に多くのカロテンを含み、中でもβカロテンの量はダントツです。β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
ビタミンKも見逃せません。これは食用以外の用法ですが、ヨモギは生薬として止血薬としても用いられてきました。このビタミンKには、そういう血液の凝固に関わる成分の合成を促す働きがあります。その他にも、お灸に用いられたり漢方の生薬として止血作用、月経調整作用、 経絡を温める作用、 鎮痛作用や 咳・喘息の去痰作用などが有効とされています。

よもぎをを使ったべジスイーツ

このように非常に多くの栄養素を含むよもぎですが、レシピがそこまで多くないのが残念な点です。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、よもぎをメインで楽しめる、とっておきのレシピをご紹介します。

ラベンダーとよもぎのクッキー

[材料]

バター…35g
三温糖…大さじ3
塩…1つまみ
よもぎ粉…10g
ラベンダー(ティー用つぼみ)…小さじ1~2
薄力粉…110g
牛乳…大さじ2

[事前準備]
バターを常温にもどしておき、粉類はふるっておく。

[作り方]

1.常温に戻してやわらかくしておいたバターをボウルに入れ、そこに三温糖と塩を加え、泡だて器ですりまぜていく。
2.1に牛乳を加えさらにしっかりと混ぜる。
3.2にあわせて振るっておいた薄力粉、よもぎ粉を数回に分けて加え、カードなどできるように混ぜながらまとめていく。
4.ラベンダーも加えさらに混ぜ合わせる。
5.ある程度4がまとまったら棒状にしてラップなどで包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
6.5を取り出し、1~1.5cmの厚さに切り、天板に並べる。
7.事前に170℃に予熱しておいたオーブンで20分、裏返し5分焼く。焼成時間は適宜調節する。
8.7をクーラーなどに取り上げ、粗熱を取って完成。

[注意]

ラベンダーとよもぎはお好みで減らしてください。レシピ通り作ると、少々の苦みとしっかりした香りがつきます。甘さは控えめなので、砂糖はお好みで増やしてください。バターを増やして牛乳を減らすと、さくっほろっのクッキーになりますよ。

工程は非常に簡単ですのでどなたでも安心して作っていただけます。この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.